学部後期課程
HOME 学部後期課程 量子力学
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

量子力学

・量子技術(量子情報・量子暗号・量子コンピューター等)が注目され、メディアでも盛んに取りあげられています。東京大学は量子イノベーションイニシアティブ協議会を設立しました。量子技術は、基礎研究に加えて実用化・社会実装の段階に移行していて、企業も続々と協議会を設立しています。➡ 発展:A2ターム「量子コンピューティング」
・量子力学は、システムの状態やダイナミクスを、古典的アプローチより桁違いに大きい表現力で記述する、新しい方法です。➡ 発展:A2ターム「第一原理シミュレーション技法」

これらの発展を念頭において、量子力学の幅広い基礎について講義します。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-SI3211L1
FEN-SI3211L1
量子力学
石川 顕一
A1
火曜2限、金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工3号館 工34号講義室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
1.古典システムから量子システムへ 2.演算子代数 3.波動力学の一般的構造 4.調和振動子と生成・消滅演算子 5.スピン 6.角運動量 7.観測・確率 8.ベルの不等式
成績評価方法
出席状況、レポート(演習課題)に基づいて行う(期末試験は実施しない)
教科書
量子論の基礎」、ガシオロウィッツ「量子力学I, II」
履修上の注意
基礎を固める(工学部共通)
その他
前提となる知識と項目:教養(駒場)レベルの量子力学(「構造化学」)と古典力学 応用先_分野と項目:A2ターム「第一原理シミュレーション技法」 A2ターム「量子コンピューティング」 事後履修:A2ターム「第一原理シミュレーション技法」,A2ターム「量子コンピューティング」