教養学部 Arts and Sciences

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
08A0001
FAS-AA4A01S2
共通英語(1)
English (1)
エリス 俊子
ELLIS Toshiko
S1S2 火曜4限
Tue 4th
多読の練習:オーストラリアの短編小説を読む

オーストラリアの短編小説を次々と読み、さまざまな文体の英語を読むことに慣れる。基本的に1週間に1編を予定しているが、長めの作品、また分析に時間を要する作品については2週間かけることもある。 オーストラリア研究の授業ではないので、歴史・文化的背景については簡単に触れる程度で、あくまで英語の文章を読むことに力点を置く。適宜文法・表現の確認はするが、細かい和訳は行わない。テクストの特徴を確認した上で、適宜テーマの分析を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08A0002
FAS-AA4A01S2
共通英語(2)
English (2)
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
S1S2 木曜3限
Thu 3rd
社会言語学入門購読

 本演習では、英文の専門書を理解する前段階として、比較的簡易な英文でありながら内容の豊富な入門書を取り上げ議論を展開する。具体的には英国の大学で実際に用いられている社会言語学に関する入門書を用い、ことばと社会の関わりについて、内外のさまざまなケーススタディを織り交ぜながらセミナー形式で輪読・議論することを考えている。受講者は必ずしも社会言語学に関する事前知識を必要としないが、「ことば」に興味と関心を抱いていることは講義の理解度を深める上で役立つ。本演習による負担は決して軽くないと思われるが、英語で専門知識を身につける効用を求める学生の履修を期待している。(修士課程の学生も履修が可能です。)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08A0003
FAS-AA4A01S2
共通英語(3)
English (3)
武田 将明
TAKEDA Masaaki
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
教養あるコミュニケーション能力の獲得のために

現代社会における重要な諸問題について英語で読み、聴く力をつける。さらにインプットした情報を独自の思考に英語でまとめ、口頭もしくは文章で表現する力と、印象的なプレゼンをおこなうための技能も習得する。段階的かつ総合的に、英語によるコミュニケーション能力を高めるのが本授業の目標である。なお、本授業における「コミュニケーション能力」とは、単に社交性を磨くことや自己主張を強くすることを指すのではなく、様々な価値観の併存する現代世界において、良識ある市民として振る舞うための能力・教養を指す。ゆえに、本授業は英語の技術だけを高めるものではない点にも、留意していただきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-209 Komaba Bldg.8 Room 8-209
講義使用言語 Language:英語 English
08A0004
FAS-AA4A01S3
共通英語(4)
English (4)
オデイ ジョン
O'DEA John
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
Readings in Analytic Philosophy

Analytic Philosophy is the predominant style of English-language philosophy, in which language and its connection to the mind and the world became a prime concern.. In this course we will read a variety of original texts in roughly chronological order from the turn of the 20th century until around the 1970s.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-208 Komaba Bldg.8 Room 8-208
講義使用言語 Language:英語 English
08A0005
FAS-AA4A01S2
共通英語(5)
English (5)
アルヴィ 宮本 なほ子
ALVEY Miyamoto Nahoko
A1A2 火曜2限
Tue 2nd
The Constitution of Japanを読む、聞く、翻訳する、比較する、説明する

概要:The Constitution of Japanを読み、聞き、翻訳し、(日本語の)日本国憲法、(柴田元幸訳の)「現代語訳日本の憲法」と比較します。(必要に応じてその他の憲法[英語のもの、英訳されたもの]も参照します。)英語を正確に読み、聞き取り、理解すること、ある「概念」が別の言語で表現される時にそれが同じ概念であることを伝える場合だけでなく、別の言語によって異なる概念となってしまう場合に、どのように表現すること、説明することが必要かを学びます。 目標:英語を正確に聞き取り、理解すること。英語と日本語との違いをふまえて、日英二つの言語で内容を正確に理解し、説明すること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE East K112 21KOMCEE East Room K112
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08A0006
FAS-AA4A01S2
共通英語(6)
English (6)
田中 伸一
TANAKA Shinichi
A1A2 木曜2限
Thu 2nd
借入語音韻論(Loanword Phonology)

 借入語受容 (loanword adaptation)のプロセスは,音声学・音韻論を巻き込みつつ,様々に骨の折れる言語学上重要な問題を含んでいる。まずは当然のこととして,借入元言語の異質な音形が借入先言語の音韻体系に同化されて受容されるわけだから,このプロセス自体が当該言語の音韻体系を映し出す鏡となり,どのような音韻制約からなる文法を持つのかが問題となる。借入先言語の「音韻制約の問題」である。  しかし,形式理論上,もっと根源的な問題もある。まずは「文法の入力形の問題」。つまり,異質な音形を適格な音形へと変換する文法があったとしても,その入力形が実際に発せられた音であるとは限らない。なぜなら,借入先の言語を聞いたことがなくとも借入語の文法は当該言語の話者の頭の中に存在し得るからである。したがって,耳で聞くか否かを問わない(または両方を含んだ)入力形の設定が問題となる。しかし一方で,実際に発せられた音を耳で聞いたものが何らかの形で利用され,それが当該言語の適格な音形へと変換されるオンラインのプロセスがあり得るのも事実である。つまり,「音声知覚の役割の問題」も無視できない。さらには,全体的なプロセスとして,音声知覚から音韻体系への変換をどのようにモデル化するかという形式理論上の「借入プロセスのモデルの問題」もある。  このような問題を考えるにあたって,この授業では借入語受容に関する論争の歴史を振り返りつつ,複数の有力な代表的アプローチを建設的または批判的に比較検討することにより,あるべきモデルの輪郭を考察・探求することを目標とする。題材となる言語は各アプローチで扱われたものだけでなく,受講者の母語や外国語での事例をも考慮に入れつつ検討することとする.つまり,様々な言語におけるL2からL1への借入語受容を題材として,1)受容言語の「音韻制約の問題」,2)借入プロセスにおける「文法の入力形の問題」,3)借入プロセスにおける「音声知覚の役割の問題」,4)全体的な「借入プロセスのモデルの問題」を考察することになる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-112 Komaba Bldg.8 Room 8-112
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08A0007
FAS-AA4A01S3
共通英語(7)
English (7)
ポター サイモン
POTTER Simon
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
A Critical Look into Multiculturalism in the United States

The main objectives of this course are to investigate some social, political, and economic issues in contemporary America, to come to a reasonable understanding of the interplay of cultural ideals and realities, and to get some experience in writing brief, concise, and informed essays within a reasonably short amount of time. From the second class meeting, students will be expected to have read an assigned part of the book "Adventures with 'Multiculturalism' in the United States" and to be prepared to do a related written assignment during class; otherwise, the class meetings will be devoted to discussions and/or explanations by the teacher.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 518教室 Komaba Bldg.5 Room 518
講義使用言語 Language:英語 English
08A0008
FAS-AA4A01S3
共通英語(8)
English (8)
ポター サイモン
POTTER Simon
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
Ameriglish: A Tool for Understanding American Culture

The main objective of this course is to get insights into how important language is in culture, especially as a device which establishes values and mentalities. Students will be expected to consult the course book - a lexicon which has been specially prepared to be used in Japanese higher education - as well as other sources to write a sequence of essays that will be linked to themes in contemporary America. The essays - to be written as homework and submitted at the beginning of the assigned class meeting - will require students to take a list of vocabulary items, to search for supplementary material, and to link things together to create thoughtful, concise briefs which as a whole will hopefully lead to a better understanding of the United States. During class meetings, there are likely to be explanations or interpretations of various things American by the teacher, which might include references to items, observations, and opinions written in the essays.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-205 Komaba Bldg.8 Room 8-205
講義使用言語 Language:英語 English
08A0009
FAS-AA4A01S3
共通英語(9)
English (9)
アンダル ジャクリーン
ANDALL Jacqueline
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
Care Work in Global Perspective.

Care work is labour that contributes to the well-being of others. Among other things, it can include cleaning, cooking and caring for children or the elderly. Trends such as women's greater participation in the labour market and the demographic ageing of highly developed economies, are leading to new configurations of care. Paid domestic workers - predicted to disappear in modern societies - are re-appearing in some countries and expanding in others. This course will focus on the 'care economy' to explore issues around care, gender inequality, class, ethnicity, culture and female migration. Case-studies from Europe, Asia and Africa will be examined to draw out commonalities and differences in the global organisation of care.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-112 Komaba Bldg.8 Room 8-112
講義使用言語 Language:英語 English
08A0010
FAS-AA4A01S3
共通英語(10)
English (10)
アンダル ジャクリーン
ANDALL Jacqueline
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
Comparative Diasporas

The term diaspora is used to describe people who have left their country of origin and who subsequently constitute a group in a new country of settlement where they are defined primarily in relation to the original 'home' country. This course will compare diasporas that are the result of labour migrations to analyse a range of issues related to culture, race, politics and citizenship. At the end of the course students will be familiar with conceptual issues in relation to diasporas and have in-depth knowledge about diasporas in a number of countries.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-112 Komaba Bldg.8 Room 8-112
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 1695 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account