ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
25-303-01
GLP-LP6201L1
現代法哲学
Philosophy of Law (Special Study)
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6571
GLP-LS6315L1
現代法哲学
Contemporary Philosophy of Law
井上 達夫
Tatsuo Inoue
S1S2 水曜4限
Wed 4th

基本的な実定法諸科目の既習者を対象として、現代法哲学の主要問題に関する基礎知識と思考能力を習得させることにより、法という人間の社会的実践につき、その特質の総合的・巨視的な把握、その指導理念と存在理由の内在的理解、そしてその限界の自覚と発展的改変のための批判的な視座を養うことを目的とする。そのために、法概念論と正義論という現代法哲学の二大分野それぞれにおける基本的な概念や係争点と両分野の内在的関係について、受講生の理解の涵養と深化を目指す。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190605
GHS-GC6E01L1
カントの観念論論駁の諸文脈
Contexts of Kant's Refutation of Idealism
城戸 淳
A2 集中
Intensive 

カントの『純粋理性批判』における「観念論論駁」を焦点ないし切り口にして、その前史、自己意識論や時間論となどの関連テーマ、その後の展開、同時代の受容と批判など諸文脈について考察する。デカルトのコギトとイデアの哲学は「観念論」へと帰着して、近世哲学の宿痾となり、前批判期のカントもこれに取り組んだ。『純粋理性批判』の第四誤謬推理は、「デカルト的な観念論」を斥けて、新たな超越論的観念論を樹立する試みであった。これに対して、カントの立論をバークリーの観念論に擬える書評が出て、カントの激昂を招き、『プロレゴメナ』での駁論に繋がる。さらに『純粋理性批判』第二版は「観念論論駁」を加えて、観念論に正面から対決する陣容を拡充する。とはいえこの観念論論駁は、超越論的感性論や第三誤謬推理などにおける自己意識と時間をめぐる批判的な考察を、あらためて論証として集約してみせたものであった。また第二版には、自己触発論をはじめ、観念論論駁の脇を固める議論が追加されている。ところが、観念論論駁の論証も満足のゆくものではなく、その後もカントは最晩年にいたるまで遺稿や『オープス・ポストゥムム』において、観念論論駁のより説得的な定式を模索した。老カントの執拗な努力は、ヤコービ、ピストリウス、エーバーハルト、ラインホルト、シュルツェ、マイモンといった同時代の哲学者たちによる超越論的観念論の受容や批判に応えようするものであった。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0790A
GAS-IC6C09L1
比較モダニティ論I
Comparative Studies of Modernity I
斉藤 渉
SAITO Sho
A1A2 未定
To Be Arranged 
カント『純粋理性批判』を読む(2)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 Aセメスターでは、超越論的分析論の第二編「原則の分析論」(上巻 218頁)から再開し、超越論的弁証論の第一編「純粋理性の概念について」(下巻 39頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0790A
GAS-IC6C09L1
比較モダニティ論I
Comparative Studies of Modernity I
斉藤 渉
SAITO Sho
A1A2 未定
To Be Arranged 
カント『純粋理性批判』を読む(2)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 Aセメスターでは、超越論的分析論の第二編「原則の分析論」(上巻 218頁)から再開し、超越論的弁証論の第一編「純粋理性の概念について」(下巻 39頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0790S
GAS-IC6C09L1
比較モダニティ論I
Comparative Studies of Modernity I
斉藤 渉
SAITO Sho
S1S2 水曜4限
Wed 4th
カント『純粋理性批判』を読む(1)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 まず、Sセメスターでは、超越論的分析論の第一編「概念の分析論」(上巻 217頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0101S
社会の自立と共同II
Self-Supporting System and Social Cooperation II
斉藤 渉
SAITO Sho
S1S2 水曜4限
Wed 4th
カント『純粋理性批判』を読む(1)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 まず、Sセメスターでは、超越論的分析論の第一編「概念の分析論」(上巻 217頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0790S
GAS-IC6C09L1
比較モダニティ論I
Comparative Studies of Modernity I
斉藤 渉
SAITO Sho
S1S2 水曜4限
Wed 4th
カント『純粋理性批判』を読む(1)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 まず、Sセメスターでは、超越論的分析論の第一編「概念の分析論」(上巻 217頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0101S
社会の自立と共同II
Self-Supporting System and Social Cooperation II
斉藤 渉
SAITO Sho
S1S2 水曜4限
Wed 4th
カント『純粋理性批判』を読む(1)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 まず、Sセメスターでは、超越論的分析論の第一編「概念の分析論」(上巻 217頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M310-5050S
欧州公共秩序思想
Philosophy of Public Order in Europe
斉藤 渉
SAITO Sho
S1S2 水曜4限
Wed 4th
カント『純粋理性批判』を読む(1)

I. カント(1724-1804)の『純粋理性批判』(第1版 1781、第2版 1787)は、彼の主著であるだけでなく、近代西洋哲学の最も重要な古典の一つです。人間の理性が理性自身の限界を問うという「批判哲学」の企ては、初版刊行後200年以上たった今日でも、哲学的思考を喚起するものとなっています。 『純粋理性批判』はきわめて大部かつ難解な著作です。2019年度Sセメスターから4セメスター(2年間)かけて読み切ることを目標としています。 まず、Sセメスターでは、超越論的分析論の第一編「概念の分析論」(上巻 217頁)まで読む予定です。 哲学史的背景について必要に応じて触れながらも、テクストにもとづいたディスカッションを中心に授業を進めます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12333 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account