ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04190054
FLE-HU4203S1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学演習Ⅳ
Seminar in Death and Life Studies Ⅳ
早川 正祐
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
病いの語りをめぐる倫理

 人間は、病いとともに生きていくことを余儀なくされたとき、これまで自明視していた自分の人生の意味を深く問い直すようになる。このような意味の問い直しの過程で、当事者が語るということや他者がそれを聞き届けるということは、極めて重要な役割をもっている。しかしながら、ここで注意すべきは、病いの苦しみを語ることやそれを聞き届けることが、多くの場合、困難に満ちたものになるという点である。それゆえ、その困難さを念頭に置きつつ、病いをめぐる体験とその意味について考察することが求められる。  そこで本演習では、病いに関する物語論の古典であるアーサー・フランクの『傷ついた物語の語り手――身体・病い・倫理』=Arthur W. Frank, The Wounded Storyteller: Body, illness, and Ethicsを講読する(訳本でも可)ことで、病いの語りがどのような複雑な意味と効果をもつのかをその社会的含意も含めて考えていく。より具体的には、病いの語りの三類型である回復の語り・混沌の語り・探究の語りがどのようなものであるのか、また相互にどのような関係にあるのかを考察する。それと同時に、コミュニケーション・身体・脆さ(vulnerability)・傾聴・証言・苦しみ・多声性といった臨床倫理における重要概念が、どのように捉えられているのかを検討する。とりわけ、ポジティヴな回復の語りがはらむネガティヴな性格や、私たちの身体や生産性重視の社会がはらむ閉鎖的・排他的な側面等を批判的に見ていく。そのことを通して、従来の臨床倫理では見落とされている、病いの複雑な体験に根ざした倫理や責任のあり方、またコミュニケーションのあり方を根本的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-1000A
比較思考分析II
Comparative Analysis of Thought II
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
A1A2 未定
To Be Arranged 
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-1000S
比較思考分析II
Comparative Analysis of Thought II
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 708室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1000A
比較思考分析II
Comparative Analysis of Thought II
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
A1A2 未定
To Be Arranged 
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1000S
比較思考分析II
Comparative Analysis of Thought II
古荘 真敬
FURUSHO Masataka
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
アーレント『精神の生活』を読む

前学期に引きつづき、アーレントの最後の著作 "The Life of the Mind"の第1巻 Thinkingを、その内容を批判的に吟味しながら、精読していく。「思考」という、われわれ各自の基本的営みをめぐる徹底的な考察を試みていきたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場14号館 708室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190064
GHS-XX6A02S1
病いの語りをめぐる倫理
Illness, Narratives, and Ethics
早川 正祐
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
病いの語りをめぐる倫理

 人間は、病いとともに生きていくことを余儀なくされたとき、これまで自明視していた自分の人生の意味を深く問い直すようになる。このような意味の問い直しの過程で、当事者が語るということや他者がそれを聞き届けるということは、極めて重要な役割をもっている。しかしながら、ここで注意すべきは、病いの苦しみを語ることやそれを聞き届けることが、多くの場合、困難に満ちたものになるという点である。それゆえ、その困難さを念頭に置きつつ、病いをめぐる体験とその意味について考察することが求められる。  そこで本演習では、病いに関する物語論の古典であるアーサー・フランクの『傷ついた物語の語り手――身体・病い・倫理』=Arthur W. Frank, The Wounded Storyteller: Body, illness, and Ethicsを講読する(訳本でも可)ことで、病いの語りがどのような複雑な意味と効果をもつのかをその社会的含意も含めて考えていく。より具体的には、病いの語りの三類型である回復の語り・混沌の語り・探究の語りがどのようなものであるのか、また相互にどのような関係にあるのかを考察する。それと同時に、コミュニケーション・身体・脆さ(vulnerability)・傾聴・証言・苦しみ・多声性といった臨床倫理における重要概念が、どのように捉えられているのかを検討する。とりわけ、ポジティヴな回復の語りがはらむネガティヴな性格や、私たちの身体や生産性重視の社会がはらむ閉鎖的・排他的な側面等を批判的に見ていく。そのことを通して、従来の臨床倫理では見落とされている、病いの複雑な体験に根ざした倫理や責任のあり方、またコミュニケーションのあり方を根本的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
23-301-08
GED-AS6106L1
教師のライフストーリー
Exploring the life story method focused upon teachers' experience
高井良 健一
TAKAIRA Kenichi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
教師研究の歴史ならびに課題と方法を探究する

・教師研究の歴史を学ぶとともに、現代における教師研究の意義について考える ・教師研究における研究者と実践者の関係性について考える ・教師研究の困難さと可能性について考える

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・450A演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
23-302-07
GED-AS6210L1
教師のライフストーリー
Exploring the life story method focused upon teachers' experience
高井良 健一
TAKAIRA Kenichi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
教師研究の歴史ならびに課題と方法を探究する

・教師研究の歴史を学ぶとともに、現代における教師研究の意義について考える ・教師研究における研究者と実践者の関係性について考える ・教師研究の困難さと可能性について考える

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・450A演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
23-303-06
GED-AS6306L1
教師のライフストーリー
Exploring the life story method focused upon teachers' experience
高井良 健一
TAKAIRA Kenichi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
教師研究の歴史ならびに課題と方法を探究する

・教師研究の歴史を学ぶとともに、現代における教師研究の意義について考える ・教師研究における研究者と実践者の関係性について考える ・教師研究の困難さと可能性について考える

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 図書館研究所学部等 教育学部棟・450A演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3920220
GAG-VM7D02L2
ライフサイエンス統計学講義
Statistics in Life Science
西村 亮平
Ryohei Nishimura
S2 集中
Intensive 
ライフサイエンス統計学講義 Statistics in Life Science

獣医学研究に必要な疫学および統計学の基礎知識と技術を習得する。 Learn the basic knowledge and skills of epidemiology and statistics necessary for veterinary research.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12350 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account