ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D210-1222S
GAS-IC6D02L1
超域文化科学特別講義II
Lecture on Interdisciplinary Cultural Studies II
加藤 磨珠枝
KATO Masue
S1S2 木曜3限
Thu 3rd
キリスト教美術にみる諸宗教

西洋古代後期から中世におけるキリスト教美術を中心に、その発展の歩みをたどりつつ、ユダヤ教やイスラームといった他の諸宗教美術との相互関係について学ぶ。それをもとに、キリスト教中心主義ではない広い視点から、西洋中世美術の理解を深めることを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-1222S
GAS-IC6D02L1
超域文化科学特別講義II
Lecture on Interdisciplinary Cultural Studies II
加藤 磨珠枝
KATO Masue
S1S2 木曜3限
Thu 3rd
キリスト教美術にみる諸宗教

西洋古代後期から中世におけるキリスト教美術を中心に、その発展の歩みをたどりつつ、ユダヤ教やイスラームといった他の諸宗教美術との相互関係について学ぶ。それをもとに、キリスト教中心主義ではない広い視点から、西洋中世美術の理解を深めることを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2514
FAS-CA4N14L1
特殊講義II[イタリア地中海研究コース]
Lectures on Special Topics II [Italian/Mediterranean Studies]
水野 千依
MIZUNO Chiyori
A1A2 未定
To Be Arranged 
西洋宗教美術史の射程

 西洋において、近代以降に措定された「芸術」概念を再考し,中・近世のキリスト教文化における「像」のあり方を理解することを目標とします。  中世からルネサンス期の西洋宗教美術を中心に、古来の記憶術に基づく瞑想や神学的思想、思考形式に照らして、キリスト教におけるイメージのありかたを多角的に講じます。伝統的な美術史の方法論を踏まえつつ、近年の新たな思想的動向にも目を向け、宗教美術史の射程を問い直すことを目的とします。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08F140807
FAS-FA4E08S3
グローバル教養特別演習IV(7)
Seminar in Global Liberal Arts IV (7)
鈴木 早苗
SUZUKI Sanae
A1A2 未定
To Be Arranged 
Comparative analysis on regional organizations and regional security

Regional organizations have different institutional designs for conflict management such as dispute settlement, conflict resolution and intervention into domestic politics of the member states. What explains differences in institutional designs? This course aims to answer this question from theoretical perspectives and empirical findings.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
08C1225
FAS-CA4D33S1
比較文学比較文化特殊研究I
Studies in Comparative Literature and Culture I
加藤 磨珠枝
KATO Masue
S1S2 木曜3限
Thu 3rd
キリスト教美術にみる諸宗教

西洋古代後期から中世におけるキリスト教美術を中心に、その発展の歩みをたどりつつ、ユダヤ教やイスラームといった他の諸宗教美術との相互関係について学ぶ。それをもとに、キリスト教中心主義ではない広い視点から、西洋中世美術の理解を深めることを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 319室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08B0071
FAS-BA4A01S3
専門英語(71)
English for Research (71)
鈴木 早苗
SUZUKI Sanae
A1A2 未定
To Be Arranged 
Comparative analysis on regional organizations and regional security

Regional organizations have different institutional designs for conflict management such as dispute settlement, conflict resolution and intervention into domestic politics of the member states. What explains differences in institutional designs? This course aims to answer this question from theoretical perspectives and empirical findings.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:英語 English
08C2101
FAS-CA4J01L1
イギリス歴史社会論I
British History and Society I
西川 杉子
NISHIKAWA Sugiko
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
イギリス歴史社会論1

16世紀・宗教改革前夜から18世紀・「啓蒙の世紀」に至る近世イングランド史を概観する。特に、宗教と政治の関係、またイングランドとヨーロッパ大陸との関係を重視して、「近世」という中世と近代の狭間の時期を論じていきたい。またそれと共に、イングランドの歴史・宗教・文化を理解する上で基本的な事項を、同時代史料を通して解説していく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-321 Komaba Bldg.8 Room 8-321
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
30270
CAS-GC1A54L1
社会思想史
History of Social Thought
森 政稔
MORI Masatoshi
S1S2 月曜5限
Mon 5th
近代社会形成期の社会思想:時間と空間の視点から

 本年度の社会思想史の授業では、ヨーロッパの近代形成期を主対象として、これらが、先立つ古代および中世の思想に対するいかなる関係において成立したのかを、時間と空間の視点を中心に解明することを主目的とする。  この時期の社会思想といえば、16世紀前半のマキァヴェリや宗教改革思想、そして大航海時代を受けて、主権国家の本格的な形成が始まり、それを巡ってボダンやモナルコマキらの論争があり、そしてイングランド革命期にはホッブズやロックら契約説が形成された。この時期は比較的短い期間に、近代社会の骨格を形成する最重要の理論が形成された。しかもこれらはいずれも重要で現代に及ぼす影響も大きいが、相互に対立する要素を含んでいることもたしかである。  このように一筋縄でいかないものとして、政治思想における近代とは何かを理解しようとするのが、この授業の主目的である。それに加えて、このような思想の形成を支えた条件として、大航海時代におけるヨーロッパ世界の社会空間の変化と、17世紀に頂点を迎えるいわゆる「科学革命」を重要な要因として関係付けることにしたい。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場13号館 1331教室 Komaba Bldg.13 Room 1331
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31064
CAS-GC1B21L1
地域文化論Ⅰ
Area Studies I
OPPENHEIMER Melanie
OPPENHEIMER Melanie
S1S2 木曜4限
Thu 4th
Australia and its World: cultural, historical and geopolitical perspectives

This course investigates Australia’s place in the world and its cultural, social and geopolitical histories. Australia is a unique country yet still unsure of its place in the world. What does it mean to be Australian? What is an Australian identity? Are we a British nation, or an Asian nation, or a multicultural nation? Why does Australia remain one of the most urbanized countries in the world yet has such a large land mass and small population? How is Australia viewed in our region? We will explore these questions and more through an historical interrogation of a range of events, issues and perspectives. The course will focus on four main themes: Aboriginal Australia, cross cultural conflict and modern society; war and identity; immigration and multiculturalism; and political structures and international relations with countries including Japan. Classes will offer opportunities for students to work on improving their English reading, writing and oral skills.

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場17号館 KALS(17号館2階) Komaba Bldg.17 KALS(2F, Bldg.17)
講義使用言語 Language:英語 English
31D220-0512S
GAS-AS6C01L1
地中海文化干渉論I
Cultural Interaction in the Mediterranean Area I
筒井 賢治
TSUTSUI Kenji
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
原始・初期キリスト教研究

参加者それぞれに原始・初期キリスト教や西洋古典学関連のテーマ(基本的には博士論文で扱っている/扱いたいと思っているテーマ)で自由に発表をしてもらい、それに基づいて全員で討議を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-422 Komaba Bldg.8 Room 8-422
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12397 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account