ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
21190804
GHS-GC6G01L1
メディアとデザインの感性学
Aesthetics of Media and Design
吉田 寛
Hiroshi YOSHIDA
A1A2 木曜2限
Thu 2nd
メディアとデザインの感性学

メディアとデザインに関する美学=感性学の理論と研究蓄積を理解する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 115教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190003
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論 I:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。 技術的な知識を学ぶことでインターネットをただ使うだけでなく、その動作を理解することを目的とする。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190099
GHS-XX6A01L1
横断型 University-wide
情報メディア論Ⅰ:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。 技術的な知識を学ぶことでインターネットをただ使うだけでなく、その動作を理解することを目的とする。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190901
GHS-GC6H01L1
横断型 University-wide
情報メディア論 I:インターネット基礎
Topics in TCP/IP and the Internet (An Introduction to Information Media)
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。 技術的な知識を学ぶことでインターネットをただ使うだけでなく、その動作を理解することを目的とする。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4915081
GII-CS6409L1
メディア表現論II
Media Practice II
水越 伸
Shin Mizukoshi
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
Media Practice

□Course Goals: With the completion of this course, students will be able to: 1) comprehend the way of thinking in media studies and literacy which is interdisciplinary knowledge with a focus on media as an agent for communication, 2) bodily understand the history and theories of media studies and literacy, and 3) learn the necessary knowledge to design workshops as an academic method. □Course Description: This course consists of reading literature and image viewing ("Theory") and workshops ("Practice"). "Theory" will cover a wide range of topics including media history as a dynamism between information technology and the society, ideas and theories on media and communication, and media expressions and literacy necessary to cope with various problems associated with the contemporary media ecology in Japan. "Practice" will be opportunities for students to understand the above topics bodily by participating in and designing workshops as academic methodologies. Monday classes will be for reading literature ("Theory"), and Thursday classes for workshops ("Practice"). Those two streams will be integrated and crystallized as knowledge of critical media practice in the last part of the course.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:英語 English
4890-1080
GIF-CO5558S1
グローバルデザインワークショップⅠ
Global Design WorkshopⅠ
苗村 健
Takeshi Naemura
S1 月曜2限 木曜2限
Mon 2nd Thu 2nd
Global Design Workshop

□Course Goals: With the completion of this course, students will be able to: 1) comprehend the way of thinking in media studies and literacy which is interdisciplinary knowledge with a focus on media as an agent for communication, 2) bodily understand the history and theories of media studies and literacy, and 3) learn the necessary knowledge to design workshops as an academic method. □Course Description: This course consists of reading literature and image viewing ("Theory") and workshops ("Practice"). "Theory" will cover a wide range of topics including media history as a dynamism between information technology and the society, ideas and theories on media and communication, and media expressions and literacy necessary to cope with various problems associated with the contemporary media ecology in Japan. "Practice" will be opportunities for students to understand the above topics bodily by participating in and designing workshops as academic methodologies. Monday classes will be for reading literature ("Theory"), and Thursday classes for workshops ("Practice"). Those two streams will be integrated and crystallized as knowledge of critical media practice in the last part of the course.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 福武ホール B2階・福武ラーニングスタジオ2 iii-Fukutake Hall B2F Fukutake Learning Studio2
講義使用言語 Language:英語 English
04195501
FLE-XX4310L1
情報メディア論Ⅰ
Introduction to Digital Media I
西川 賀樹
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
インターネット基礎

本講義ではインターネットの仕組みや関連する技術を扱う。主にインターネットの基盤的なプロトコル群であるTCP/IPについて解説する。様々なネットワークが相互に接続して構成されるインターネットにおいてどのように通信が行われているのか、Webブラウザによるサイトの表示(HTTP)やメールクライアントによる電子メールの送受信(SMTP・POP・IMAP)はどのように行われているのか、またネットワークにおけるセキュリティ技術などについても取り扱う。 技術的な知識を学ぶことでインターネットをただ使うだけでなく、その動作を理解することを目的とする。受講にあたり、電子工学や情報科学の基礎知識は必要としないが、コンピュータに関するリテラシーレベルの知識を持っていることが望ましい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4890-1079
GIF-CO5549L1
情報理工学連携講義IX
Information Science and Technology Industrial Collaboration Program IX
宝珠山 治
Osamu Hojuyama
A2 木曜4限
Thu 4th
情報理工学連携講義Ⅸ 「センシングとメディア信号処理の応用」 -  Applications of Sensing and Media Signal Processing

音響・画像・無線・振動などからのセンシングを中心とするメディア信号処理とその応用について議論する。センシングやメディア信号処理は、これまで単独のメディアから処理を行い、計測および検知の結果を人間が判断することを主な目的として発展してきた。近年の信号処理および人工知能的技術の発展により、複数のメディアからの情報統合が可能となり、さらに、判断まで人間が介在しないセンサシステムが実用化されつつある。 本講義では、実例を交えながら、センシングや検知を主な目的とした空中音響、画像、水中ソーナー、無線レーダ、振動解析、異常検知、ドローンを利用したメディア信号処理技術について、幅広く紹介する。技術だけでなく、実用に向けた非技術的な開発の実際を知る機会とする。今後の展望として、人工知能的技術の進展と社会への影響についても議論する。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工6号館 3階・セミナー室B
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4850-1016
GIF-MX6d07L1
ヒューマンインタフェース
Human Interface
廣瀬 通孝
Michitaka Hirose
S1S2 木曜2限
Thu 2nd

本講義では,バーチャルリアリティ(Virtual Reality)や拡張現実感(Augmented Reality)を含む複合現実感(Mixed Reality)を実現するメディア技術の体系について講義をおこなう.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工223号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
5175004
GPP-DP6P80L3
国際安全保障研究:政治学系(Transformation of Warfare and Technology)
International Security: Politics(Transformation of Warfare and Technology)
青井 千由紀
AOI Chiyuki
A1A2 火曜4限
Tue 4th

There have developed quite separate debates concerning, on the one hand, the Transformation of Warfare, and Revolution in Military Affairs on the other. Conventional knowledge is that while the former approach encompasses a vast range of scholarly analysis on how war in the contemporary era might have transformed in all spheres of economy, politics and society, the latter has focused on the impact of technological advancement in a narrower sense on warfare, especially the way in which warfare has been conducted or ought to be conducted. However, to discuss changes in the character of war in these quite distinct spheres, each with specific preoccupations with no interactions, is not very conducive to a meaningful generalization about the transformation of warfare itself. The purpose of this seminar is to consider the impact of modern and contemporary technological changes, especially focusing on communication and media spheres, on the character and conduct of warfare today, hence bridging the two distinct spheres of interests.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 SMBC Academia Hall International Academic Research Bldg. SMBC Academia Hall
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12386 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account