学部後期課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
全学部共通授業科目 (60)
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
授業カタログとは 授業カタログとは
JP EN
横断型教育プログラム
共通授業科目
全学部共通授業科目 (60)
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
HOME 学部後期課程
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

全学部共通授業科目

 全学部共通授業科目とは、複数の学部の学生を対象として、学部後期課程に開設される共通の授業科目をいいます。学部後期課程の学生が広く専門の枠を超えて履修するのが望ましいと考えた個々の授業科目を、開設学部が教育運営委員会に届け出たものであり、まとまった教育プログラムではありません。
死生学概論
詳細を見る MIMA Search
死生学に関連する研究をおこなっている文学部・人文社会系研究科の教員を中心に、死生学の主なトピックを取り上げて、現在の研究状況を概説する。それぞれ、人間の死と、死にゆく過程での生をめぐる諸問題、またそれらに関する思想や実践を取り上げる。死生に関する多様なアプローチを学び、学際的思考の基礎を養う。な...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220031
FLE-HU4201L1
死生学概論
堀江 宗正
A1 A2
金曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅰ
詳細を見る MIMA Search
臨床死生学および臨床倫理学の諸課題に関して、本学内外の研究者の研究発表とそれに基づく討議を行う。本科目は「臨床死生学・倫理学研究会」として一般に公開しており、医療・介護関係者が多数参加している。 授業運営についてメールで知らせるので、履修者・聴講者はメール・アドレスを予め担当教員に知らせること。 ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220041
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅰ
会田 薫子
S1 S2
水曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅱ
詳細を見る MIMA Search
臨床死生学および臨床倫理学の諸課題に関して、本学内外の研究者の研究発表とそれに基づく討議を行う。本科目は「臨床死生学・倫理学研究会」として一般に公開しており、医療・介護関係者が多数参加している。 授業運営についてメールで知らせるので、履修者・聴講者はメール・アドレスを予め担当教員に知らせること。 ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220042
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅱ
会田 薫子
A1 A2
水曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅲ
詳細を見る MIMA Search
臨床死生学と生命倫理・臨床倫理が交差する領域における諸課題の理解と思索をめざす。 予定トピック:臨床死生学の射程、生命倫理と医療倫理と臨床倫理の異同、医療とケアの多職種協働、意思決定支援、臨床死生学の諸課題をひとりひとりの患者の視点から臨床倫理学的に検討(End-of-Life Care(EOLC)の諸問題、緩和ケア...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220043
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅲ
会田 薫子
A1 A2
火曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅳ
詳細を見る MIMA Search
 臨床や教育、また日常の至る場面において、ケアの重要性が盛んに指摘されている。にもかかわらず、その内実は十分には吟味されていない。こういった現状を踏まえ、現代倫理の鍵概念となった「ケア」について、その複雑さと困難さを尊重する仕方で、批判的に考察していきたい。  より具体的には、英語圏で1980年代以降...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220044
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅳ
早川 正祐
S1 S2
木曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅴ
詳細を見る MIMA Search
 1990年代から2000年代にかけて英語圏で新たに登場してきた「関係的な自律論」(relational autonomy)について批判的に検討し、その臨床的応用も試みる。  従来の個人主義的な自律論は、個人の独立性と他者からの不干渉を基調とする自己決定を核としてきた。それに対して関係的な自律論は、人間の相互依存性と傷つき...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220045
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅴ
早川 正祐
S1 S2
木曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅵ
詳細を見る MIMA Search
 2010年代以降、英語圏の認識論で盛んに論じられるようになった「認識をめぐる不正義」(epistemic injustice)の問題と、その不正義を是正する「認識をめぐる責任」(epistemic responsibility)の問題を考察する。そのことを通じて、「認知する」や「認識する」といった営みに否応なく孕まれている倫理的な次元を、そ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220046
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅵ
早川 正祐
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅶ
詳細を見る MIMA Search
死と生をめぐる諸問題に、偶然や確率という事象、概念、およびそれらにまつわる諸理論がどのよう関わっているのか、もしくは、関わりうるのかを考察する。 各人にとって自身の生と死は一度きりの事象であり、いずれはみなが死に至ることが確実と考えられるにもかかわらず、しかし、ある意味では、そうであるがゆえに、死...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220047
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅶ
乘立 雄輝
A1 A2
水曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅷ
詳細を見る MIMA Search
 普段あまり考えることはなくても、何かのきっかけから、自分はなぜ生きているのだろうと「生きる意味」を問う瞬間が誰の人生にもあるだろう。そうした問いについて考える時、「生」には「死」という終わりがあるという事実が否応なく私たちに迫ってくる。  とはいえこの死、とりわけ自分の死について、普段あまり考え...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220048
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅷ
澤井 敦
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
死生学特殊講義Ⅸ
詳細を見る MIMA Search
われわれが各自のかけがいのない「この身体」のもとに息づき、自身にとって一回的な生を他者たちと共に生き、年老いて、死んでいく、その多様な実存の様相と意味について、西洋哲学史上のさまざまなテクストを解釈しながら考えていく。扱われるテクストは、必ずしもいわゆる「実存哲学」に分類されるものとはかぎらない...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220049
FLE-HU4202L1
死生学特殊講義Ⅸ
古荘 真敬
S1 S2
金曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
1 2 3 4 5

1-10 / 全60件