ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
3722-144
GEN-ME6b22L1
塑性学
Solid Mechanics 2: Plasticity
柳本 潤
Jun Yanagimoto
S2 火曜2限 金曜4限
Tue 2nd Fri 4th

S1タームの弾性学に引き続き本講義を開講する。本講義では、金属材料を代表例にとり、塑性変形を支配する関係式、塑性変形の記述方法、構成式などの、塑性変形している物体の応力や変形の計算に必要な事柄を講義する。さらに、塑性のマルチスケールを説明する。/This lecture is opened to follow the lecture on ‘Elasticity’ in term S1. In this lecture, taking metallic materials as representative materials, necessary topics to analyze stress and deformation of plastically-deformed bodies, such as governing equation of plastic deformation, description to plastic deformation, constitutive equations, are given. Finally, multi-scale aspects of plasticity will be explained.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工222号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41911107
GME-ML6107L2
医学共通講義VII
General Lectures in Medical SciencesVII
尾藤 晴彦
Haruhiko Bito
S1A1 火曜4限
Tue 4th
神経科学入門

知覚、行動、思考、記憶などの脳高次機能は神経回路のどのようなメカニズムによって実現されているのでしょうか。またその破綻により神経・精神疾患はどのように発症・増悪するのでしょうか。単一シナプスから脳全体までをカバーした幅広い内容の講義を通して、ハードウェアとしての脳の仕組みを明らかにし、その機能に迫る神経科学の方法論、論理と実証性を理解することを目的とします。知識の幅を広げることはもちろんですが、神経科学・脳神経医学研究に一貫して流れる普遍的な考え方を身につけることが本講義シリーズのひとつの到達点です。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 13階第6セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-1040S
GAS-LS6F04L1
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-1040S
GAS-LS6F04L1
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47130-41
GFS-CS6037L1
複雑生命現象論
Complex biological phenomena
能瀬 聡直
Akinao Nose
S1S2 月曜4限
Mon 4th
複雑生命現象論 (Complex biological phenomenon)

生物学の知識背景をもたない理工系の学生に、現代生命科学の基本的な概念や実験手法を講義する。特に、脳神経科学について、古典的知見および遺伝子工学・ゲノム科学によってもたらされた最近の進展を紹介する。生命科学と理工系との融合分野で学際的に活躍できるような研究者養成の助になればと願っている。 (The aim of the course is to introduce key basic concepts in biology, in particular neuroscience, to students with different background (e.g. physics, chemistry and mathematics).

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域基盤棟 2F 複雑理工学講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0540028
FSC-BS3B03P1
生物科学専門実習II
Advansed Laboratory Work in Biological Science II
各教員
Professor in charge
A1A2 月曜3限 月曜4限 月曜5限 火曜3限 火曜4限 火曜5限 木曜3限 木曜4限 木曜5限 金曜3限 金曜4限 金曜5限
Mon 3rd Mon 4th Mon 5th Tue 3rd Tue 4th Tue 5th Thu 3rd Thu 4th Thu 5th Fri 3rd Fri 4th Fri 5th

2つのコースから選択する. ①動物生理学実習(担当教員:榎本和生,鈴木郁夫,富樫和也,辻真人) 本実習では脳神経ネットワークの構造と機能について学ぶ.生物の脳では,数100〜1000億個のニューロンが神経突起を正確に配線する事によりネットワークを形成しており,それが神経機能の構造的基盤となる.本実習では、昆虫(ショウジョウバエ)と哺乳動物(マウス)の脳神経系を研究材料として,脳神経ネットワーク構造の生体イメージング観察技術を習得するとともに,種々の遺伝子変異が脳神経構造に及ぼす影響を理解することにより,神経ネットワーク機能の理解を目指す.さらに,ショウジョウバエ幼虫の嗜好性行動をモデルとして,好き嫌いを規定する神経回路の構造基盤について理解するとともに,最新の光遺伝学的手法,数理モデリング、バーチャルリアリティー等をもちいて動物の行動を操作・数値化する実験に取り組む.. ②植物遺伝学実習(担当教員:角谷徹仁、藤泰子、佐々木卓、伊藤恭子、近藤侑貴)シロイヌナズナを材料に、エピゲノム制御、発生、分化について学ぶ。植物は発生の可塑性が大きく、変異体を用いて幅広い研究が可能である。本実習では、シロイヌナズナを用いた 分子遺伝学とゲノミクスとが強力であることを経験する。具体的には、維管束の分化、葉肉細胞から維管束細胞への分化転換過程を、分子生物学、形態学的手法を用いて解析する。また、クロマチン制御因子の変異体を用いた遺伝解析と表現型解析を行う。さらに、変異体と野生型とのエピゲノム情報をゲノムワイドに解析することで、巨大データの処理を経験するとともに、これらの因子によるクロマチン制御機構を予測する。

単位 Credit:2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09195313
FED-DS3503S1
教育の生理学
Educational Physiology
山本 義春
Yoshiharu Yamamoto
S1S2 金曜2限
Fri 2nd

教育生理学は、教育対象の精神的・身体的機能のうち、教育の受け容れを可能にする諸機能と、それらに対する教育内容・方法・環境等の影響を生理学的に解明することを目的とする。本講義では特に、神経系の構造と機能を学び、運動や学習と記憶等の教育の神経生理学的基盤および睡眠や精神機能の成り立ちとその破綻について理解を深めることを目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・109講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0680S
GAS-LS6D08S1
運動適応科学演習II
Seminar on Exercise Adaptability II
柳原 大
YANAGIHARA Dai
S1S2 火曜1限
Tue 1st
小脳皮質における運動の制御・学習機構

運動の制御、学習・記憶、予測における小脳皮質の機能、大脳ー小脳機能連関、小脳ー脊髄機能連関について学習する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 102室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0680S
GAS-LS6D08S1
運動適応科学演習II
Seminar on Exercise Adaptability II
柳原 大
YANAGIHARA Dai
S1S2 火曜1限
Tue 1st
小脳皮質における運動の制御・学習機構

運動の制御、学習・記憶、予測における小脳皮質の機能、大脳ー小脳機能連関、小脳ー脊髄機能連関について学習する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場9号館 102室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0528058
FSC-EE4038L1
構造地質学
Lecture:Structural Geology
WALLIS, Simon Richard
WALLIS, Simon Richard
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
構造地質学 Structural Geology

構造地質学は原子から造山帯まで様々なスケールにおける岩石変形を扱う 学問である。この授業では、天然岩石で見られる主要な変形構造を記載し、それらの成り立ちを定量的に理解するために必要な基礎知識を紹介し、解説する。 Structural geology is the study of rock deformation from the atomic scale to the scale of whole mountain belts. In this lecture series, we present the fundamental ideas needed to document the main deformation features seen in natural rocks and the basic theory needed to develop a quantitative understanding quantify of how they form.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 851 Faculty of Science Bldg.1 (center) 851
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13494 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account