ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04195301
FLE-XX4307L1
文化交流特殊講義Ⅰ
Topics in Cross-Cultural Studies I
四日市 康博
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
海域アジア世界とユーラシアの交流史

東アジア海域から地中海東海域に及ぶ広義の「海域アジア世界」(「インド洋海域世界」)は古来からアジア世界、イスラーム世界、地中海世界を結ぶ要であり、東西ユーラシアを結ぶ「海の道」(マリンルート、セラミックロード)でもありました。一方、ユーラシア大陸は古くから「オアシスの道」(シルクロード)、「草原の道」(ステップルート)を通じて東西、南北に結びつけられ、さらには「海の道」と連環して人・モノ・文化の環流構造を形成していました。本講義では、東西ユーラシア交流の背景にある多様的・多層的な社会の連鎖とその構造、遊牧世界と定住世界の関係、国家と社会の繋がり、国家の枠を超えて移動した人々・モノ・文化などに焦点を当てつつ、海域アジア世界とユーラシアの交流の歴史について考えます。  また、歴史上における以下の要素について理解し、どうすれば自分を取り巻く現代社会の認識に応用できるのか自分自身で考えてみてください: - 現代の日本とは生活形態・価値観の異なる遊牧民・海上民・その他の中間勢力が歴史上果たした役割 - 遊牧社会と融合或いは棲み分けをすることによって展開した定住社会の構造 - 都市国家・港市勢力と大型領域国家(帝国)の共生・相克関係が海域アジア・ユーラシア世界の各社会に及ぼした影響 - 定住社会と遊牧社会、或いは都市国家と大型領域国家を繋いだ商業・宗教・政治・文化的な仲介要素

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 112教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2850
FAS-CA4Q01L1
アジア地域史I
Asian History I
大塚 修
OTSUKA Osamu
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
前近代世界の世界史像

現代を生きる我々は、人類がいかに誕生し、世界にはどのような人々が住んでいて、どのような歴史を経験してきたのかについて、ある程度の知識を共有している。しかし、これらの知識は近代以降西欧で体系化され、19世紀後半から20世紀にかけて世界各地で共有されるようになったもので、それ以前には、それぞれの伝統や価値観に基づいた歴史が各地域で書かれていた。この授業では、前近代世界における歴史叙述の中から、中東イスラーム地域における歴史叙述に焦点を当て、そこから、その地域で共有されていた世界史像を明らかにする。このような世界史像は、現代の中東イスラーム地域にも少なからず影響を与えており、そこに住む人々の歴史や文化を理解するために重要な作業だと言える。さらに、西欧で体系化された世界史像の延長線上にある、従来の世界史を批判的に検討する作業を通じて、歴史とは何か、について考えてもらいたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2441
FAS-CA4M08L1
ユーラシア(旧ソ連)地域文化論
Eurasian (Former Soviet Union) Area Studies
小松 久男
KOMATSU Hisao
A1A2 未定
To Be Arranged 
中央アジア近現代史の展開

中央アジアの近現代史は、1991年のソ連解体によって研究環境が激変した結果、世界的にみても急速に進展しつつあるが、未解明のことはきわめて多く、世界史における位置づけについてもこれからの検討に待つところが大きい。この授業では、19世紀後半のロシア統治期からソ連時代を視野におさめ、できるだけ同時代の史料や人物を紹介しながら、これまであまり知られてはいないが、動態に満ちた歴史をたどることにしたい。これによって、中央アジア近現代史の展開の概要をつかみ、日本との関係も含めて世界史における位置づけができるようにすることを目標とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2850A
FAS-CA4Q01L1
アジア地域史Ia
Asian History I (a)
大塚 修
OTSUKA Osamu
S1 木曜2限
Thu 2nd
前近代世界の世界史像

現代を生きる我々は、人類がいかに誕生し、世界にはどのような人々が住んでいて、どのような歴史を経験してきたのかについて、ある程度の知識を共有している。しかし、これらの知識は近代以降西欧で体系化され、19世紀後半から20世紀にかけて世界各地で共有されるようになったもので、それ以前には、それぞれの伝統や価値観に基づいた歴史が各地域で書かれていた。この授業では、前近代世界における歴史叙述の中から、中東イスラーム地域における歴史叙述に焦点を当て、そこから、その地域で共有されていた世界史像を明らかにする。このような世界史像は、現代の中東イスラーム地域にも少なからず影響を与えており、そこに住む人々の歴史や文化を理解するために重要な作業だと言える。さらに、西欧で体系化された世界史像の延長線上にある、従来の世界史を批判的に検討する作業を通じて、歴史とは何か、について考えてもらいたい。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C2850B
FAS-CA4Q01L1
アジア地域史Ib
Asian History I (b)
大塚 修
OTSUKA Osamu
S2 木曜2限
Thu 2nd
前近代世界の世界史像

現代を生きる我々は、人類がいかに誕生し、世界にはどのような人々が住んでいて、どのような歴史を経験してきたのかについて、ある程度の知識を共有している。しかし、これらの知識は近代以降西欧で体系化され、19世紀後半から20世紀にかけて世界各地で共有されるようになったもので、それ以前には、それぞれの伝統や価値観に基づいた歴史が各地域で書かれていた。この授業では、前近代世界における歴史叙述の中から、中東イスラーム地域における歴史叙述に焦点を当て、そこから、その地域で共有されていた世界史像を明らかにする。このような世界史像は、現代の中東イスラーム地域にも少なからず影響を与えており、そこに住む人々の歴史や文化を理解するために重要な作業だと言える。さらに、西欧で体系化された世界史像の延長線上にある、従来の世界史を批判的に検討する作業を通じて、歴史とは何か、について考えてもらいたい。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-324 Komaba Bldg.8 Room 8-324
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31152
CAS-GC1B23L1
比較地域史
Comparative Regional History
赤木 崇敏
AKAGI Takatoshi
S1S2 金曜2限
Fri 2nd
中央ユーラシア交流史

前近代において、ユーラシア全土にまたがる交通ネットワークの中心に位置する中央ユーラシアは、周縁の諸文明圏を結びつける大動脈として人・モノ・文化が行き交い、世界史を動かしてきた。この講義では、中央ユーラシアのなかでも特にオアシス地域にスポットライトをあて、この地域を軸に様々な民族や文化がどのように移動・交流し、ユーラシア世界がいかに変動したかを概観する。それにより前近代中央ユーラシア史の基礎知識を身につけるとともに、歴史の流れを巨視的に掴む力を養うことを目標とする。

単位 Credit:2
教室 Room: 駒場13号館 1312教室 Komaba Bldg.13 Room 1312
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0910S
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
林 少陽
LIN Shaoyang
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
日本思想史と中国学:内藤湖南を中心に

この授業では日本を代表とする東洋史の大家、内藤湖南(1866-1934)を中心に、日本近代史と中国古代史の視点を交差させることで内藤湖南の仕事を思想史的・史学史的に検討したい。内藤湖南は世界的には中国史の大家として知られており世界の中国史研究に莫大な影響を与えてきた。しかし湖南の近代日本におけるジャーナリストの顔と日本史の顔とは必ずしも日本以外の世界で知られているわけではない。湖南の業績は時評、中国をはじめとする東洋史、美術史など多岐的であるがので、この授業は基本的に指定した教科書を講読しながら各自の参加者の関心で湖南の書物とを合わせて読むことにしたい。内藤湖南の貢献と限界を合わせて議論したい。同時に、内藤湖南を史学史的に見るために、中国の史学史とアメリカの中国研究の歴史も合わせて参照したい。明治維新解釈史などの日本史学史も視野に入れたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-317 Komaba Bldg.8 Room 8-317
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0910S
アジア複合文化論I
Asian Multi-cultural Studies I
林 少陽
LIN Shaoyang
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
日本思想史と中国学:内藤湖南を中心に

この授業では日本を代表とする東洋史の大家、内藤湖南(1866-1934)を中心に、日本近代史と中国古代史の視点を交差させることで内藤湖南の仕事を思想史的・史学史的に検討したい。内藤湖南は世界的には中国史の大家として知られており世界の中国史研究に莫大な影響を与えてきた。しかし湖南の近代日本におけるジャーナリストの顔と日本史の顔とは必ずしも日本以外の世界で知られているわけではない。湖南の業績は時評、中国をはじめとする東洋史、美術史など多岐的であるがので、この授業は基本的に指定した教科書を講読しながら各自の参加者の関心で湖南の書物とを合わせて読むことにしたい。内藤湖南の貢献と限界を合わせて議論したい。同時に、内藤湖南を史学史的に見るために、中国の史学史とアメリカの中国研究の歴史も合わせて参照したい。明治維新解釈史などの日本史学史も視野に入れたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-317 Komaba Bldg.8 Room 8-317
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D210-0040S
文化制度論II
Theories of Culture and Institutions II
林 少陽
LIN Shaoyang
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
日本思想史と中国学:内藤湖南を中心に

この授業では日本を代表とする東洋史の大家、内藤湖南(1866-1934)を中心に、日本近代史と中国古代史の視点を交差させることで内藤湖南の仕事を思想史的・史学史的に検討したい。内藤湖南は世界的には中国史の大家として知られており世界の中国史研究に莫大な影響を与えてきた。しかし湖南の近代日本におけるジャーナリストの顔と日本史の顔とは必ずしも日本以外の世界で知られているわけではない。湖南の業績は時評、中国をはじめとする東洋史、美術史など多岐的であるがので、この授業は基本的に指定した教科書を講読しながら各自の参加者の関心で湖南の書物とを合わせて読むことにしたい。内藤湖南の貢献と限界を合わせて議論したい。同時に、内藤湖南を史学史的に見るために、中国の史学史とアメリカの中国研究の歴史も合わせて参照したい。明治維新解釈史などの日本史学史も視野に入れたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-317 Komaba Bldg.8 Room 8-317
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M210-0040S
文化制度論II
Theories of Culture and Institutions II
林 少陽
LIN Shaoyang
S1S2 水曜3限
Wed 3rd
日本思想史と中国学:内藤湖南を中心に

この授業では日本を代表とする東洋史の大家、内藤湖南(1866-1934)を中心に、日本近代史と中国古代史の視点を交差させることで内藤湖南の仕事を思想史的・史学史的に検討したい。内藤湖南は世界的には中国史の大家として知られており世界の中国史研究に莫大な影響を与えてきた。しかし湖南の近代日本におけるジャーナリストの顔と日本史の顔とは必ずしも日本以外の世界で知られているわけではない。湖南の業績は時評、中国をはじめとする東洋史、美術史など多岐的であるがので、この授業は基本的に指定した教科書を講読しながら各自の参加者の関心で湖南の書物とを合わせて読むことにしたい。内藤湖南の貢献と限界を合わせて議論したい。同時に、内藤湖南を史学史的に見るために、中国の史学史とアメリカの中国研究の歴史も合わせて参照したい。明治維新解釈史などの日本史学史も視野に入れたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-317 Komaba Bldg.8 Room 8-317
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12465 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account