ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
0540046
FSC-BS3O09L1
植物発生学II
Plant Developmental Biology II
平野 博之
HIRANO, Hiroyuki
A1A2 金曜2限
Fri 2nd

被子植物の花は非常に多様である.この花は,どのような遺伝子の働き,どのようなメカニズムにより,発生し,形作られていくのであろうか?本講義では,被子植物の生殖成長期の発生に焦点を当て,花成誘導,花の発生・分化,メリステムの転換や維持などについて,基礎から最新の研究成果にわたって紹介する.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部2号館 223 Faculty of Science Bldg.2 223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0515088
FSC-PH4E30L1
普遍性生物学
Universal Biology
金子 邦彦
KANEKO Kunihiko
A1A2 金曜3限
Fri 3rd

生命システムが満たすべき普遍構造を理論物理学の立場から議論する。分子、細胞、個体、生態系という異なる階層間での発展ダイナミクスクの整合性を指導原理として、複製、適応、発生、進化の普遍法則を追及する。人工細胞の複製、細胞の適応、多細胞生物の発生過程、人工的進化などの構成的実験をふまえつつ、複製系の統計法則、生命情報の起源、相互触媒制御による適応、発生現象の安定性、細胞分化の不可逆性、ゆらぎと進化の関係、遺伝子型―表現型対応の安定性の理論を述べ、生命システムを理解するための物理理論の方向性を議論したい。 Through this course, we discuss universal features in biological systems with the aid of concepts in theoretical physics. Based on the consistency principle between different hierarchal layers including molecules, cells, organisms, and ecosystems, we study the dynamic behavior of complex biological systems. The topics include universal laws in replicating cell systems, an origin of biological information, environmental adaptation by complex reaction network, developmental robustness, irreversibility in stem cell differentiation, a relationship between phenotypic fluctuation and evolution.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35603-0114
GSC-PH5E30L2
普遍性生物学
Universal Biology
金子 邦彦
KANEKO Kunihiko
A1A2 金曜3限
Fri 3rd

生命システムが満たすべき普遍構造を理論物理学の立場から議論する。分子、細胞、個体、生態系という異なる階層間での発展ダイナミクスクの整合性を指導原理として、複製、適応、発生、進化の普遍法則を追及する。人工細胞の複製、細胞の適応、多細胞生物の発生過程、人工的進化などの構成的実験をふまえつつ、複製系の統計法則、生命情報の起源、相互触媒制御による適応、発生現象の安定性、細胞分化の不可逆性、ゆらぎと進化の関係、遺伝子型―表現型対応の安定性の理論を述べ、生命システムを理解するための物理理論の方向性を議論したい。 Through this course, we discuss universal features in biological systems with the aid of concepts in theoretical physics. Based on the consistency principle between different hierarchal layers including molecules, cells, organisms, and ecosystems, we study the dynamic behavior of complex biological systems. The topics include universal laws in replicating cell systems, an origin of biological information, environmental adaptation by complex reaction network, developmental robustness, irreversibility in stem cell differentiation, a relationship between phenotypic fluctuation and evolution.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 233 Faculty of Science Bldg.1 (center) 233
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
47170-62
GFS-HE6H04L1
適応生理科学特論
Physiological Science of Adaptation to Exercise
石井 直方
ISHII Naokata
S1S2 集中
Intensive 
運動に対する身体の適応とその応用

身体は刺激を受容して反応することによりその恒常性を維持する一方、継続的な刺激に対して適応することにより、環境に即して柔軟に自らを作りかえるという可塑性をもっている。このように、恒常性と可塑性という、一見相反する性質を巧みに使い分ける点は、生命の本質のひとつとして捉える必要がある。したがって、身体の適応について理解することは、生命科学を学ぶ学生のみならず、身体運動科学やスポーツ科学を学ぶ学生にとっても重要な課題のひとつといえる。一方、身体はさまざまな組織・器官からなる複雑系であり、その適応のメカニズムもまた複雑である。本講義では、メカニカルストレス、運動、温度環境などに対して著しい適応を示す運動器(筋・骨格系)や内分泌・代謝系に焦点を絞り、それらの適応のメカニズムとそれを応用した運動・トレーニング法などについて学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域環境棟 2F 講義室2 Environmental Studies, GSFS Lecture Room 2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
30394
CAS-GC1E32L1
植物科学
Plant Science
和田 元
WADA Hajime
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
植物科学

植物学の初歩を講義する。内容はほぼ以下の通りである。 1.生物の系統   真核生物と原核生物、共生説、植物・動物・菌類 2.植物の構造   細胞壁、原形質連絡、細胞間隙、液胞、分裂組織、維管束、根・茎・葉 3.水と溶質の吸収と移動   吸水、移動、蒸散、気孔の構造と機能、同化物質の転流 4.成長と分化   発芽・伸長と分裂の制御、組織培養法、分化の全能性、植物ホルモン 5.生殖   花の構造、重複受精、自家不和合性 6.環境応答   屈性、青色光反応、フィトクローム、ストレス応答、生体防御、   二次代謝 7.窒素代謝   窒素同化、窒素固定、アミノ酸の合成、根粒形成 8.光合成   光合成細菌、ラン藻、葉緑体の構造と機能、光化学系Ⅰ、Ⅱ、   光リン酸化反応、   カルビン回路、C3植物とC4植物、光呼吸、ペルオキシゾーム

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場5号館 512教室 Komaba Bldg.5 Room 512
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0540041
FSC-BS3O04L1
植物生理学I
Plant Physiology I
福田 裕穂
FUKUDA, Hiroo
S1S2 金曜1限
Fri 1st

動物とは対極にある植物の生存戦略を分子レベルから追求し,その特徴を捉えることを目的とする.植物の発生・成長・分化のあらゆる局面で決定的役割を果たす植物ホルモン作用の分子レベルでの機能を中心にして,植物内での情報伝達について概説する.また,植物の特徴である光などに対する鋭敏な環境応答機構について講義すると共に,微生物との相互作用について,最新のデータをもとに議論する.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部2号館 223 Faculty of Science Bldg.2 223
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
35617-0003
GSC-BS6203L1
光計測生命学特論
Special Lectures on Advanced Photon Life Sciences
上村 想太郎
Uemura, Sotaro
S1S2 火曜4限
Tue 4th
光計測生命学特論 Lectures on Advanced Photon Life Sciences

生物は,光を感受しそれに応答することによって地球環境に適応している.また,植物が光をエネルギー源として生み出す有機物や酸素が,我々の生存を支えている.一方生物学研究に目を向けると,光を用いた様々な技術が,原子から個体レベルにいたる多様な階層の研究活動を支えている.光と生物の関係を様々な角度から捉えた最先端の研究について,演習を交えつつ概説する. Living organisms sense and respond to light in the environment. Organic molecules and oxygen, which are made by photosynthesis of plants, support our life. Light (or photons) is also utilized in a wide variety of research in biological sciences, for multiple layers of life from atoms to bodies. Lectures will be delivered on many topics on the relationship of life and light. Students are requested to submit a short paper (test) at the end of each lecture.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館東棟 279講義室 Faculty of Science Bldg.1 (east) Room #279
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D281-1040S
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M281-1040S
生命環境科学特別講義IV
Topics in Life and Environmental Sciences IV
宮田 麻理子
S1S2 集中
Intensive 
脳神経回路の可塑性と脳機能・脳障害

本講義では、発達期や感覚入力依存的な神経回路の改変、可塑性と神経機構を理解するとともに神経疾患との関係を学修することを目的としている。講義では、感覚器系の発達可塑性を中心に概説し、これらと関連する神経発達障害である自閉症の神経メカニズムや臨界期形成などについても、最近の知見について概説する。具体的には、特に体性感覚に関わる視床ついて注目し、それらのニューロン活動、シナプスにおける情報伝達、発達期におけるシナプス除去と維持機構の分子メカニズムを概説する。発達期の神経回路可塑性の障害によると考えられる自閉症や代表的な神経疾患の病態を紹介し、その中で神経回路の変容と症候の関係性を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
40027
CAS-GC1E35L1
現代生命科学Ⅱ(文科生、理一生)
Current Biological Sciences II
FERJANI Ali
FERJANI Ali
S2 火曜2限
Tue 2nd
植物の不思議を考える

植物に関するさまざまな内容を幅広く理解することを目標とする。 植物特有の現象に焦点を当てながら,植物の形態,生理,生化学などを中心に取り扱う。特に、植物のからだの成り立ちとそれを構成する主要な器官の形態形成・発生制御の仕組みについて取り上げ、総合的に解説する。また、現代の植物生理学の中心となっているモデル植物「シロイヌナズナ」について詳説し、シロイヌナズナを利用することで、どのように遺伝子が持つ生理学的機能を明らかにできるかについて紹介する。

単位 Credit:1
教室 Room: 駒場5号館 531教室 Komaba Bldg.5 Room 531
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12405 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account