課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
授業カタログとは 授業カタログとは
JP EN
課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
HOME 検索結果
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
東京大学の埋蔵文化財と文化資源
詳細を見る MIMA Search
 東京大学は、1983年に臨時遺跡調査室(現在の埋蔵文化財調査室)を開設して以来、本郷キャンパスの発掘を営々と続けてきた。東京でこれほど徹底的に掘られ続けている場所はほかにない。かつての加賀藩邸跡に東京大学がほぼそのまま存在しているがゆえに、発掘成果は近世考古学という学問領域の成立に大きく貢献し、発...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21225002
GHS-CR6E01L1
東京大学の埋蔵文化財と文化資源
松田 陽
A1 A2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
考古学概論Ⅱ
詳細を見る MIMA Search
考古学の基礎的知識を学ぶ科目であり、考古学概論1(考古学の方法論)と合わせて受講することを推奨する。この講義では、旧石器時代から古代社会までを概観することで、日本考古学を学ぶ上での基礎知識を提供するとともに、通史的に人類史を捉える視点について考える。講義の後半では、考古学と文化財保護の関わりのほか...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04221402
FLE-HU4K01L1
考古学概論Ⅱ
森先 一貴
S1 S2
月曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
考古学演習Ⅳ
詳細を見る MIMA Search
弥生時代は主に農耕の始まりによって縄文時代と区分される、日本列島の人類史を学ぶ上で画期となる重要な時期である。本演習では、縄文時代晩期から弥生時代前半期への移り変わりをテーマとし、具体例として東海地方出土遺物をもとに疑問点を出し合いつつ議論を行う。土器を中心とするが、関連するほかの遺物も取り扱う...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04221464
FLE-HU4K04S1
考古学演習Ⅳ
根岸 洋
A1 A2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
考古学概論Ⅰ
詳細を見る MIMA Search
考古学の基礎的な方法論を学ぶ。考古学は、遺跡の発掘調査によって遺構や遺物を記録保存し、それにもとづいて過去の人類の行動や歴史を分析する、独特な学問である。この講義では、遺物や遺跡からどのようにして年代を決めるのか、あるいは特定の遺物の広がりにどのような意味があるのかといった、考古学でなくては解き...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04221401
FLE-HU2K01L1
考古学概論Ⅰ
福田 正宏
A1 A2
月曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
文化遺産と現代社会
詳細を見る MIMA Search
文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコト...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21225001
GHS-CR6E01L1
文化遺産と現代社会
松田 陽
S1 S2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
考古学演習Ⅲ
詳細を見る MIMA Search
弥生時代は主に農耕の始まりによって縄文時代と区分される、日本列島の人類史を学ぶ上で画期となる重要な時期である。本演習では、縄文時代晩期から弥生時代前半期への移り変わりをテーマとし、具体例として東海地方出土遺物をもとに疑問点を出し合いつつ議論を行う。
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04221463
FLE-HU4K04S1
考古学演習Ⅲ
根岸 洋
S1 S2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
野外考古学
詳細を見る MIMA Search
・考古学調査の実習。北海道にて遺跡の発掘調査を行いながら、発掘の方法、出土資料の整理法等の習得を目指す。受講者は野外考古学(1)を履修した考古学専修課程の学生・大学院生に限定される。この実習に引き続いて「博物館学実習B」が行われるが、両方の実習は一体のものなので受講者は続けて履修しなければならない。 ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21220211
GHS-GC6B01L1
野外考古学
熊木 俊朗
S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
野外考古学Ⅱ
詳細を見る MIMA Search
・考古学調査の実習。北海道にて遺跡の発掘調査を行いながら、発掘の方法、出土資料の整理法等の習得を目指す。受講者は野外考古学(1)を履修した考古学専修課程の学生・大学院生に限定される。この実習に引き続いて「博物館学実習B」が行われるが、両方の実習は一体のものなので受講者は続けて履修しなければならない。 ...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04221412
FLE-HU4K03P1
野外考古学Ⅱ
熊木 俊朗
S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
日本近世考古学研究
詳細を見る MIMA Search
考古学研究では新しい領域である近世考古学とその分析と実際について理解することを目的とする。講義では、学問的範囲、研究史、分析の方法などの研究概略と実際では多くの手がかりを提供する出土陶磁器分析を通じて、具体的資料の概要とそこから看取される社会・経済・文化的諸相について論じる。
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21220213
GHS-GC6B01L1
日本近世考古学研究
堀内 秀樹
A1 A2
木曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
北海道の考古学
詳細を見る MIMA Search
弥生時代以降、北海道では本州とは異なる歴史への歩みがはじまる。そのような北海道独自の先史文化の内容を中心として、旧石器時代からアイヌ文化に至るまでの北海道の先史文化の流れを概観し、その特徴と東アジア史の中での位置づけについて考察する。 8-9月に北海道で開講される「野外考古学(2)」「博物館学実習B」...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21220209
GHS-GC6B01L1
北海道の考古学
熊木 俊朗
S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
1 2 3 4 5

1-10 / 全12694件