ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
3794-157
GEN-NP5m74S1
福島学演習
岡本 孝司
Koji Okamoto
A1A2 月曜
Mon 

福島第一原子力発電所の事故は、日本で原子力を学ぶ者にとって重要な問題である。事故の物理的な進展を知るだけではなく、組織や人が具体的にどのように対応を行っていったかを考える事は、これからの原子力を考える上での基礎となる。工学的な課題だけにとどまらず、事故の社会的なインパクトや、国民の信頼といった社会科学的な課題についても重要な視点となる。福島学として体系的に、工学的、社会学的な課題を学ぶことを目的とする。 ** Fukushima Dai'ichi NPP accident is an important subject for students to learn nuclear engineering in Japan. Understanding of responses of organizations and peoples, as well as physical aspect of the accident, may be the fundamental of the next coming nuclear engineering. Not only engineering subjects, but also social subjects such as social impact and confidence from the public are important viewpoints. Objective is that these technical and social subjects are systematically lectured as Fukushi-gaku.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) 原子力専攻講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-156
GEN-NP5m73L1
福島学
岡本 孝司
Koji Okamoto
A1A2 木曜
Thu 

福島第一原子力発電所の事故は、日本で原子力を学ぶ者にとって重要な問題である。事故の物理的な進展を知るだけではなく、組織や人が具体的にどのように対応を行っていったかを考える事は、これからの原子力を考える上での基礎となる。工学的な課題だけにとどまらず、事故の社会的なインパクトや、国民の信頼といった社会科学的な課題についても重要な視点となる。福島学として体系的に、工学的、社会学的な課題を学ぶことを目的とする。 ** Fukushima Dai'ichi NPP accident is an important subject for students to learn nuclear engineering in Japan. Understanding of responses of organizations and peoples, as well as physical aspect of the accident, may be the fundamental of the next coming nuclear engineering. Not only engineering subjects, but also social subjects such as social impact and confidence from the public are important viewpoints. Objective is that these technical and social subjects are systematically lectured as Fukushi-gaku.

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) JAEA講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3789-039
GEN-NM6m10L3
原子力安全学E (Nuclear Safety Engineering)
Nuclear Safety Engineering
関村 直人
Naoto SeKimura
A1A2 月曜4限
Mon 4th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工8号館 工502号室(工学部8号館)
講義使用言語 Language:英語 English
31D290-0263S
人間の安全保障演習VIII
Seminar on Human Security VIII
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 集中
Intensive 
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3794-095
GEN-NP5m53L1
原子力危機管理学
Nuclear Crisis Management
工藤 久明
Hisaaki Kudo
A1A2 金曜
Fri 

原子力分野では、1979年の米国スリーマイル島事故、1986年の旧ソ連チェルノブイル事故、1999年のJCO事故、2011年に福島第一原子力発電所事故が発生した。これらの他にも、原子力発電所における種々のトラブル等が起きており、危機管理の一層の充実が必要となっている。一方、近年の世界情勢においては、核不拡散、保障措置、核物質防護に関してもその重要性がますます増加している。このような観点から、受講者が原子力の危機管理、原子力防災、核物質管理等の重要性と具体的な内容を習得することを目的とする。 ** Crisis management is becoming increasingly important after Fukushima Dai'ichi Accident.Moreover, non-proliferation, safeguard and physical protection (PP) is also becoming important under current international affairs. Object of this subject is to lecture crisis management, countermeasure to nuclear disaster, and physical protection.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: その他(学内等) JAEA講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08X1002
FAS-XA4B02L1
科学技術社会論
Introduction to Science and Technology Studies
藤垣 裕子
FUJIGAKI Yuko
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
科学技術社会論の概論

現代社会において科学/技術の発展はめざましく、生活の隅々にまで浸透し、かつ社会およびその構成員一人一人の安全やリスクに直結する形ですすんでいる。環境、食糧、医療、情報、災害などさまざまな分野において、科学/技術と社会との接点の問題の調停が求められている。空気感染の可能性のある鳥インフルエンザの遺伝子情報は、バイオテロを考慮して論文として公表にしないほうがいいのだろうか、情報技術のグローバル化にともなう各国の法整備はどうあるべきか、そして東日本大震災後の原子力発電所事故はなぜハイテク国日本で起こってしまったのか、など、自然科学の個別の学問領域を越えた複合領域の問題はたくさんある。最先端科学と技術は、自然科学の個別の学問領域を越えて、外交や国際関係、法律そして社会制度の関係する複合領域の問題(科学技術のガバナンス)となりつつある。本授業では、このような膨大な境界領域の問題を扱う学問分野である科学技術社会論(STS)という学問領域を概観し、学生の皆さんによる自主的な事例分析を通して、その手法を学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場15号館 15-104
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
30276
CAS-GC1D62L1
科学技術基礎論Ⅱ
Science and Technology Studies II
佐野 和美
SANO Kazumi
S1S2 月曜5限
Mon 5th
科学技術と社会の間を考える

科学技術は、日々進歩し複雑化している。私たちの生活を便利かつ豊かにしてくれる反面、難解になりすぎて近寄り難いものだと思われがちである。科学は決して万能ではない。しかし、難しくなりすぎた科学技術は市民にとって遠い存在になってしまう。市民自らが科学技術の是非を判断するべきとされ科学リテラシーの必要性が叫ばれているが、科学技術と社会との距離が遠い状況では、なかなか理解が進まない。 この授業では、科学技術を享受する市民の立場、そして科学技術を使う科学者・技術者の立場、双方の立場にたって科学技術のあり方を考えていく。 テーマは、生命倫理に関わる問題、地球温暖化やゴミ処理などの環境問題、福島第一原子力発電所の事故関連の問題など身近な話題を中心に、受講者の興味と関心によって変える可能性がある(ちなみに、2018年度は、原子力、疑似科学、戦争と科学、科学の価値、生命倫理などを取り上げた)。テーマの数によって、授業の構成を変える可能性があります。ディスカションをしながら、自分事として考えていくことを期待する。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場12号館 1214教室 Komaba Bldg.12 Room 1214
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D1404
FAS-DA4F04L3
文明論
Civilization and Technologies
萩原 優騎
HAGIWARA Yuki
S1S2 金曜5限
Fri 5th
Civilization and Technologies

The purpose of this lecture is to consider the relationship between science/technology and society in modern civilization. What is the influence of modern civilization based on science/technology? The contemporary situation is called risk society where people have to tackle the difficulties caused by science/technology itself. As Alvin Weinberg mentioned, questions on these difficulties can be asked of science and yet cannot be answered by science. What is a necessary condition to achieve better decision-making in such a situation?

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 114教室 Komaba Bldg.1 Room 114
講義使用言語 Language:英語 English
47143-06
GFS-IB6D02L3
科学技術英語討論演習
Debate on Topics in Science and Technology
大矢 禎一
OYA Yoshikazu
S1S2 集中
Intensive 
科学技術英語討論演習(外国人留学生向け) Debate on Topics in Science and Technology (for foreign students)

生命科学の研究対象は「地球の構成要素である生命体」であり、「我々人間」でもある。従って「生命科学」は「地球規模の問題」や「人間社会の問題」と深いつながりを持っている。そこでこの英語討論演習ではこれらの課題について専門家が話題提供するとともに、受講生自らが状況分析や問題提起を積極的に行って、討論演習を行う。 Target of Biological Science is to understand and study “living organisms” including “human being” that are present on the earth. Therefore, Biological Science is tightly linked to the global issues and many aspects in human society. Lecture, presentation and discussion on these issues in this course will inspire you to be expert and active on the ethical issues in Biological Science.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F 講義室 Biosciences, GSFS Lecture Room, B1.
講義使用言語 Language:英語 English
08F1304
FAS-FA4D04L1
横断型 University-wide
科学技術リテラシー論II
Science Literacy-A Course of Lectures II
松本 真由美
MATSUMOTO Mayumi
A1A2 未定
To Be Arranged 
科学技術リテラシー論Ⅱ

本講義では、担当主教員のほか、科学コミュニケーションが求められる現場の第一線で活躍するゲスト講師をお招きし、実践的な科学コミュニケーションについて学ぶ。学生は自らの科学コミュニケーター像を想定し、「伝える」「聞く」「質問する」「議論の調整」など科学コミュニケーションのスキルを養成するとともに、科学についての正しい情報をいかに社会に伝えるかを考察し、演習する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13968 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account