ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
51531
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (ワンヘルスの概念で捉える健全な社会)
Academic Frontier Lecture Series
芳賀 猛
Takeshi Haga
A1A2 金曜5限
Fri 5th
ワンヘルスの概念で捉える健全な社会

コーディネータ:芳賀 猛(農学部) ナビゲータ: 梶谷 真司(教養学部) 概要:ワンヘルス(One Health)は、人、動物、環境は相互に密接な関係があり、それらを総合的に良い状態にすることが真の健康である、という概念です。グローバル化が加速し、世界的な人口増加の中、環境・食糧・感染症といった、人類共通の課題がクローズアップされてきます。このような課題の克服には、世界は一つ、健康も一つ ”One World, One Health” の観点から、地球規模で、分野横断的なアプローチが求められます。この講義では、広い分野から専門の先生を招き、ワンヘルスの概念を念頭に、健全で持続可能な社会を構築していくには、これからどのようなことが求められるか、考えていきます。 講義予定: ・第1回 9/28(金) 芳賀 猛(農学部)/ 梶谷 真司(教養学部)  「ワンヘルスの概念と文化現象としての病」 ・第2回 10/5(金) 伊藤 直樹(農学部)  「水生動物の感染症と人間社会」 ・第3回 10/12(金) 釘田 博文(国際獣疫事務局(OIE)アジア太平洋地域事務所 代表)  「OIE:人と動物の健康を守る国際機関」 ・第4回 10/19(金) 松本 芳嗣(農学部)  「顧みられない熱帯病」 ・第5回 10/26(金) 佐々木 敏(医学部)  「栄養疫学の視点から」 ・第6回 11/2(金) 笠井 清登(医学部)  「個人と社会のこころの健康」 ・第7回 11/9(金) 佐々木 伸雄(農学部 名誉教授)  「伴侶動物と人間社会」 ・第8回 11/30(金) 高木 周(工学部)  「メカノバイオエンジニアリングによる次世代型の医療」 ・第9回 12/7(金) 神馬 征峰(医学部)  「One Healthをめぐる「われわれ」の協力は可能か?」 ・第10回 12/14(金) 谷本 雅之(経済学部)  「歴史の中の動植物資源と経済活動」 ・第11回 12/21(金) 関谷 直也(情報学環)  「リスク・コミュニケーション、災害とOne Health」 ・第12回 12/25(火) 亀田 達也(文学部)  「人の心の社会性」 ・第13回 1/11(金) 城山 英明(政策ビジョン研究センター)  「国際行政の視角から」

単位 Credit:2
教室 Room: 21KOMCEE West レクチャーホール 21 KOMCEE West Lecture Hall
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31504
CAS-FC1520S1
初年次ゼミナール理科
First-Year Seminar for Natural Sciences Students
芳賀 猛
Takeshi Haga
S1S2 火曜4限
Tue 4th
ワンヘルスと感染症を考える

One World, One Health と言う概念が提唱されています。これは、グローバル化社会を迎え、世界は一つ、そして人間・動物・環境の健康(保全)は一つの健康として繋がっている、という今後の持続可能な社会の構築に必要な概念のことです。環境・食料・感染症といった、今世紀、人類が共通で抱える課題を克服するには、世界規模において、One Healthという概念に基づいた学際的アプローチがますます求められてきます。 この講義は、獣医学と水産学の専門家が担当します。前半は陸上の動物、後半は水中の動物を中心に、ワンヘルスと感染症という観点から人類との関わりをトピックごとに考えます。講義の中では、現状を調査して課題についてグループディスカッションを行い、多様な意見を交換することで課題解決への糸口を探ります。 講義の折り返し時点で、文京区弥生にある農学部キャンパスを見学する機会を設けています。ここでは、水産系の実習を体験してもらうとともに、東大農学部の教授であった上野博士の忠犬ハチ公の臓器を教材に、犬の健康を侵すフィラリアを学んだり、農学部キャンパスにある世界動物保健機構(OIE)のアジア太平洋事務所の協力を得て国際機関の役割を紹介し、テーマについての理解を深めます。

単位 Credit:2
教室 Room: 情報教育棟 E25教室 Komaba Information Education Bldg. Room E25
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08D1441
FAS-DA4F42L3
食の安全安心
Food Safety and Risk Analysis
八村 敏志
Satoshi Hachimura
A1A2 火曜4限
Tue 4th
Food Safety and Risk Analysis

People have to live with food safety risk under global economy. There are lot of arguments for and against pesticides, GMOs, food additives etc. from the view point of food safety. Objective of this class is to learn the meaning of ‘food safety and risk” at the beginning, and then learn the international framework of food safety with risk assessment, risk management and risk communication. The students learn the characteristics of hazards and effective control measure, and how to govern or live with risk under risk society. Introduction and several case studies on risk assessment and risk management are also provided on microbiological risk(food poisoning and infectious disease), food allergy, GMOs, clone meat, agricultural chemicals(ex. pesticides), food additives, dietary supplements and newly introduced nano-tech foods by advanced technology.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 153教室 Komaba Bldg.1 Room 153
講義使用言語 Language:英語 English
08H006346
FAS-HA4A01L3
東西文明学I(環境と身体6)
Eastern and Western Civilizations I (Environment and Body 6)
八村 敏志
Satoshi Hachimura
A1A2 火曜4限
Tue 4th
Food Safety and Risk Analysis

People have to live with food safety risk under global economy. There are lot of arguments for and against pesticides, GMOs, food additives etc. from the view point of food safety. Objective of this class is to learn the meaning of ‘food safety and risk” at the beginning, and then learn the international framework of food safety with risk assessment, risk management and risk communication. The students learn the characteristics of hazards and effective control measure, and how to govern or live with risk under risk society. Introduction and several case studies on risk assessment and risk management are also provided on microbiological risk(food poisoning and infectious disease), food allergy, GMOs, clone meat, agricultural chemicals(ex. pesticides), food additives, dietary supplements and newly introduced nano-tech foods by advanced technology.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 153教室 Komaba Bldg.1 Room 153
講義使用言語 Language:英語 English
08F140622
FAS-FA4E06S3
グローバル教養特別演習II(22)
Seminar in Global Liberal Arts II (22)
八村 敏志
Satoshi Hachimura
A1A2 火曜4限
Tue 4th
Seminar in Global Liberal Arts II (22)

People have to live with food safety risk under global economy. There are lot of arguments for and against pesticides, GMOs, food additives etc. from the view point of food safety. Objective of this class is to learn the meaning of ‘food safety and risk” at the beginning, and then learn the international framework of food safety with risk assessment, risk management and risk communication. The students learn the characteristics of hazards and effective control measure, and how to govern or live with risk under risk society. Introduction and several case studies on risk assessment and risk management are also provided on microbiological risk(food poisoning and infectious disease), food allergy, GMOs, clone meat, agricultural chemicals(ex. pesticides), food additives, dietary supplements and newly introduced nano-tech foods by advanced technology.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場1号館 153教室 Komaba Bldg.1 Room 153
講義使用言語 Language:英語 English
060100101
FAG-CC2I12L1
食の安全科学
Food Safety Sciences
中嶋 康博
Yasuhiro Nakashima
A1A2 水曜5限
Wed 5th
食の安全科学

生きていくためには食事は欠かせない。しかし不幸なことに時には食べ物が重篤な健康被害をもたらす。食を楽しみ健康に生きていくためには、食事はすべて安全でなければならないが、それを維持することは簡単なことではない。私たちは数多くの食べ物を囲まれて 生活している分、被害をもたらす様々な要因が潜んでいる。それらをどのように制御して安全で安心な食生活を実現するか。社会的に常に関心の高い問題であ る。 本講義では、フードチェーンの視角や危害要因の視点をベースにして、食の安全を守るため、技術や制度に科学、特に農学がどのように貢献しているについて学ぶ。そして食の安全問題がもつ多様性、複雑性、社会性について理解する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 農学部1号館 第8講義室、農学部1号館 第9講義室、農学部1号館 第10講義室 Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.8,Faculty of Agriculture,Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.9,Faculty of Agriculture,Faculty of Agriculture Bldg.1 Lecture Room No.10,Faculty of Agriculture
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4971210
GII-IA6121L3
Information, Technology, and Society in Asia 121
Information, Technology, and Society in Asia 121
佐橋 亮
SAHASHI Ryo
A1A2 火曜4限
Tue 4th
International Relations in East Asia

This course does not focus on a particular nation's foreign policy. Rather, we examine the impacts of both the rise of Asia, regionalism and American commitment on the order in East Asia. Behaviors of not only great powers but small and middle powers are to be analyzed.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 演習室E International Academic Research Bldg. Seminar Room E
講義使用言語 Language:英語 English
08F140625
FAS-FA4E06S3
グローバル教養特別演習II(25)
Seminar in Global Liberal Arts II (25)
マニナン ジョン
MANINANG John
A1A2 木曜3限
Thu 3rd
Health Science and Environment: The role of food safety in public and environmental health

Food safety is an essential global and public health issue. Aiming to protect consumer health, foods (including water) must be kept free from contamination throughout the production, storage and distribution continuum. The environment is a source of hazardous materials (i.e., biological, chemical, and physical) that could impair health resulting in malnutrition, morbidity, and mortality with the young (<5 years of age), elderly, and immuno-compromised particularly vulnerable. Public health is, therefore, inextricably linked with environmental health. This means that programs for food safety assurance needs to be holistic and transdisciplinary to be effective. The World Health Organization (1999) advocates that the health sector should take the lead responsibility in implementing and coordinating such efforts. In view of this, the sector should have an educated workforce that are able to identify agricultural, environmental, and health factors that impact food safety. In this class, we will discuss food safety-related environmental hazards, their mode of contamination, and the underlying mechanism of their risk to human health. Emerging and perennial foodborne illnesses will be elaborated from the concept of One Health – a transdisciplinary approach of considering not only the issue at hand, but all the other upstream factors related to it. At the end of the class, students should be able to understand and critically tackle concerns on food safety from a broader perspective.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 21KOMCEE West K402 21 KOMCEE West Room K402
講義使用言語 Language:英語 English
31D290-0242S
人間の安全保障演習VI
Seminar on Human Security VI
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0242S
人間の安全保障演習VI
Seminar on Human Security VI
田原 史起
TAHARA Fumiki
S1S2 水曜4限
Wed 4th
「ユーラシア地域大国論」を読む

 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」の主要な成果を輪読する。同プロジェクトは、日本の多数の中国研究者、インド研究者、ロシア研究者が参加し、国際関係、内政、経済、歴史、社会、文化の六つの班を設け、2008~2012年にかけて展開された。一国主義的な傾向を帯びやすい地域研究者が、研究者コミュニティの壁を越えて交流し、また専門地域以外での現地調査を通じて地域間の比較に踏み込んだという意味で、世界でも類を見ないプロジェクトであった。この授業では、同プロジェクトのもたらした知見と方法論、そして何よりも一人の研究者が複数の国を比較する「学びの楽しさ」を次世代の地域研究者に継承していくことを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場5号館 534教室 Komaba Bldg.5 Room 534
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 13936 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account