課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
授業カタログとは 授業カタログとは
JP EN
課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
HOME 検索結果
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています
記号論
詳細を見る MIMA Search
二〇世紀後半において、文化現象や社会現象の捉え方、分析方法に刷新をもたらした記号論の基礎を、その始祖とされるソシュールとパースにおける記号の定義からはじめて、文化記号論のその後の代表的な展開へと進むかたちで概観する。それに加えて、後半では、さまざまなコミュニケーション・テクノロジーの発展が果たし...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
30818
CAS-GC1A14L1
記号論
山田 広昭
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
情報記号分析II
詳細を見る MIMA Search
1970年代後半から1980年代のデリダによる広義の言語の問題をめぐる思索の展開を辿るべく、大著『プシュケー 他なるものの発明』(1987)所収のいくつかの論文を精読する。後期は、バルト論、フローベール論、もしくは、否定神学論を読むことを考えている。
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31D200-0300A
GAS-LI6B02L1
情報記号分析II
郷原 佳以
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
情報記号分析II
詳細を見る MIMA Search
1970年代後半から1980年代のデリダによる広義の言語の問題をめぐる思索の展開を辿るべく、大著『プシュケー 他なるものの発明』(1987)所収のいくつかの論文を精読する。まずは、フランシス・ポンジュ論でポール・ド・マンへのオマージュでもあり、『プシュケー』全体の主題を告げてもいる巻頭論文 « Invention de l’a...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31D200-0300S
GAS-LI6B02L1
情報記号分析II
郷原 佳以
S1 S2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
情報記号分析II
詳細を見る MIMA Search
1970年代後半から1980年代のデリダによる広義の言語の問題をめぐる思索の展開を辿るべく、大著『プシュケー 他なるものの発明』(1987)所収のいくつかの論文を精読する。まずは、フランシス・ポンジュ論でポール・ド・マンへのオマージュでもあり、『プシュケー』全体の主題を告げてもいる巻頭論文 « Invention de l’a...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M200-0300S
GAS-LI6B02L1
情報記号分析II
郷原 佳以
S1 S2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
情報記号分析II
詳細を見る MIMA Search
1970年代後半から1980年代のデリダによる広義の言語の問題をめぐる思索の展開を辿るべく、大著『プシュケー 他なるものの発明』(1987)所収のいくつかの論文を精読する。Sセメスターは巻頭の表題論文「プシュケー――他なるもののインヴェンション」を(途中まで)読んだが、Aセメスターは、この論文と関係の深い核批評...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M200-0300A
GAS-LI6B02L1
情報記号分析II
郷原 佳以
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
言語記号分析II
詳細を見る MIMA Search
意味論と、その他部門へのインターフェイスを問題にする。意味論・語用論(実用論)を考察の中心に据えるということは、一般にコンテクストと呼ばれる文脈情報、談話情報と文法情報の相互干渉を認知と認識のレベルで問題にすることだと思う。このレベルで、一方では理論を使いながら個別言語から「言語」の探求を行い、...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31D200-0100S
GAS-LI6A10L1
言語記号分析II
森 芳樹
S1 S2
金曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
言語記号分析II
詳細を見る MIMA Search
意味論と、その他部門へのインターフェイスを問題にする。意味論・語用論(実用論)を考察の中心に据えるということは、一般にコンテクストと呼ばれる文脈情報、談話情報と文法情報の相互干渉を認知と認識のレベルで問題にすることだと思う。このレベルで、一方では理論を使いながら個別言語から「言語」の探求を行い、...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
31M200-0100S
GAS-LI6A10L1
言語記号分析II
森 芳樹
S1 S2
金曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
Information, Technology, and Society in Asia 101
詳細を見る MIMA Search
This course will offer students a series of lectures on Asian history and international relations with the aim of providing a solid foundation in core topics and more recent scholarship in Asian Studies. This course is required by both M.A.S. and Ph.D. students in the ITASIA program (non-ITASIA s...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4971010
GII-IA6101L3
Information, Technology, and Society in Asia 101
松田 康博
A1
火曜5限、金曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
Information and Measurement
詳細を見る MIMA Search
The primary goal of the course is to provide students with an integrated view of how the basic concepts of mathematics and physics are applied to collecting information about a system. Upon successful completion of this course, the student will have: -acquired a basic knowledge of the physics of ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-MX5604L3
FEN-MX5604L3
Information and Measurement
ドロネー ジャン ジャック
S1
火曜2限、金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
Information, Technology, and Society in Asia 202
詳細を見る MIMA Search
This graduate-level seminar course provides an overview of theories and methodologies in media and cultural studies. Through a discussion of important works and scholars in media and cultural studies, the class aims to establish a foundation for understanding current theoretical and methodologica...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4972020
GII-IA6202L3
Information, Technology, and Society in Asia 202
KARLIN JASON GREGORY
A1 A2
木曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
1 2 3 4 5

1-10 / 全10865件