ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
291330-05
GEC-EC6328L9
Beyond GDP: welfare and fairness
Beyond GDP: welfare and fairness
加藤 晋
S1 月曜2限 月曜3限
Mon 2nd Mon 3rd

本講義においては、厚生経済学と正義論の現代的議論に注目しながら、どのように政策評価を行う方法を構築すればよいか考える。思想的アプローチとミクロ経済学的アプローチの両者を用いながら、社会の規範原理の可能性について探りたい。GDPと功利主義のふたつの支配的原理を超えて、適切な評価を考える道具立てを実践的視点も踏まえつつ提供することを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 第7教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-303-01
GLP-LP6201L1
現代法哲学
Philosophy of Law (Special Study)
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6571
GLP-LS6315L1
現代法哲学
Contemporary Philosophy of Law
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0704259
FEC-CE4801L1
Beyond GDP:Welfare and Fairness
Beyond GDP:Welfare and Fairness
加藤 晋
S1 月曜2限 月曜3限
Mon 2nd Mon 3rd
Beyond GDP:Welfare and Fairness/ Beyond GDP:Welfare and Fairness

本講義においては、厚生経済学と正義論の現代的議論に注目しながら、どのように政策評価を行う方法を構築すればよいか考える。思想的アプローチとミクロ経済学的アプローチの両者を用いながら、社会の規範原理の可能性について探りたい。GDPと功利主義のふたつの支配的原理を超えて、適切な評価を考える道具立てを実践的視点も踏まえつつ提供することを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 第7教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0119015S
FLA-SE4707S2
比較政治演習(外国語科目)
Seminar in Comparative Politics
大串 和雄
Kazuo Ogushi
A1A2 月曜5限
Mon 5th
ラテンアメリカの移行期正義―真実・正義・和解・記憶

 「移行期正義」とは、独裁や内戦状態から脱した国で、過去に犯された深刻な人権侵害にいかに対処するかという問題領域であり、具体的な措置としては、加害者の訴追(または免責)、真相究明委員会の設置、被害者への賠償、記念行事、国家による謝罪、加害者の公職追放、再発防止のための制度改革などが含まれる。1970年代末から民主化の波を経験したラテンアメリカは、今日世界的潮流になっている移行期正義の発祥の地と見なされている。  独裁や内戦を脱したラテンアメリカの諸国は、難しいジレンマに立たされた。どの国でも、軍が大きな力を保持しており、加害者の責任を本格的に追求するとクーデターを誘発する恐れがあった。しかし人権侵害の犠牲者やその家族たちは、加害者の処罰や真相の究明を求めて粘り強い運動を展開した。その結果、いまだ不十分であるものの、国際的な比較の観点で言えばラテンアメリカは、移行期正義が相対的に進展した地域となっている。本演習は、ラテンアメリカの移行期正義の経験から、そこに絡む様々な問題について考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 本郷その他(学内等) 各演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5122286
GPP-MP6P20L1
ラテンアメリカの移行期正義―真実・正義・和解・記憶
Transitional Justice in Latin America: Truth, Justice, Reconciliation, and Memory
大串 和雄
Kazuo Ogushi
A1A2 月曜5限
Mon 5th

 「移行期正義」とは、独裁や内戦状態から脱した国で、過去に犯された深刻な人権侵害にいかに対処するかという問題領域であり、具体的な措置としては、加害者の訴追(または免責)、真相究明委員会の設置、被害者への賠償、記念行事、国家による謝罪、加害者の公職追放、再発防止のための制度改革などが含まれる。1970年代末から民主化の波を経験したラテンアメリカは、今日世界的潮流になっている移行期正義の発祥の地と見なされている。  独裁や内戦を脱したラテンアメリカの諸国は、難しいジレンマに立たされた。どの国でも、軍が大きな力を保持しており、加害者の責任を本格的に追求するとクーデターを誘発する恐れがあった。しかし人権侵害の犠牲者やその家族たちは、加害者の処罰や真相の究明を求めて粘り強い運動を展開した。その結果、いまだ不十分であるものの、国際的な比較の観点で言えばラテンアメリカは、移行期正義が相対的に進展した地域となっている。本演習は、ラテンアメリカの移行期正義の経験から、そこに絡む様々な問題について考察する。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 A2演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-304-53
GLP-LP6316S1
ラテンアメリカの移行期正義―真実・正義・和解・記憶
Comparative Politics (Special Study)
大串 和雄
Kazuo Ogushi
A1A2 月曜5限
Mon 5th

 「移行期正義」とは、独裁や内戦状態から脱した国で、過去に犯された深刻な人権侵害にいかに対処するかという問題領域であり、具体的な措置としては、加害者の訴追(または免責)、真相究明委員会の設置、被害者への賠償、記念行事、国家による謝罪、加害者の公職追放、再発防止のための制度改革などが含まれる。1970年代末から民主化の波を経験したラテンアメリカは、今日世界的潮流になっている移行期正義の発祥の地と見なされている。  独裁や内戦を脱したラテンアメリカの諸国は、難しいジレンマに立たされた。どの国でも、軍が大きな力を保持しており、加害者の責任を本格的に追求するとクーデターを誘発する恐れがあった。しかし人権侵害の犠牲者やその家族たちは、加害者の処罰や真相の究明を求めて粘り強い運動を展開した。その結果、いまだ不十分であるものの、国際的な比較の観点で言えばラテンアメリカは、移行期正義が相対的に進展した地域となっている。本演習は、ラテンアメリカの移行期正義の経験から、そこに絡む様々な問題について考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 A2演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5122294
GPP-MP6P20L1
紛争、独裁後の移行期正義―真実・正義・和解・記憶
Transitional Justice after Conflict and Dictatorship: Truth, Justice, Reconciliation, and Memory
大串 和雄
Kazuo Ogushi
S1S2 水曜4限
Wed 4th

 「移行期正義」とは、独裁や内戦状態から脱した国で、過去に犯された深刻な人権侵害にいかに対処するかという問題領域であり、具体的な措置としては、加害者の訴追(または免責)、真相究明委員会の設置、被害者への賠償、記念行事、国家による謝罪、加害者の公職追放、再発防止のための制度改革などが含まれる。  移行期正義はどのような発展を遂げてきたのか、移行期正義は各国においてどのように展開するのか、移行期正義の措置にはどのような効果が認められるのか、移行期正義と「和解」の関係はどのようなものか、「記憶」は移行期正義とどのように関わるのか、授業ではこのような問題について理解を深めることを目的としている。  

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 A2演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0650S
GAS-SI6B01L1
公共哲学I
Public Philosophy I
井上 彰
INOUE Akira
S1S2 水曜5限
Wed 5th
分析的政治哲学の諸相1

本演習では、現代の英語圏を中心に進展著しい分析的政治哲学を扱う。政治哲学は、広く政治社会を支える規範ないし価値がどういうものかについて探究する学問である。今日の英語圏の哲学は19世紀に生まれ、20世紀初等から飛躍的な発展を遂げた分析哲学が中心となっており、政治哲学もその影響下にある。本演習では、その分析哲学の道具立てを用いる分析的政治哲学の方法(論)に則って、政治哲学上の鍵概念である「正義」「自由」「平等」等を解明し、それら諸概念の布置を各自で適正に行うスキルを養成する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場11号館 1109教室 Komaba Bldg.11 Room 1109
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-0650S
GAS-SI6B01L1
公共哲学I
Public Philosophy I
井上 彰
INOUE Akira
S1S2 水曜5限
Wed 5th
分析的政治哲学の諸相1

本演習では、現代の英語圏を中心に進展著しい分析的政治哲学を扱う。政治哲学は、広く政治社会を支える規範ないし価値がどういうものかについて探究する学問である。今日の英語圏の哲学は19世紀に生まれ、20世紀初等から飛躍的な発展を遂げた分析哲学が中心となっており、政治哲学もその影響下にある。本演習では、その分析哲学の道具立てを用いる分析的政治哲学の方法(論)に則って、政治哲学上の鍵概念である「正義」「自由」「平等」等を解明し、それら諸概念の布置を各自で適正に行うスキルを養成する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場11号館 1109教室 Komaba Bldg.11 Room 1109
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13558 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account