ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
23-212-08
GED-IE6241S1
教育社会学的質的研究(演習)
Qualitative Research in the Sociology of Education
恒吉 僚子
Ryoko Tsuneyoshi
A2 金曜3限 金曜4限
Fri 3rd Fri 4th

本講義の目的は、質的方法におけるリサーチ・クエスチョンのたてかた、焦点化の仕方、方法との整合性等について、教育社会学的な概念や理論をどのように引き出したり、使ったりするのか等、質的方法を使いながら論文を書けるようにすることを目標としている。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 A208演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09192302
FED-SS3203S1
ジェンダーの教育社会学
Sociology of Education and Gender
澁谷 知美
A1A2 木曜4限
Thu 4th
ジェンダーの教育社会学 Sociology of Education and Gender

授業の目標:ジェンダーと教育をめぐる問題系、理論、概念を理解する。そして、教育現象や社会現象をジェンダーの視点から捉えられる能力を身につける。 授業の概要:ジェンダーとは文化的/社会的性差と訳され、セックス(生物学的/解剖学的性差)の対概念とされる(ただし、両者が必ずしも対立する概念ではないことは授業内で解説する)。この授業では、はじめにジェンダーとセックスの両概念について解説をする。つぎに社会の基礎である職場と家庭を取り上げ、そこに見られるジェンダー現象を考察する。つづけて教育とジェンダーをめぐる諸現象を取り上げる。各回において、それらが社会学および近接領域の理論や概念によってどのように分析可能かを説明する。また社会問題となっているイシューについてはいかなる解決がはかられるべきかを検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 赤門総合研究棟 A200講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04194321
FLE-HU4Z02L1
社会学史概説
History of Sociology
出口 剛司
DEGUCHI Takeshi
S1S2 月曜3限 月曜4限
Mon 3rd Mon 4th
社会学理論の歴史とアクチュアリティ

現代社会学から成立期までの社会学史を順次さかのぼり、社会学理論の歴史とそのアクチュアリティを検証する。社会学史上、重要な理論的貢献をおこなった学説を主として取り上げるが、単なる学史の「知識」を解説するにとどまらず、それぞれの学説が設定した「問い」及びそれに対する「応答」の現代性という観点から考察を加える。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 2番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09192304
FED-SS3203S1
教育社会学理論演習
Seminar on Theories of the Sociology of Education
本田 由紀
Yuki Honda
A1A2 火曜3限
Tue 3rd
教育社会学理論演習

この授業では、古典から最新のものまで(教育)社会学に関わる主な社会学理論についての基本文献を講読することを通じて、(教育)社会学的な「ものの考え方」とは何か、それは時代や社会によってどのような拘束性を帯びているか、理論と現実を照らし合わせることによってどのように双方に対して示唆が得られるかを学ぶことを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・159講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09193101
FED-SO3201L1
教育社会学概論
Introduction to the Sociology of Education
本田 由紀
Yuki Honda
S1 火曜4限 金曜4限
Tue 4th Fri 4th
教育社会学概論

教育現象を社会学的に捉えるとは、どういうことか。なぜそれが必要なのか。現在の教育はいかなる状況にあるのか。この概論では、教育を対象とする社会学の基本的な理論や概念、実証的知見を学ぶことを通じて、教育をめぐって我々が直面している課題を理解することを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・158講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190054
GHS-XX6A01L1
死と不安の社会学
Sociology of death and anxiety
澤井 敦
SAWAI Atsushi
S1S2 月曜2限
Mon 2nd

 普段あまり考えることはなくても、何かのきっかけから、自分はなぜ生きているのだろうと「生きる意味」を問う瞬間が誰の人生にもあるだろう。そうした問いについて考える時、「生」には「死」という終わりがあるという事実が否応なく私たちに迫ってくる。  とはいえこの死、とりわけ自分の死について、普段あまり考えることはないかもしれない。ただ、あまり考えることがなくても、死という終焉が必ず訪れるという事実は、漠然とした不安感となって、私たちの生をなかば無意識のうちに覆うものとなる。  哲学・心理学・精神医学などにおいて、以上のような事態はさまざまなかたちで考察されてきた。ただ、この授業でとりわけ焦点を当てたいのは、端的に言えば、死や不安の社会的様相である。  死という不可解かつ不可知の現象は社会的にどのように処理されてきたのか・いるのか、また死を基底とする不安感は社会や文化の変動に応じてどのような様相を呈することになるのか。このような問いについて社会理論の観点から考察することがこの授業の目的である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 2番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04190043
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義Ⅲ
Topics in Death and Life Studies III
澤井 敦
SAWAI Atsushi
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
死と不安の社会学

 普段あまり考えることはなくても、何かのきっかけから、自分はなぜ生きているのだろうと「生きる意味」を問う瞬間が誰の人生にもあるだろう。そうした問いについて考える時、「生」には「死」という終わりがあるという事実が否応なく私たちに迫ってくる。  とはいえこの死、とりわけ自分の死について、普段あまり考えることはないかもしれない。ただ、あまり考えることがなくても、死という終焉が必ず訪れるという事実は、漠然とした不安感となって、私たちの生をなかば無意識のうちに覆うものとなる。  哲学・心理学・精神医学などにおいて、以上のような事態はさまざまなかたちで考察されてきた。ただ、この授業でとりわけ焦点を当てたいのは、端的に言えば、死や不安の社会的様相である。  死という不可解かつ不可知の現象は社会的にどのように処理されてきたのか・いるのか、また死を基底とする不安感は社会や文化の変動に応じてどのような様相を呈することになるのか。このような問いについて社会理論の観点から考察することがこの授業の目的である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 2番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04194365
FLE-HU4Z04S1
社会学演習Ⅴ
Seminar in Sociology V
赤川 学
Manabu Akagawa
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
社会問題の社会学(1)

 社会問題を経験的・実証的に研究するための理論・方法論の習得を目的とする。今年のテーマは結婚と孤独。それに関する文献やデータ収集から分析に至る調査法を習得する。夏休みには研究合宿を行い、4年生は卒論構想を報告する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 317教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04190073
FLE-HU4205L1
横断型 University-wide 共通 Common
応用倫理特殊講義Ⅲ
Topics in the Applied Ethics III
関 礼子
SEKI Reiko
A1A2 木曜4限
Thu 4th
<環境ー社会>への語りと倫理

環境とは社会である。この講義では、<環境―社会>をめぐる諸問題をめぐる人々の語りと生の全体性のなかから、<倫理>の位相を探り出す。特に戦後日本の急激な<環境―社会>変動のなかで、地域性や共同性に基づくローカルな価値が集権的公共性の価値の劣位に組み入れられることで、<環境―社会>が乖離していく状況を考察する。そこから、環境をめぐる現在的諸課題を明らかにする。具体的な事例として、水俣病や新潟水俣病、メガイベント開発、原発問題などを扱う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 315教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190074
GHS-XX6A01L1
環境と災害を「物語る」
"Narrating" Environments and Disasters
関 礼子
SEKI Reiko
A1A2 木曜4限
Thu 4th
<環境ー社会>への語りと倫理

環境とは社会である。この講義では、<環境―社会>をめぐる諸問題をめぐる人々の語りと生の全体性のなかから、<倫理>の位相を探り出す。特に戦後日本の急激な<環境―社会>変動のなかで、地域性や共同性に基づくローカルな価値が集権的公共性の価値の劣位に組み入れられることで、<環境―社会>が乖離していく状況を考察する。そこから、環境をめぐる現在的諸課題を明らかにする。具体的な事例として、水俣病や新潟水俣病、メガイベント開発、原発問題などを扱う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 315教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10708 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account