ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
0119401
FLA-PL4501L1
知的財産法
Intellectual Property Law
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
A1A2 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
知的財産法

 情報化社会の基盤となる法的インフラというべき知的財産法の十分な理解は、現代社会において活躍しようとするすべての法律関係者にとって不可欠なものとなっている。  知的財産法の二本の柱は、工業所有権法(産業財産権法)と著作権法であるが、本講義では、工業所有権法の代表格である特許法と、著作権法を中心として扱う。  基本的な面を中心に講義するが、研究・実務の最先端の論点を含めて、今日的なテーマに重点を置く。また、知識の習得よりも、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法的な思考方法の涵養に力点を置く。理論面を中心とするが、適宜、実務面も加味する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 21番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4915081
GII-CS6409L1
メディア表現論II
Media Practice II
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
Media Practice

□Course Goals: With the completion of this course, students will be able to: 1) comprehend the way of thinking in media studies and literacy which is interdisciplinary knowledge with a focus on media as an agent for communication, 2) bodily understand the history and theories of media studies and literacy, and 3) learn the necessary knowledge to design workshops as an academic method. □Course Description: This course consists of reading literature and image viewing ("Theory") and workshops ("Practice"). "Theory" will cover a wide range of topics including media history as a dynamism between information technology and the society, ideas and theories on media and communication, and media expressions and literacy necessary to cope with various problems associated with the contemporary media ecology in Japan. "Practice" will be opportunities for students to understand the above topics bodily by participating in and designing workshops as academic methodologies. Monday classes will be for reading literature ("Theory"), and Thursday classes for workshops ("Practice"). Those two streams will be integrated and crystallized as knowledge of critical media practice in the last part of the course.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:英語 English
4890-1080
GIF-CO5558S1
グローバルデザインワークショップⅠ
Global Design WorkshopⅠ
苗村 健
Takeshi Naemura
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
Global Design Workshop

□Course Goals: With the completion of this course, students will be able to: 1) comprehend the way of thinking in media studies and literacy which is interdisciplinary knowledge with a focus on media as an agent for communication, 2) bodily understand the history and theories of media studies and literacy, and 3) learn the necessary knowledge to design workshops as an academic method. □Course Description: This course consists of reading literature and image viewing ("Theory") and workshops ("Practice"). "Theory" will cover a wide range of topics including media history as a dynamism between information technology and the society, ideas and theories on media and communication, and media expressions and literacy necessary to cope with various problems associated with the contemporary media ecology in Japan. "Practice" will be opportunities for students to understand the above topics bodily by participating in and designing workshops as academic methodologies. Monday classes will be for reading literature ("Theory"), and Thursday classes for workshops ("Practice"). Those two streams will be integrated and crystallized as knowledge of critical media practice in the last part of the course.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:英語 English
25-302-52
GLP-LP6132L1
知的財産法
Intellectual Property Law (Special Study)
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜3限 木曜2限
Tue 3rd Thu 2nd

 情報化社会の不可欠の法的インフラをなす知的財産法の十分な理解は、現代の法律家にとって必須のものとなっている。  本授業は、知的財産法につき、重要論点を中心として、基礎理論とその応用能力の双方を確実に習得させることを目的としている。後記の判例教材を用いて、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法特有の法的思考力・表現力等の涵養を図る。  知的財産法の二本の柱というべき特許法(工業所有権法の代表格)と著作権法に重点を置く。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 204号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6371
GLP-LS6402L1
知的財産法
Intellectual Property Law
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜3限 木曜2限
Tue 3rd Thu 2nd
知的財産法

 情報化社会の不可欠の法的インフラをなす知的財産法の十分な理解は、現代の法律家にとって必須のものとなっている。  本授業は、知的財産法につき、重要論点を中心として、基礎理論とその応用能力の双方を確実に習得させることを目的としている。後記の判例教材を用いて、関連する一般法等も総合的に視野に入れた上で、知的財産法特有の法的思考力・表現力等の涵養を図る。  知的財産法の二本の柱というべき特許法(工業所有権法の代表格)と著作権法に重点を置く。

単位 Credit:4
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 204号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6915
GLP-LS6501S9
演習(知的財産法)
Intellectual Property Law Seminar
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
知的財産法重要判例演習

知的財産法に関して、総合的な判例研究を行う。法的分析力・思考力・表現力等の涵養を主眼とする。本演習においては、特定の判例を指定するという形を取らず、特定の重要テーマを指定した上で、そのテーマにおける重要判例を自ら探り当て、これに分析・検討を加えるという、より高度ともいうべき判例研究を行う。テーマの選定に当たっては、特に、判例等の今後の大きな動きが期待される研究実務の最先端のテーマに力点を置く。判例に重点を置くが、学説や立法論等にも十分ふれるようにする(特に判例の乏しい分野について)。新たな分野に果敢に挑戦する受講者の参加を期待したい。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 304号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-302-53
GLP-LP6132S1
知的財産法
Intellectual Property Law (Special Study)
大渕 哲也
Tetsuya Obuchi
S1S2 火曜4限
Tue 4th

知的財産法に関して、総合的な判例研究を行う。法的分析力・思考力・表現力等の涵養を主眼とする。本演習においては、特定の判例を指定するという形を取らず、特定の重要テーマを指定した上で、そのテーマにおける重要判例を自ら探り当て、これに分析・検討を加えるという、より高度ともいうべき判例研究を行う。テーマの選定に当たっては、特に、判例等の今後の大きな動きが期待される研究実務の最先端のテーマに力点を置く。判例に重点を置くが、学説や立法論等にも十分ふれるようにする(特に判例の乏しい分野について)。新たな分野に果敢に挑戦する受講者の参加を期待したい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 304号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6771
GLP-LS6427L1
コンピュータ法
Computer Law
城山 康文
Yasufumi Shiroyama
A1A2 火曜5限
Tue 5th
コンピュータ法

コンピュータ・情報通信という切り口から、知的財産法及び関連法(不正競争防止法・商標法・意匠法・特許法・著作権法・プロバイダ責任制限法)を横断的に学び、考えることができるようになることを目標とする。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 203号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C4048
FAS-CA4V16S3
文化・思想研究特殊演習II
Special Seminar in Interdisciplinary Cultural Studies II
前島 志保
MAESHIMA Shiho
S1S2 火曜5限
Tue 5th
Media and Modernity in Japan

This course aims to give students an overview of the interconnections between the formation of modern discourses and the development of various media in modern Japan up until the late 20th century. While the emphasis will be on print media and their relation to gendered everyday modernity as well as Japan’s self image, other related issues will be also explored.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K303 21 KOMCEE West Room K303
講義使用言語 Language:英語 English
08F140512
FAS-FA4E05S3
グローバル教養特別演習I(12)
Seminar in Global Liberal Arts I (12)
前島 志保
MAESHIMA Shiho
S1S2 火曜5限
Tue 5th
Media and Modernity in Japan

This course aims to give students an overview of the interconnections between the formation of modern discourses and the development of various media in modern Japan up until the late 20th century. While the emphasis will be on print media and their relation to gendered everyday modernity as well as Japan’s self image, other related issues will be also explored.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K303 21 KOMCEE West Room K303
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12287 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account