ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
47243-20
GFS-MJ6B05S1
医療イノベーション俯瞰演習
Exercises of Comprehensive Analysis on Biomedical Innovation
加納 信吾
KANOU Shingo
A1A2 水曜6限
Wed 6th
医療イノベーション俯瞰演習 Exercises of Comprehensive Analysis on Biomedical Innovation

研究分野を俯瞰し、自らの関心事項の世界における位置づけを明らかにする: 参加者自らが関心のあるテーマと研究上もしくは社会的な課題との関連性の俯瞰的に把握するため、①キーワード設定を試行錯誤しながら、キーワードの組合せにより文献データベースから何件の論文がヒットするかを実際にWeb of ScienceやPubMedを検索し、②膨大な文献の関係性を自動で解析するマッピングツールやテキストマイニングツールを用いて、自らの研究領域や関心を持つテーマがどのように分類されるか、③そうした情報空間は研究上の課題や社会的な課題とどう結びついているのかを分析する。文献データベースと分析ツールが発達し、修論や博論における「背景」記述には必須の作業となったが、ツールの利用体験がそのための準備となる。 In this exercise, we conduct training to overlook the field using tools that illustrate the relationship between research field and society. Enormous documents in Web of Science will be extracted by keywords and using a mapping tool (network analysis by citation relations, text mining for major document titles, etc.) Students exercise to get an overview of how interested themes are linked to social issues.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室 Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0041S
紛争と和解・共生II
Conflict Peace and Coexistence II
小川 浩之
OGAWA Hiroyuki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
コモンウェルスと日本の占領・講和

コモンウェルス(英連邦)と日本の占領・講和に関する論文集を読み、履修者全員で議論することで、第二次世界大戦後の日本の占領から講和までの時期における紛争から和解、共生にいたる試みとその限界について考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0041S
紛争と和解・共生II
Conflict Peace and Coexistence II
小川 浩之
OGAWA Hiroyuki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
コモンウェルスと日本の占領・講和

コモンウェルス(英連邦)と日本の占領・講和に関する論文集を読み、履修者全員で議論することで、第二次世界大戦後の日本の占領から講和までの時期における紛争から和解、共生にいたる試みとその限界について考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-416 Komaba Bldg.8 Room 8-416
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291706
GEC-MA6603S1
社内イノベーターマインド&スキル
The Mind and Skills of Intrapreneurs
半田 純一
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
社内イノベーター・マインド&スキル The Mind and Skills of the Intrapreneur

社内イノベーターとして大組織の多くの人や部門を巻き込んでゆくための基本技として必要とされる姿勢とそれを支える多面的なスキルを身に着けることを目指す。特に論理的かつ創造的思考法や多様なコミュニケーションスキルに焦点を当て、毎回演習を交えながら体得することを狙う。 This course mainly addresses practical knowledge and skills required for the intrapreneur who needs to involve many internal /external organization and diverse of people in the innovative initiatives of his/her large organizations. The course is designed to strengthen logical and creative thinking, a variety of communication skills through lectures and drills.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 313演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
47240-49
GFS-MJ6B04L1
医療イノベーション特論Ⅱ
Advanced Lecture on Biomedical InnovationⅡ
加納 信吾
KANOU Shingo
A1A2 集中
Intensive 
医療イノベーション特論Ⅱ Advanced Lecture on Biomedical InnovationⅡ

<課題と目標> 研究成果を社会に展開するために必要となってくる知識を、①企業における研究開発について現場の一線の研究者の話を聞く(研究開発の現場を知るための半日集中セミナー)、②自ら主導的に課題を解決していく手段としてのベンチャー企業設立のため知識と考え方の取得のための演習(1日集中)、の2つの側面からアプローチする。 Learning about the story of the people who are active in the front lines of research and development at companies and research institutes, deepening insight and at the same time, planning skills necessary for establishing a venture company as a means of applying research results to society. Fostering the image of research and development of companies that are necessary for developing research results to society, bird's-eye view of the relevance of subjects of their interest to social issues. The program is composed of two units to cultivate the capabilities for leadership, team working and communication to solve the issues based on the fresh view points and ideas.  1. Learning R&D Activities in Corporations  2. Start-up design

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 新領域生命棟 B1F セミナー室1、医科学研究所2号館 2階 大講義室 Inst of Medical Science Bldg. 2 Large Lecture Room, 2nd fl.
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0042S
紛争と和解・共生II
Conflict Peace and Coexistence II
佐川 徹
SAGAWA Toru
S1S2 木曜5限
Thu 5th
人類学的アフリカ研究の前線

 今世紀に入りアフリカは激動している。経済成長による都市部の建築ラッシュと「中間層」の出現、携帯電話の普及によるコミュニケーション・送金革命、高等教育の急速な拡大と高学歴失業層の増加、貧富差の拡大と呪術の勃興、土地・資源開発がもたらす農村の社会経済構造の再編、トランスナショナルな移動による家族のあり方の多様化、相続法の変化によるジェンダー関係の転換、など。アフリカの現場で実地調査を進める人類学者は、この急速な変化のただなかで、現場のリアリティをつかみとるべく奮闘している。  この授業では、最近出版されたアフリカをめぐる人類学的研究の動向をまとめた論文集Roy Richard Grinker and Stephen C. Lubkemann (eds.) 2019 A Companion to the Anthropology of Africaを輪読することをとおして、いまアフリカ大陸とアフリカ研究でなにが問題となり、またどのような視点が求められているのかを、検討する。この論文集は、経済、親族、法、病、宗教、ジェンダーといった古典的なトピックから、紛争と難民、トラウマ、社会的正義、環境問題といった近年大きな注目を集めるトピック、さらにはアフリカ人自身によるアフリカ研究のあり方まで、幅広く近年の研究を紹介したものである(目次は教科書欄を参照)。上記論文集を読み進めるにあたっては、アフリカ研究で頻出する用語の再考をはかったGaurav Desai and Adeline Masquelier (eds.) 2018 Critical Terms for the Study of Africaも適宜参照する(目次は参考書欄を参照)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場11号館 1107教室 Komaba Bldg.11 Room 1107
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0042S
紛争と和解・共生II
Conflict Peace and Coexistence II
佐川 徹
SAGAWA Toru
S1S2 木曜5限
Thu 5th
人類学的アフリカ研究の前線

 今世紀に入りアフリカは激動している。経済成長による都市部の建築ラッシュと「中間層」の出現、携帯電話の普及によるコミュニケーション・送金革命、高等教育の急速な拡大と高学歴失業層の増加、貧富差の拡大と呪術の勃興、土地・資源開発がもたらす農村の社会経済構造の再編、トランスナショナルな移動による家族のあり方の多様化、相続法の変化によるジェンダー関係の転換、など。アフリカの現場で実地調査を進める人類学者は、この急速な変化のただなかで、現場のリアリティをつかみとるべく奮闘している。  この授業では、最近出版されたアフリカをめぐる人類学的研究の動向をまとめた論文集Roy Richard Grinker and Stephen C. Lubkemann (eds.) 2019 A Companion to the Anthropology of Africaを輪読することをとおして、いまアフリカ大陸とアフリカ研究でなにが問題となり、またどのような視点が求められているのかを、検討する。この論文集は、経済、親族、法、病、宗教、ジェンダーといった古典的なトピックから、紛争と難民、トラウマ、社会的正義、環境問題といった近年大きな注目を集めるトピック、さらにはアフリカ人自身によるアフリカ研究のあり方まで、幅広く近年の研究を紹介したものである(目次は教科書欄を参照)。上記論文集を読み進めるにあたっては、アフリカ研究で頻出する用語の再考をはかったGaurav Desai and Adeline Masquelier (eds.) 2018 Critical Terms for the Study of Africaも適宜参照する(目次は参考書欄を参照)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場11号館 1107教室 Komaba Bldg.11 Room 1107
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C1021
FAS-CA4B20L1
日本文化研究I
Studies in Japanese Culture I
重信 幸彦
SHIGENOBU Yukihiko
A1A2 未定
To Be Arranged 
「聴き耳」の系譜:日本のことばの近代と、日本民俗学史の試み

■「聴き耳」すなわち、日本の民俗学における、他者の<声>に耳を傾ける「聞き書き」という方法/態度の展開について、日本のことばの近代化という文脈のなかで検討し、大学という制度の外側で生まれた民間学の実践としての日本の民俗学の特質について理解するとともに、最終的に、受講者がそれぞれ、今日では決して民俗学にのみ限られるわけではない「聞き書き」という実践について、自分なりの地図と「問い」を構築しうるようになることを目標とする。  ■日本の民俗学のフレームを作り出した柳田國男は、明治三十年代に自然主義の文学者たちと深い交流を持った時期から、具体的に民俗学を構想しはじめる昭和初期まで、一貫して「文体」に悩み続けていた。特に大正期以降、「旅の学」(フィールドワークの学)を構想する過程においては、他者の暮らしに触れ、その<声>に耳を傾け、そして感じ思考したことを、どのような文体で叙述するかが、柳田にとって切実な問題であったと考えられる。  講義では、四半世紀前から人類学周辺で蓄積されてきたフィールドワーク論をふまえつつ、柳田國男の試行錯誤を、言文一致等の日本のことばの近代化のなかで、見たこと聴いたこと、そして思考したことをしるす文体の成立過程の問題として検討する。  話題は、近代文学、歴史学、ジャーナリズムそして民俗学などにわたる予定。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
060200151
FAG-CC2F16L1
植物生態学
Plant Ecology
大黒 俊哉
Toshiya Okuro
A1A2 金曜4限
Fri 4th

農学の主要課題である「生物資源の保全と持続的利用」という観点から、植物生態学の基礎と応用について概説する。まず「基礎編」として、分布と環境、生理生態、共存・競争、群集・景観等について解説する。つぎに、具体的なフィールドである草原と森林を事例として、生物多様性と生態系機能・生態系サービス、植生の劣化と再生、動植物間相互作用、繁殖戦略、個体群動態等のテーマをとりあげ、最新の成果を紹介する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部1号館 第4講義室 Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.4,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31415
CAS-FC1520S1
初年次ゼミナール理科
First-Year Seminar for Natural Sciences Students
池内 与志穂
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
バイオミメティック・エンジニアリング

*開講場所:E25教室 生物の優れた仕組みに着想を得たモノづくりの新奇な企画提案を行う。 そのために, (1)生物の優れた機能を解明した研究,またはバイオミメティック・バイオインスパイアドというキーワードに基づいて行われたモノづくり研究の過去の例を学ぶ(文献検索と読解,発表を通じた情報共有)。 (2)小グループに分かれて,(1)で得られた情報などを参考に議論し,柔軟な発想で,生物の優れた仕組みに着想を得たモノづくりの企画を考える(課題解決のためのグループワーク)。 これらを通じて, ・コミュニケーション能力を伸ばす。 ・プロジェクトを推進する時に,何が分かっていて,何が分かっていないのか,何が問題で,どうやったら解決できるのか,自分の頭で考える能力を身につける。 ・試行錯誤やプロジェクト推進の難しさと,計画性の重要性などを学ぶ。 ・自分の考えを,分かりやすく他人に伝え,情報を共有することで,新たなアイディアや知見を得るためのコミュニケーション能力の基礎を身につける。

単位 Credit:2
教室 Room: 情報教育棟 E25教室 Komaba Information Education Bldg. Room E25
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13116 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account