ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
41911107
GME-ML6107L2
医学共通講義VII
General Lectures in Medical SciencesVII
尾藤 晴彦
Haruhiko Bito
S1A1 火曜4限
Tue 4th
神経科学入門

知覚、行動、思考、記憶などの脳高次機能は神経回路のどのようなメカニズムによって実現されているのでしょうか。またその破綻により神経・精神疾患はどのように発症・増悪するのでしょうか。単一シナプスから脳全体までをカバーした幅広い内容の講義を通して、ハードウェアとしての脳の仕組みを明らかにし、その機能に迫る神経科学の方法論、論理と実証性を理解することを目的とします。知識の幅を広げることはもちろんですが、神経科学・脳神経医学研究に一貫して流れる普遍的な考え方を身につけることが本講義シリーズのひとつの到達点です。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部教育研究棟 13階第6セミナー室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35617-0004
GSC-BS6204L1
神経生物学特論
Special Lectures on Neuroscience
飯野 雄一
IINO, Yuichi
S1S2 火曜5限
Tue 5th
神経生物学特論 Special Lectures on Neuroscience

本講義では神経科学を中心として講義を行う。神経細胞と神経系の形成と機能について、研究分野を概観するとともに最近の知見を分子生物学、遺伝学、行動学の立場から考察する。具体的には神経細胞の分化と細胞移動の機構、味覚や嗅覚などの感覚受容と学習記憶、神経内分泌系の制御、生得的行動と社会性行動の機構などについて解説する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館東棟 279講義室 Faculty of Science Bldg.1 (east) Room #279
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08E1402
FAS-EA4F02L1
運動神経生理学
Neurophysiology of Exercise
柳原 大
YANAGIHARA Dai
A1A2 未定
To Be Arranged 
運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経機構

個体・行動レベルでの運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経機構について解説する。本講義では、特に小脳皮質、大脳基底核および大脳皮質運動関連領域について注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、タンパク質・分子・遺伝子レベルでの知見を紹介し、理解を深める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-0630A
GAS-LS6D03L1
運動機能論I
Function Analysis of Athletic Movement I
柳原 大
YANAGIHARA Dai
A1A2 未定
To Be Arranged 
運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経科学

個体・行動レベルでの運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経機構について解説する。本講義では、特に小脳皮質および大脳基底核、大脳皮質運動関連領域について焦点を絞り、それらの単一ニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、タンパク質・分子・遺伝子レベルでの最新の知見を紹介し、理解を深める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-0630A
GAS-LS6D03L1
運動機能論I
Function Analysis of Athletic Movement I
柳原 大
YANAGIHARA Dai
A1A2 未定
To Be Arranged 
運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経科学

個体・行動レベルでの運動の発現、制御、学習・記憶に関わる神経機構について解説する。本講義では、特に小脳皮質および大脳基底核、大脳皮質運動関連領域について焦点を絞り、それらの単一ニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、タンパク質・分子・遺伝子レベルでの最新の知見を紹介し、理解を深める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-1040S
GAS-LS6F04L1
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-1040S
GAS-LS6F04L1
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0535045
FSC-BC3045L1
分子生命科学III
Life Science III
饗場 篤
Atsu Aiba
A1A2 木曜1限
Thu 1st

神経科学の基本的な導入を目的としている。特に、脳の構造と機能、感覚神経系、運動神経系について前半で講義する。後半では、脳の行動と化学的制御について、摂食行動、リズム・睡眠等について講義する。また、神経機能の破たんによる疾患の分子基盤について理解する。細胞生理化学(飯野雄一教授担当)と連関し、重複の無い内容となる予定である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部3号館 326
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09195313
FED-DS3503S1
教育の生理学
Educational Physiology
山本 義春
Yoshiharu Yamamoto
S1S2 金曜2限
Fri 2nd

教育生理学は、教育対象の精神的・身体的機能のうち、教育の受け容れを可能にする諸機能と、それらに対する教育内容・方法・環境等の影響を生理学的に解明することを目的とする。本講義では特に、神経系の構造と機能を学び、運動や学習と記憶等の教育の神経生理学的基盤および睡眠や精神機能の成り立ちとその破綻について理解を深めることを目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・109講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3909103
GAG-AS6A03L1
神経と行動の科学
Mammalian Life Cycle
武内 ゆかり
Yukari Takeuchi
A2W 集中
Intensive 
神経と行動の科学

脊椎動物の中で高次神経系が特によく発達している哺乳類と鳥類を主な対象として、動物の行動を司る神経機構について学ぶ。動物の行動を詳しく調べてみると、それぞれの動物種に固有の行動様式がある一方で、種を越えて共通性の高い行動様式も見られることが分かる。またそれぞれの行動には生得的な要素すなわち遺伝的に規定される部分と、後天的な要素すなわち学習される部分があり、両者が複雑に絡み合って行動様式が形成される。本講義では、生得的要素の強い生殖行動に焦点を当ててその神経内分泌学的基盤を学ぶとともに、後天的要素の強い認知学習行動についても実験心理学アプローチによる多くの研究事例を通してその神経機構の理解をめざす。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13441 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account