ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
060310051
FAG-CL2C06L1
植物栄養学
Plant Nutrition
藤原 徹
Toru Fujiwara
A1A2 月曜1限
Mon 1st
植物栄養学

植物は一次生産者として人類を支えている。世界人口の増加に伴う食糧需給の逼迫や環境問題を解決する上で植物の重要性は増々高まっている。植物は独立栄養生物であり、土壌の無機栄養条件を感知し、それに応じて吸収、輸送、代謝を制御して成長することができる。その一方では、多くの土壌は栄養欠乏であり、植物の生産を高めるためには施肥等によって植物の栄養状態を適切に保つことが重要である。また、植物の栄養吸収は地球の元素循環の重要な過程の一つであり、環境に大きな影響を与える。本授業では、植物の栄養吸収や輸送、その制御の仕組みやその知見の最新の応用例について解説するだけでなく、農業を支え、環境を維持するための植物の栄養吸収や肥料についての役割について解説する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部1号館 第8講義室 Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.8,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
060100011
FAG-CC2I01L1
人口と食糧
Population and Food
齋藤 勝宏
Katsuhiro Saito
A1A2 火曜3限
Tue 3rd

  食糧に対する需要、食糧生産に利用可能な資源、食糧生産の技術の3つの側面から、人類が直面している食糧問題の現状とその解決策について講義する。食糧問題に関するバランスのとれた知識と食糧生産に関わる最先端の科学のエッセンスを伝えることにより、農学生命科学を専門的に学ぶ意義について、グローバルな視点から理解を深めることをねらいとする。  講義は大きく分けて4つのパートからなる。第一に、食糧問題の構図を把握するための講義であり、世界の食糧需給の展望や、食糧需要変動要因としての人口や所得水準の問題を取りあげる。第二に、耕地生態系における食糧生産について、資源の賦存状況と利用技術の観点から概説する。第三に、畜産資源や水産資源の管理と食料生産を取りあげ、グローバルな視野と歴史的な観点から、利用技術の発展や資源の賦存状況について解説する。第四に、土壌学や植物バイオテクノロジーの観点から食糧生産の科学について取り上げるとともに、作物の病気の防除の現状や重要性について解説する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部1号館 第8講義室 Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.8,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0704253
FEC-CE5801L1
上級世界経済Ⅱ
Advanced World Economy Ⅱ(Graduate Level)
丸川 知雄
Tomoo Marukawa
A1A2 月曜4限
Mon 4th
上級世界経済Ⅱ

現代世界経済の成り立ちと制度的な枠組み、現状と問題点について総合的に理解することを目標とする。Ⅱでは生活保障システム、世界と日本の農業に焦点を当てる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟 第4教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
291302
GEC-EC5302L1
世界経済Ⅱ
World Economy II
丸川 知雄
Tomoo Marukawa
A1A2 月曜4限
Mon 4th
世界経済Ⅱ

現代世界経済の成り立ちと制度的な枠組み、現状と問題点について総合的に理解することを目標とする。Ⅱでは生活保障システム、世界と日本の農業に焦点を当てる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 経済学研究科棟 第4教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D14312
FAS-DA4F31L3
物質循環科学II(2)
Earth System Science II (2)
タヴァレス ヴァスケス ジエーゴ
TAVARES VASQUES Diego
S1S2 水曜1限
Wed 1st
Mechanisms of plant evolution

Evolution is an intriguing phenomenon that rules all biological events. The mechanisms controlling evolution are many in nature and can be studied under different levels of complexity. In this course, theories of evolutionary genetics (such as natural selection, adaptation, speciation, and others) will be explored in the context of the evolutionary history of plants. Together, we will explore how changes in the life cycle have influenced the selective pressure plants have been exposed to, how adaptations on nutrition and body structure have emerged through time and how the reproduction of these eukaryotic organisms has had a deep influence on population genetics. By taking this course, you will not only learn basic key-concepts of evolution and plants diversity (important to understanding many other subfields in Biology) but also step-up your baggage knowledge, connecting it to cutting-edge studies in this field.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K302 21 KOMCEE West Room K302
講義使用言語 Language:英語 English
060414110
FAG-MI3010L3
ISAD Soil Fertility Management
ISAD Soil Fertility Management
岡田 謙介
Kensuke Okada
A2W 集中
Intensive 
IPADS Soil Fertility Management   国際土壌肥沃度管理学 ISAD Soil Fertility Management

Plants require nutrients to grow and produce grains. But simply applying fertilizers cannot solve the problems in many tropical soils. This lecture gives insights into various issues related to the management of soil fertility for the crops and equip the students to understand, diagnose and remedy the nutrient-related problem to realize high and sustainable growth of the crops.

単位 Credit:2
講義使用言語 Language:英語 English
060310511
FAG-CL3B26L1
ストレス生物学
Stress Biology
河鰭 実之
Saneyuki Kawabata
A2 月曜4限
Mon 4th

農作物需要が爆発的に増大するなか,それらをいかに供給し続けることができるだろうか.栽培に適した耕地は地球上から減少しつつあり,栽培不適地を利用しなければ莫大な食料需要を満たすことはできない.さらに,近年の地球規模の気象変動により,作物は環境ストレスをしばしば受けるようになり,従来通りの栽培が困難になりつつある.このように実際の栽培では,作物は環境ストレスにさらされる可能性が高く,それにどのように対処すべきかは,重要な研究課題である.  そこで、本講義では、温度・光・水・土壌・大気・養分などの環境条件によって作物がどのようなストレスを受けるのか、それらに対する作物の応答と耐性・適応そして回避機構はどのようなものか、さらに作物栽培を改善するための方策やストレスを利用した作物の発達の制御方法について紹介する。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部1号館 第4講義室 Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.4,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3910334
GAG-IP6F01L3
国際土壌肥沃度管理学 (IPADS Soil Fertility Management)
IPADS Soil Fertility Management
岡田 謙介
Kensuke Okada
A2W 集中
Intensive 
IPADS Soil Fertility Management 国際土壌肥沃度管理学

Plants require nutrients to grow and produce grains. But simply applying fertilizers cannot solve the problems in many tropical soils. This lecture gives insights into various issues related to the management of soil fertility for the crops and equip the students to understand, diagnose and remedy the nutrient-related problem to realize high and sustainable growth of the crops.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
3910326
GAG-IP6A01L3
国際農業開発学特論 (IPADS Development Studies)
IPADS Development Studies
各教員
S1 金曜4限 金曜5限
Fri 4th Fri 5th
IPADS Development Studies

The students of IPADS and the Department of Global Agricultural Sciences have wide background acquired in their previous studies. For any measures tackling the agricultural development challenges, the basic understanding of the systems of the biological production and environment management required. This lecture aims to teach such minimum knowledge and understanding in the development context. Series of the lectures will be given and the group discussion to deepen the understanding is followed in each lecture. The active participation to the group learning process is welcome.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部7号館B棟 7B-231/232 Faculty of Agriculture Bldg.7B Lecture Room No.231/232,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:英語 English
31291
CAS-GC1E53L1
植物医科学
Clinical Plant Science
山次 康幸
Yasuyuki Yamaji
S1S2 水曜5限
Wed 5th
植物医科学概論

私達は文明の急速な進歩と共に、豊かで便利かつ快適な生活を手に入れました。しかし、それと引き換えに資源の枯渇という問題に直面しています。約72億の人口は、2050年には90億を突破する勢いです。一方で食糧生産の増加率は鈍り、人口増加率の半分にも満たないのです。ところが、世界の食糧生産のうち三分の一は微生物病や害虫病、雑草害、生理病、気象害などからなる「植物病」によって失われ、特に微生物病による損失は全食糧可能生産量の12%にも達します。これは世界の飢餓人口8億人を養える量です。この危機的な状況を克服するには、植物を病気から守り、治療する研究を推進する必要があります。その重要な使命を担う学問分野が「植物医科学」です。植物医科学は21世紀になくてはならない重要な研究分野であり、植物学や医学、微生物学とも密接に関わります。  植物医科学は「植物基礎医科学」と「植物臨床医科学」の二つの側面を持ちます。植物病を防ぐには「なぜ植物は病気にかかるのか」、「なぜ病原体はある特定の植物にしかかからないのか」、「抵抗性の植物は病原体からどのようなしくみで自身を守ることができるのか」といった基本的なメカニズムを明らかにする必要があり、これらを研究する学問領域が「植物基礎医科学」です。近年急速に進展した分子生物学や細胞生物学により、今日、生命現象は分子の言葉「DNA」で語ることができるようになり、これらの疑問が分子レベルで説明できるようになりました。  一方、我が国だけで2万種類以上もある植物病を診断し、治療・予防する学問領域が「植物臨床医科学」です。この分野では、生産現場で発生する植物の病気を診断し治療する「植物医師」に当たる国家資格「植物保護士」の養成が急ピッチで進んでいます。また、「植物臨床医科学」は、「植物基礎医科学」で得られた基礎的な知見を生産現場に活かすことを目的に、植物病の診断・治療・防除・予防のための高度先端臨床技術の開発も行います。具体的には病原体の制御技術を確立し、植物病に対する抵抗性や高収量・優良形質等の機能を付加する技術の開発を目指します。  本講義では、「植物医科学」という学問領域について、基礎から最先端にわたり易しくかみ砕いて紹介し、「植物医科学入門」の講義構成を心掛けました。また、植物・微生物・昆虫の関わりについて、分子レベルの課題から有機農業、バイテク作物など社会的課題に至るまで平易に紹介し、広く普遍的な生命現象を俯瞰できる重要な学問領域であることを理解していただけるように構成しています。この分野はこれまで触れたことのない方々が多いと思います。この講義を通じて皆さんが日頃見過ごしているに違いない身近にたくさんある植物の病気に興味をもって頂き、食糧・環境問題に植物の病気が深く関わっていることを知って頂きたいと考えています。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場1号館 102教室 Komaba Bldg.1 Room 102
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 14245 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account