課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
授業カタログとは 授業カタログとは
JP EN
課程
横断型教育プログラム
共通授業科目
学部・研究科
学年
学期
時限
曜日
講義使用言語
実務経験のある教員による
授業科目
分野
HOME 検索結果
デジタル・ヒューマニティーズ入門
詳細を見る MIMA Search
デジタル技術は、人類の知的資源の保存、研究、発信の方法を大きく変えて、情報社会の新しい知識基盤を形成している。この変化に対応すべく、デジタル媒体による学術資料のアーカイビング、文化コンテンツの分析、学術成果の公開や展示の方法などを、文系・理系の枠組みを横断して研究する「デジタル・ヒューマニティー...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4990130
GII-WS6113L2
デジタル・ヒューマニティーズ入門
下田 正弘
S1 S2
火曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学概論Ⅰ
詳細を見る MIMA Search
長らく紙媒体に依拠してきた人文学は、今や様々な面でデジタル媒体に依拠せざるを得なくなりつつある。人文学の基礎である資料批判の手法は主に紙媒体に対して培ってきたものであり、人文学が学問としての基礎を維持し続けるためには、デジタル媒体の普及という新たな状況に対して資料批判の手法を再構築しなければなら...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04195001
FLE-HU4207L1
人文情報学概論Ⅰ
下田 正弘
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学概論(I)
詳細を見る MIMA Search
長らく紙媒体に依拠してきた人文学は、今や様々な面でデジタル媒体に依拠せざるを得なくなりつつある。人文学の基礎である資料批判の手法は主に紙媒体に対して培ってきたものであり、人文学が学問としての基礎を維持し続けるためには、デジタル媒体の普及という新たな状況に対して資料批判の手法を再構築しなければなら...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21190091
GHS-XX6A01L1
人文情報学概論(I)
下田 正弘
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学概論Ⅰ
詳細を見る MIMA Search
長らく紙媒体に依拠してきた人文学は、今や様々な面でデジタル媒体に依拠せざるを得なくなりつつある。人文学の基礎である資料批判の手法は主に紙媒体に対して培ってきたものであり、人文学が学問としての基礎を維持し続けるためには、デジタル媒体の普及という新たな状況に対して資料批判の手法を再構築しなければなら...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4990150
GII-WS6115L2
人文情報学概論Ⅰ
下田 正弘
S1 S2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
ICTと産業
詳細を見る MIMA Search
本講義の目的は,情報通信技術(ICT:Information and Communications Technologies)が産業社会に与える影響の理解を深めることである.現在,ICTは重要な社会基盤であり,産業の成長を加速させるためのエンジンとして産業のイノベーションを支えている. ICTにより産業にイノベーションを起こしている企業の実務担当者...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
291705
GEC-MA6605S1
ICTと産業
木戸 冬子
S1 S2
火曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学概論Ⅱ
詳細を見る MIMA Search
夏学期の人文情報学概論(1)での講義を前提としつつ、本講義では、Methodological Commonsとしての人文情報学(Digital Humanities)を踏まえ、受講生各自の専門分野の方法論におけるデジタル媒体の在り方についてディスカッションを行うことで人文情報学への理解を深めると同時に人文学という俯瞰的な視点を獲得すること...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04195002
FLE-HU4207L1
人文情報学概論Ⅱ
下田 正弘
A1 A2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
デジタルアーカイブ原論
詳細を見る MIMA Search
 アナログ情報・デジタル情報が混在する現在、いずれの情報にも目配せをしつつ、デジタル環境を前提に学術研究の成果としての論文を作成しなければならない研究者にとって、デジタルアーカイブ構築に関する知識と技術は、論文作成の基礎的な作法として必須のものとなりつつある。 たとえば、誰もが一度は、デジタル時代...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4990300
GII-WS6123L1
デジタルアーカイブ原論
柳 与志夫
S1 S2
水曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学概論(II)
詳細を見る MIMA Search
夏学期の人文情報学概論(1)での講義を前提としつつ、本講義では、Methodological Commonsとしての人文情報学(Digital Humanities)を踏まえ、受講生各自の専門分野の方法論におけるデジタル媒体の在り方についてディスカッションを行うことで人文情報学への理解を深めると同時に人文学という俯瞰的な視点を獲得すること...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21190092
GHS-XX6A01L1
人文情報学概論(II)
下田 正弘
A1 A2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学の諸相
詳細を見る MIMA Search
この授業では、人文社会系諸学における人文情報学的なアプローチの展開、そこでの課題や展望を、複数の専門分野の教員によるリレー形式で考える。本年度は、国文学、社会学、日本史学の3分野を取り上げる。
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
21190097
GHS-XX6A01L1
人文情報学の諸相
高橋 典幸
A1
木曜5限、木曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
人文情報学特殊講義Ⅰ
詳細を見る MIMA Search
 人文学におけるこれまでの研究は、紙媒体を前提として長く育まれてきた膨大な暗黙知によって成立し発展してきた。この暗黙知を意識する必要が出てきたのはデジタル媒体を避けて通れない状況が現出したからに他ならない。欧米ではすでに30年にわたる取り組みにより西洋中世写本研究から言語コーパスに至るまで様々な暗...
時間割コードを開く
時間割コードを閉じる
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04195013
FLE-HU4208L1
人文情報学特殊講義Ⅰ
高橋 晃一
S1 S2
金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
1 2 3 4 5

1-10 / 全13218件