ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
0505063
FSC-MA3352L1
計算数学II
Computing for Mathematicians II
一井 信吾
Shingo Ichii
A1A2 木曜4限
Thu 4th
計算数学II

コンピュータを自力で学習・研究に役立てることができるようにするための訓練を行ないます。 実習を中心とし、自分で頭を使い、調べ、手を動かす時間です。 計算数学IIでは、実際の研究活動で出会うコンピュータやネットワークの活用を念頭におき、各自が選択したテーマを時間をかけて追究します。 最近のテーマの例としては、自然言語処理、深層学習、Webアプリケーション作成、ネットワークゲーム、TeX、JavaScriptなどのプログラミング課題、Androidアプリ、3Dグラフィックスなどがあげられますが、これらに留まらず自由な発想と意欲を持った方の参加を期待します。 期末には成果発表会を行い、成果を具体的に表現しアピールすることも重視します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 数理科学研究科棟 204 Graduate School of Mathmatical Science Bldg. 204
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
09199110
FED-IE2601L1
数学科教育法(実践)B
Practical Studies on Mathematics B
小張 朝子
Asako Kobari
S2 集中
Intensive 
数学科教育法Ⅳ

中等教育段階での数学科の授業を行うときに、事前に教材研究ができ、学習指導案が作成できるようになることを目標とする。単なる問題提示、その解説、演習という授業の流れにとどまらないためにはどのような点に注意すべきなのかを具体的な指導事例を中心に考察する。自分の受けてきた授業を振り返り、数学科の授業者に必要な知識・技術について考察する。中学校・高等学校の学校現場で指導している立場から、具体的な教材・資料・実践例を通して、数学教育に関するテーマを与える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5123300
GPP-MP6E20L3
Asian Financial Markets
Asian Financial Markets
河合 正弘
KAWAI Masahiro
S1S2 木曜5限
Thu 5th
Asian Financial Markets This course will provide an overview of the structure, development and challenges of financial markets in Asia, including ASEAN member countries, China, Japan, Korea, India and other emerging and developing economies in the region. Its primary focus is on how policymakers can achieve the right balance between financial development (through liberalization, innovation and inclusion) & opening and financial stability (through macroeconomic management, financial regulation and supervision, capital flow management, and international financial safety nets). Japanese and emerging Asian financial markets went through fundamental changes in the 1990s. The Japanese banking crisis and the Asian financial crisis of 1997-98 were instrumental in driving such changes. The global financial crisis of 2007-09 again affected Asian financial markets and has offered several lessons to be learned. The course emphasizes that open-economy financial policy would require significant attention to be paid to the trilemma hypothesis in international finance.

Please see the syllabus at the following site: http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2019/03/Kawai-AFM2019-Syllabus-GraSPP-Spring-Summer-20190307.pdf

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室D International Academic Research Bldg. Seminar Room D
講義使用言語 Language:英語 English
0505069
FSC-MA4912L1
数学史
History of Mathematics

A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-41
数学史
History of Mathematics
斎藤 憲
Ken Saito
A1A2 集中
Intensive 

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language: Japanese
35616-1025
GSC-EP6412L2
地球電磁気学
Geo-electromagnetics
清水 久芳
SHIMIZU, Hisayoshi
A1A2 火曜1限
Tue 1st
地球電磁気学 (Geo-electromagnetics)

地球電磁気学の基礎的事項について講義する。地球の電磁気的な性質が、地球の現在の活動と地球誕生後の進化過程に密接に関係していることの理解に重点を置く。 (This lecture gives fundamental issues of ge-electromagnetic methods. It will be emphasized to understand that electromagnetic properties of the Earth (and planets) are strongly related with dynamic processes of the Earth's interior and evolution of the Earth.)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 理学部1号館中央棟 336 Faculty of Science Bldg.1 (center) 336
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
5122400
GPP-MP6P20L3
Global Governance
Global Governance
TIBERGHIEN Yves
TIBERGHIEN Yves
A1A2 集中
Intensive 

Purpose of this course is obtaining a solid understanding and some critical skills at five levels: 1. The theoretical dilemmas of global governance in the current age; 2. The ability to unpack the process of creating global governance (comparing different arenas) 3. The ability to develop a pathway to analyze and solve governance problems; 4. A better empirical understanding of the particular historical juncture of our current period in a larger comparative perspective with a focus on the interplay between the US, the EU, Japan, and large emerging powers (China, India, Brazil) among others. 5. And empirical knowledge on four issue areas: global finance, climate change, and biosafety from the perspective of global governance, and a changing balance of power

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
35616-0003
GSC-EP5402L2
地球物理数学
Mathematical Methods in Geophysics
篠原 雅尚
SHINOHARA,Masanao
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
地球物理数学 Mathematical Methods in Geophysics

【授業内容】 学部で数理的手法を学ぶ機会が少なかった人を対象として、地球科学の諸現象・諸過程を記述する数学を理解するうえで必要な基礎的項目について解説する。 【授業細目】 1.ベクトルと行列 2.常微分方程式 3.ベクトルの微分とベクトル微分演算子 4.線積分と面積分 5.フーリエ級数とフーリエ積分 6.偏微分方程式 【Objective】 Fundamental mathematics needed for descriptions of various phenomena and processes in earth science is explained. This lecture is intended for graduate students who had few chances to take lectures for geophysical mathematics in undergraduate days. 【Contents】 1. Vector and matrix 2. Ordinary differential equation 3. Differential of vector and differential operator 4. Line integral and surface integral 5. Fourier series and Fourier integral 6. Partial differential equation

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 地震研究所 講義室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
08G10132
FAS-GA4A29L1
数学科教育法(実践)C(2)
Teaching Methods of Mathematics (Practical) C (2)
傍士 輝彦
HOUSHI Teruhiko
A1A2 未定
To Be Arranged 
中等数学科教育法(実践)C(2) (旧中等数学科教育法Ⅱ)

⽬標 ・ ⽣徒の実態把握と教材の作成⽅法について理解するとともに、主体的・対話的で深い学びが可能な授業構成、指導過程、⽣徒指導について理解する。 概要 ①現学習指導要領に盛り込まれている重点⽬標、数学的活動、課題学習などについて事例をもとに考察する。また、新学習指導要領についての要旨も同様に考察する。  授業の構成⽅法の理解を図るために、事例を介して教材研究の仕⽅、導⼊課題の作⽅、指導過程の作り⽅を解説する。  授業⾒学や⾃⼰作成された学習指導案による模擬授業を試みる。  授業⾒学や相互実施する模擬授業を通して、教師の指導の仕⽅や ⽣徒の様相の把握について理解する。 ② 講義では、討論や 実習を多く採り⼊れる予定である。 ③ 中高の実際の授業を⾒学するために外に出ることがある。(フ ィールドワーク)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08G10131
FAS-GA4A29L1
数学科教育法(実践)C(1)
Teaching Methods of Mathematics (Practical) C (1)
傍士 輝彦
HOUSHI Teruhiko
S1S2 集中
Intensive 
中等数学科教育法(実践)C(1) (旧中等数学科教育法Ⅰ)

⽬標 現⾏ の学習指導要領を基本とし、次期学習指導要領も鑑みながら、数学教育に関する⼀般的な知識を獲得すること、及び創造的な能⼒を育成するための教材やその指導法を理解する 概要 ①1 3回の内容を、およそ前半、中盤、後半の3期に分けて⼀連の授業を構成する。 前半期では、戦後の変遷や⽬標など数学教育の⼀般的な知識や現状、及び今後の課題や 次期学習指導要領について学ぶことで、主に中学校・⾼等学校に於ける数学教育のおおまかな現状を知ることができる。 中晩期では、主な指導⽅法 と教材の研究について、指導内容と教材作成の実際を選定して⽰し、教材研究の⾒地から議論しながら、その教材の適切な扱いについて学ぶ。教材は、中学校・⾼等学校の代数や幾何の内容がその対象として考えられる。 後半期では、それに⾒習って学習指導案を作成し、相互に模擬授業 を試みることで、実践的に授業そのものに触れる。なお、実際に学校現場に出向いて、授業観察とその後の討論を元にした授業解説及び指導を⾏うことも有り得る。 ⽔泳の練習に例えよう。前半期は、泳ぎ⽅の種類に ついて学び、浮くところまで。中盤期は、ビート板を使って練習する時期。後半期は、実際に板無し泳ぎに、とにかくトライしながら検討する時期。 ②授業は基本的に、 講義場⾯と議論場⾯の2者が混ざった形になろう。討論や実習を、多く採り⼊れる予定である。適宜、演習やレポート提出が加わる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場16号館 129室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13389 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account