ホーム > 大学院版 > 公共政策学教育部

Home > Graduate > Public Policy

公共政策学教育部 Public Policy

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
5111010
GPP-MP5L10L1
民事法の基層と現代的課題
Civil Law Foundation and Modern Issues
石川 博康
Hiroyasu Ishikawa
S1S2 水曜3限
Wed 3rd

 法の生成・展開過程や法を支える社会の構造等を踏まえた基礎的考察を通じて法の基層に降り立つことは、民事法における諸制度を設計し、またそれを解釈・運用するに際しての欠くべからざる諸前提のうちの一つである。本講義では、既存の法制度を評価し、また新たに法制度を構想する際に必要な、民事法の基本的な考え方および概念について講義する。法学未習者と、学部で民事法を一通り勉強した学生で民事法を支える理論的諸基盤についてより広い視野からもう一度理解し直そうと考えている者とを、対象とする。  本年度は、民事法の諸制度を支えている歴史的基盤に着目し、現代法に関し法史学の観点からの一定の見通しを得ることを目的とした検討を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室E International Academic Research Bldg. Seminar Room E
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111020
GPP-MP5L10L1
公法の基層と現代的課題
Public Law Foundation and Modern Issues
小島 慎司
KOJIMA SHINJI
S1S2 火曜2限
Tue 2nd

法学未修者のみならず、学部で公法を一通り勉強した学生であっても、公法の全体を広い視野からもう一度理解し直したい者をも歓迎する。前半は小島(憲法)が担当する。既存の法制度を評価し、また新たに法制度を構想する際に必要な、憲法学の基本的な考え方および概念を講義する。重点的にテーマをしぼり、また現実の具体的な諸問題を素材にして、講義を進める。後半は横田(行政法)が担当する。公共政策の良き担い手や発案者となることができるよう、「行政を動かし、コントロールして政策を実現するための法」としての行政法を概観する。とりわけ、法執行過程の全体を手続として捉えることができるようになることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室A International Academic Research Bldg. Seminar Room A
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111050
GPP-MP5L10L1
財政法
Public Finance Law
藤谷 武史
Fujitani Takeshi
S1S2 水曜4限
Wed 4th
現代財政のconstitution

 財政法は、文字通り「財政」を規律する法規範の体系であるが、政治的・経済的動態性を本質とする財政を法学的に扱うことは、元来、極めて困難な企てである。財政の法学的把握は未だ満足な水準に達しておらず、しばしば現象の後追い的な記述に留まる。しかし、ある時期までの近代議会民主制の展開を主導したのが財政問題であったことを考えれば、「財政の法学的把握」を巡る如上の現状は論理必然とは言えないし、むしろ深刻な方法論的反省の対象とされて然るべきであろう。  斯様な問題意識に立脚する本講義は、(1)財政法学が議論すべき対象としての「財政」を幅広い構造の中で捉え、(2)方法論の拡張によって実質的に意味のある「財政の法学的把握」を提示することを目的とする。第(1)の側面では、最低限、財政と金融市場や通貨秩序(いずれもその国際的側面を含む)の関係が視野に含まれる。第(2)の側面では、現代財政の機能面での変質(特に社会保障制度による財政の時間軸の長期化)が財政法にいかなる質的変化をもたらしたか、に特に注意が喚起され、この構造を把握しうる法的概念が探究される。そのために、現在進行形であり未だ正解が(国際的にも)確立していない財政上の諸問題、例えば、日本銀行の量的金融緩和政策と公債保有、財政規律ルール導入、いわゆる「国富ファンド」、政府調達における社会的政策追求の可否など、を具体的に論じ、これらとの対峙を通して現代財政の実像に即した財政法学の体系と課題を析出したい。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111060
GPP-MP5L10L1
地方自治法
Local Government Law
板垣 勝彦
Katsuhiko Itagaki
A1A2 水曜4限
Wed 4th
地方自治法

地方自治に関する法制度、裁判例、学説、運用状況を理解し、解釈論を展開する能力、 立法論を展開する能力を身に着けること。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111070
GPP-MP5L10L1
地方財政・租税論
Local Government Finance and Local Tax
増井 良啓
Yoshihiro Masui
A1A2 火曜5限
Tue 5th
AIと税制(2)---とりわけ地方公共団体の視点を念頭において

デジタル化の進む近未来をみすえて,技術革新が私たちの社会や法にどのようなインパクトを与えるかをじっくり議論します。表題の「AIと税制」は,このような大きな動きを象徴する典型例です。このゼミでは,これにとどまらず,GoogleやAmazonの国際的タックス・プランニングや,Bitcoinで話題を呼んだ仮想通貨の課税取扱い,IPボックスをはじめとする研究開発税制の世界的動向,FinTechで変わる金融・会計と税制の関係,徴税プロセスの電子化やビッグデータの活用,シェアリング・エコノミーの課税問題,BEPS行動1で積み残されたデジタル経済の課税,AI活用が進む中での専門職の今後のあり方,デジタル・デバイドへの対応といったような問題を,参加者の希望に応じて幅広にとりあげ,内外の文献を読み進めていきます。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 A3演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111080
GPP-MP5L10L1
租税政策
Tax Policy
中里 実
Minoru Nakazato
A1A2 水曜5限
Wed 5th
重要租税判例の研究

租税法における重要判決について、理論的な分析を加え、議論する。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 21番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111090
GPP-MP5L10L1
立法学
Legislation Politics
茅野 千江子
Chieko Kayano
A1A2 月曜5限
Mon 5th

 この講義は、法律はどのように作られるか、という「立法」の実態について、具体的なイメージを持っていただくことにより、「立法」に関する理解を深めるとともに、法律の作成等に関わることとなったときに必要となる、基礎的な知識と思考方法を習得していただくことを目標としている。  講義に当たっては、担当者の長年にわたる立法の実務経験を基に、出来るだけ多くの立法例を紹介し、それらについて一緒に考えていただくことにより、いわば立法の「疑似体験」をしていただくことを目指している。  具体的な進め方としては、、まず、(1)①立法政策が法律案の形に取りまとめられ国会に提出されるまでのプロセス(=「立案過程」)及び②国会に提出された法律案が国会において審議されるプロセス(=審議過程)【以上「立法過程」】、(2)立法事実に基づき、立法政策の内容を確定するために行われる種々の観点からの検討【「立法政策」・「法制度設計」】、(3)法律を作成する際の基礎となる様々な約束事(法律の形式、法律や条文の構造、用字・用語等)【「立法技術」】について、近年の我が国の立法をめぐる変化を踏まえながら、基礎的、総論的な説明を行う。  次に、立法政策の各論的な位置づけとして、近年の立法を特徴づけるテーマなど7項目について、それぞれに関する概括的な説明を行った後、実際の立法例を基に、その法制度設計における検討内容や問題点を紹介する。その際には、その立法過程についても併せて紹介するほか、特に知っておいていただきたい立法技術について説明する。  なお、これらの法律の作成に関する知識や思考方法の習得は、現行法を読み解く際にも役立つものではないかと考える。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 101号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111110
GPP-MP5L10L1
刑事政策
Criminal Policy
川出 敏裕
Toshihiro Kawaide
A1A2 水曜2限
Wed 2nd

現在の刑事政策に関わる様々なテーマにつき,その問題状況を把握するとともに,あるべき解決策を探ることを目的とする。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 303号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111120
GPP-MP5L10L1
知的財産政策
Intellectual Property Policy
加藤 浩
KATO Hiroshi
S1S2 金曜4限
Fri 4th
知的財産政策/ Intellectual Property Policy

知的財産権とは、特許権、商標権、意匠権、著作権などの総称であり、近年、政策的なアプローチの重要性が高まっている。本講義では、これらの知的財産権を取り扱う知的財産政策について、基礎理論を整理した上で、知的財産政策の経緯と現状について解説し、今後の政策課題について考察することを講義のねらいとする。講義では、第一に、知的財産分野の主要なテーマごとに、知的財産政策について講義を行う。例えば、企業・大学における知的財産活動の現状・課題や、イノベーション政策、情報社会などのテーマにおける政策課題について考察する。また、秘密情報管理や安全保障との関係から、知的財産政策の今後の方向性について検討する。第二に、クールジャパン戦略について解説し、文化政策や地域政策における知的財産行政の現状と課題について考察する。また、文化多様性・生物多様性と知的財産政策との関連性についても考察する。第三に、グローバルな視点から、知的財産政策について講義を行う。例えば、途上国に対する開発投資や環境保全における知的財産政策の役割について考察する。また、人権保護の観点を含めて、医薬品行政・医療行政と知的財産政策の在り方について考察する。受講生として、公共政策に関心のある文科系の学生・社会人だけでなく、技術系の学生・社会人も想定し、最近のトピックス(オープンイノベーション、AI(人工知能)、ブランド戦略、クールジャパン政策、産学連携など)も適宜取りあげていく予定である。講師の意図としては、知的財産法制・政策がどうなっているかより、なぜそうなっているかを考えることに主眼を置いた講義を進めることとしたい。教科書、参考書は、最初の講義で紹介するが、原則として、講義資料を講師が作成して毎回、配布する。(希望者には、経済産業省、文部科学省、文化庁の見学などを実施する予定。)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 SMBC Academia Hall International Academic Research Bldg. SMBC Academia Hall
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5111150
GPP-MP5L10L1
国際組織と法
Law of International Organizations
森 肇志
MORI TADASHI
S1S2 火曜5限
Tue 5th

近年国際条約、とりわけ多数国間条約が数多く結ばれているが、これらのうち、条約により運営機関が設置されるものが多くみられ、条約体制と呼ばれるものが形成されている。それらは当該条約の適用・執行さらには発展という、国際法の実現において大きな役割を果たしている。 また、そうした条約の多くは、それを実施するための国内法や国内裁判所による適用等を通じて、国内法平面においてもますます重要になってきている。 本演習では、こうした条約体制(国際組織を含む)の構造ならびに実際の運用のあり方を、参加者のリサーチを中心に明らかにすることを通し、現代国際法の現実の姿の一端を明らかにする。具体的イメージとして、2015年10月から2017年9月まで『法学教室』に連載された「国際条約の世界」、とりわけ2015年10月号掲載の「連載開始にあたって」を参照されたい。 本演習は法科大学院との合併授業である。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 201号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 344 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account