ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
FEN-CO3144L1
FEN-CO3144L1
横断型 University-wide
数理手法IV
Mathematical Method IV
荻原 哲平
S1S2 水曜5限
Wed 5th

時間とともに変化する不確実な現象を記述し理解するには、確率過程論が重要な道具として用いられる。この講義では離散時間の確率過程論、特にマルチンゲール理論に関しての講義を行う。この講義では、測度論や積分論等の数学の専門的知識は前提とせず、とくに前半では確率空間が有限集合である場合を取り扱う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工63号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-CO3146L1
FEN-CO3146L1
横断型 University-wide
数理手法VI
Mathematical Method VI
荻原 哲平
A1A2 火曜5限
Tue 5th

時間とともに変化する不確実な現象を記述し理解するには、確率過程論が重要な道具として用いられる。この講義では数理手法IVに続き、離散時間の確率過程論の講義を行った後、連続時間の確率過程の理論について講義を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 工63号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08E1031
FAS-EA4B32L1
横断型 University-wide
確率統計I
Probability and Mathematical Statistics I
会田 茂樹
Shigeki Aida
S1S2 木曜4限
Thu 4th
確率論入門

まず離散確率変数の場合に,確率論の基礎的な概念を復習し,大数の法則,中心極限定理,ポアソンの少数の法則など基本的な定理を述べることから始める。マルコフ連鎖,ランダムウォーク,統計力学への応用など幅広い話題にも触れる予定である。その後,ルベーグ積分論による確率論の基礎づけを行う。離散から連続へと自然に確率論の理解を深めていくことを目指す。確率論の多様な基礎科学への応用を知るとともに,現代確率論の考え方の基礎を身につけることが目標である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 119室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0505125
FSC-MA2332L1
解析学IV
Analysis IV
伊藤 健一
ITO Kenichi
S1S2 水曜1限 水曜2限
Wed 1st Wed 2nd

ルベーグ積分および測度論の基礎を学ぶ.

単位 Credit:3
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 数理科学研究科棟 117講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0505150
FSC-MA3336L1
解析学Ⅳa
Analysis Ⅳa
伊藤 健一
ITO Kenichi
S1 水曜1限 水曜2限
Wed 1st Wed 2nd

ルベーグ積分および測度論の基礎を学ぶ.

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 数理科学研究科棟 117講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0505151
FSC-MA3337L1
解析学Ⅳb
Analysis Ⅳb
伊藤 健一
ITO Kenichi
S2 水曜1限 水曜2限
Wed 1st Wed 2nd

解析学Ⅳaに引き続き,ルベーグ積分および測度論の基礎を学ぶ.

単位 Credit:1.5
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 数理科学研究科棟 117講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08E1027
FAS-EA3B28L1
実解析学I
Real Analysis I
宮本 安人
MIYAMOTO Yasuhito
S1S2 金曜1限
Fri 1st
ルベーグ積分論

ルベーグ積分論について初歩から学ぶ.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 109室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0505068
FSC-MA4740L1
確率統計学XB
Probability and Statistics XB
長山 いづみ
NAGAYAMA, Idumi
S1S2 水曜3限
Wed 3rd

銀行や証券会社などの金融機関では、デリバティブと呼ばれる金融商品が取り扱われている。これらの商品の妥当な価格は、それに関連する株価や為替、金利などの市場変動に確率モデルを仮定することで、算出されている。 本講義ではまず、ポートフォリオ,デリバティブ等の金融用語の説明をはじめ,ファイナンスにおける基本的事項について解説する.そのうえで、デリバティブ価格を求めるための確率モデルが満たすべき性質、価格導出の原理などを考察する。これにより、新しい金融商品を考案したり、それを評価するための確率モデルを立て、価格を導出する上で必要となる基本事項を習得することを目標とする。 なお、デリバティブの価格付けの原理を理解することを主目的とするため,離散時間モデルにおける説明を丁寧に行い,連続時間モデルについてはモデルの考え方の説明と主たる結果の紹介にとどめる.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 数理科学研究科棟 128演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3734-076
現象数理モデル論
Theory of Mathematical Modeling on Complex Phenomena
栁澤 大地
A1A2 木曜2限
Thu 2nd

工学において現れる様々な複雑な現象を、主に確率的手法によってモデル化し理論的に取り扱う方法について学ぶ。 Master stochastic modeling and theoretical analysis on complex systems in engineering.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工7号館 工72号講義室 Faculty of Engineering Bldg.7 #72
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-91
統計財務保険特論I
Statistics Finance Actuary I
長山 いづみ
NAGAYAMA, Idumi
S1S2 水曜3限
Wed 3rd

銀行や証券会社などの金融機関では、デリバティブと呼ばれる金融商品が取り扱われている。これらの商品の妥当な価格は、それに関連する株価や為替、金利などの市場変動に確率モデルを仮定することで、算出されている。 本講義ではまず、ポートフォリオ,デリバティブ等の金融用語の説明をはじめ,ファイナンスにおける基本的事項について解説する.そのうえで、デリバティブ価格を求めるための確率モデルが満たすべき性質、価格導出の原理などを考察する。これにより、新しい金融商品を考案したり、それを評価するための確率モデルを立て、価格を導出する上で必要となる基本事項を習得することを目標とする。 なお、デリバティブの価格付けの原理を理解することを主目的とするため,離散時間モデルにおける説明を丁寧に行い,連続時間モデルについてはモデルの考え方の説明と主たる結果の紹介にとどめる.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 10597 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account