ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
25-304-20
GLP-LP6306L1
国際行政論
Science of Public Administration (Special Study)
城山 英明
Hideaki Shiroyama
A1A2 金曜1限
Fri 1st
国際行政論

国際行政とは国境を越えた相互依存にともなう諸課題を解決するための様々な組織的マネジメントである。多国間国際組織の活動のみならず、二国間等の調整活動やNGO等の活動も含まれる。国際組織と国、NGOといった組織間関係のマネジメントも1つの焦点である。国際行政は2つの特質を持つ。第1に国際行政の対象は多量かつ多様である。第2に国際行政活動は諸主権国家制という分権的な統治制度の下で行われる。本講義では以上のような基本的特質を持つ国際行政現象について、組織論、管理論(財政、人事等)、活動論の観点から行政学的に分析することを試みる。活動論に関しては、国際安全保障(国際刑事司法を含む)、国際援助、専門的技術的行政(国際的規制調和等)の具体的事例をとりあげる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 26番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5112090
GPP-MP5P10L1
国際行政論
International Administration
城山 英明
Hideaki Shiroyama
A1A2 金曜1限
Fri 1st
国際行政論

国際行政とは国境を越えた相互依存にともなう諸課題を解決するための様々な組織的マネジメントである。多国間国際組織の活動のみならず、二国間等の調整活動やNGO等の活動も含まれる。国際組織と国、NGOといった組織間関係のマネジメントも1つの焦点である。国際行政は2つの特質を持つ。第1に国際行政の対象は多量かつ多様である。第2に国際行政活動は諸主権国家制という分権的な統治制度の下で行われる。本講義では以上のような基本的特質を持つ国際行政現象について、組織論、管理論(財政、人事等)、活動論の観点から行政学的に分析することを試みる。活動論に関しては、国際安全保障(国際刑事司法を含む)、国際援助、専門的技術的行政(国際的規制調和等)の具体的事例をとりあげる。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 26番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0119976
FLA-PS4718L1
特別講義 国際行政論
International Administration
城山 英明
Hideaki Shiroyama
A1A2 金曜1限
Fri 1st
国際行政論

国際行政とは国境を越えた相互依存にともなう諸課題を解決するための様々な組織的マネジメントである。多国間国際組織の活動のみならず、二国間等の調整活動やNGO等の活動も含まれる。国際組織と国、NGOといった組織間関係のマネジメントも1つの焦点である。国際行政は2つの特質を持つ。第1に国際行政の対象は多量かつ多様である。第2に国際行政活動は諸主権国家制という分権的な統治制度の下で行われる。本講義では以上のような基本的特質を持つ国際行政現象について、組織論、管理論(財政、人事等)、活動論の観点から行政学的に分析することを試みる。活動論に関しては、国際安全保障(国際刑事司法を含む)、国際援助、専門的技術的行政(国際的規制調和等)の具体的事例をとりあげる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 26番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-303-01
GLP-LP6201L1
現代法哲学
Philosophy of Law (Special Study)
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6571
GLP-LS6315L1
現代法哲学
Contemporary Philosophy of Law
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5171015
GPP-DP6E70L1
国際金融・開発研究:経済学系(国際開発政策・評価論)
International Finance and Development: Economics(International Development Policy and Evaluation)
青柳 恵太郎
S1S2 月曜5限
Mon 5th

エビデンスに基づく国際開発発援助実践(Evidence-Informed Practice)のために必要となる基礎知識の習得を目指す。具体的には、①エビデンス(介入効果の検証結果)を用いた開発援助プロジェクトの立案ができるようになること、②有効性が実証されていない介入については、その検証方法(評価デザイン)を描けるようになることの2点を目標とする。後者については、特にランダム化比較試験(Randomized Controlled Trial:RCT)による効果検証を中心に据え、開発援助実務者の視点から実践方法について学ぶ。 RCTは確証度のもっとも高いエビデンスを作り出せる分析手法である。その基本的な考え方は、対象者を処置群(介入を受けるグループ)と対照群(受けないグループ)にランダムに割り当て、処置群への介入実施後に両群の状態を比較するという非常に単純なものである。しかし、現実社会のなかでRCTによってエビデンスをつくり出す際には、開発課題を明確化させることに始まり、政策担当者や現場担当者との合意形成、検証方法のデザイン策定、実施プロセス管理、データ収集、分析、そして結果のまとめといった非常に泥臭いプロセスの中で様々な課題やつまずきに頻繁に直面することになる。本講義では現実味のある環境を想定した演習の中で準備からデータ分析までの一連のプロセスを体感することで、実践力を養成することを重視する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室B International Academic Research Bldg. Seminar Room B
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5123062
GPP-MP6E20L1
国際開発政策・評価論
International Development Policy and Evaluation
青柳 恵太郎
S1S2 月曜5限
Mon 5th

エビデンスに基づく国際開発発援助実践(Evidence-Informed Practice)のために必要となる基礎知識の習得を目指す。具体的には、①エビデンス(介入効果の検証結果)を用いた開発援助プロジェクトの立案ができるようになること、②有効性が実証されていない介入については、その検証方法(評価デザイン)を描けるようになることの2点を目標とする。後者については、特にランダム化比較試験(Randomized Controlled Trial:RCT)による効果検証を中心に据え、開発援助実務者の視点から実践方法について学ぶ。 RCTは確証度のもっとも高いエビデンスを作り出せる分析手法である。その基本的な考え方は、対象者を処置群(介入を受けるグループ)と対照群(受けないグループ)にランダムに割り当て、処置群への介入実施後に両群の状態を比較するという非常に単純なものである。しかし、現実社会のなかでRCTによってエビデンスをつくり出す際には、開発課題を明確化させることに始まり、政策担当者や現場担当者との合意形成、検証方法のデザイン策定、実施プロセス管理、データ収集、分析、そして結果のまとめといった非常に泥臭いプロセスの中で様々な課題やつまずきに頻繁に直面することになる。本講義では現実味のある環境を想定した演習の中で準備からデータ分析までの一連のプロセスを体感することで、実践力を養成することを重視する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室B International Academic Research Bldg. Seminar Room B
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2116
FAS-CA4J15L1
特殊講義II[イギリス研究コース]
Lectures on Special Topics II [British Studies]
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
現代アフリカを中心とした政治・国際関係

国際社会の中において、(主に独立後の)アフリカ諸国が抱えてきた諸問題を俯瞰するための多角的な視点を提供する講義等を行う。アフリカ諸国の国家や政治体制、政治変動の特徴、政治経済の論理と援助の潮流、国際関係における位置の変容、あるいはグローバル化との関わり、多発する紛争とその変容、並びに「紛争後」の諸課題などの問題を検討する。また、これらの作業を通じて比較政治学、ならびに国際政治学の理論に提起されてくる諸問題について考察を加えるほか、政策的課題についても検討を加える。授業では、講義のほかに、より立体的な理解を深めるために、アフリカに関する様々なビデオ鑑賞を行い、感想レポート提出を求める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C321610
FAS-CA4U17L1
特殊講義「アフリカ国際関係」
Lectures on Special Topics (International Relations of Africa)
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
現代アフリカを中心とした政治・国際関係

国際社会の中において、(主に独立後の)アフリカ諸国が抱えてきた諸問題を俯瞰するための多角的な視点を提供する講義等を行う。アフリカ諸国の国家や政治体制、政治変動の特徴、政治経済の論理と援助の潮流、国際関係における位置の変容、あるいはグローバル化との関わり、多発する紛争とその変容、並びに「紛争後」の諸課題などの問題を検討する。また、これらの作業を通じて比較政治学、ならびに国際政治学の理論に提起されてくる諸問題について考察を加えるほか、政策的課題についても検討を加える。授業では、講義のほかに、より立体的な理解を深めるために、アフリカに関する様々なビデオ鑑賞を行い、感想レポート提出を求める。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-207 Komaba Bldg.8 Room 8-207
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291330-05
GEC-EC6328L9
Beyond GDP: welfare and fairness
Beyond GDP: welfare and fairness
加藤 晋
S1 月曜2限 月曜3限
Mon 2nd Mon 3rd

本講義においては、厚生経済学と正義論の現代的議論に注目しながら、どのように政策評価を行う方法を構築すればよいか考える。思想的アプローチとミクロ経済学的アプローチの両者を用いながら、社会の規範原理の可能性について探りたい。GDPと功利主義のふたつの支配的原理を超えて、適切な評価を考える道具立てを実践的視点も踏まえつつ提供することを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 第7教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13720 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account