学部後期課程
HOME 学部後期課程 アントレプレナーシップII
過去(2018年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

アントレプレナーシップII

「アントレプレナーシップ」を辞書で引くと「起業家であること、起業家としての活動、起業家精神」といった訳語が並んでいます。周りを見回すと大企業や公的機関や研究機関で働く人が大多数の環境に居る皆さんにとって「起業」は別世界の出来事かもしれません。

本講義では「アントレプレナーシップ」という言葉の意味を起業よりも広く取り、「自らのコントロール可能な範囲を越えて好機とリソースを追い求め、社会の課題を解決することにより新たな価値を創造して維持可能な形で提供し続けること」と定め、これを実現するためのマインドセットと基礎知識を提供します。授業では主に起業について話しますが、学ぶ内容自体は大企業や公的機関、研究機関に属していても有用なものです。

「アントレプレナーシップ」科目は、I(S1ターム)、II(S2ターム)、III(A1ターム)の3科目で構成されます。「アントレプレナーシップI」では、主に起業家をゲスト講師として迎え、アントレプレナーシップのマインドセットとスタートアップのアイデアについて学びます。「アントレプレナーシップII」では、将来皆さんが起業することになった時に知っておく必要がある基礎知識や考え方を講義形式とゲスト講師から学びます。「アントレプレナーシップIII」では、ビジネスアイデアを議論しながら起業家の思考法をワークショップ形式で学びます。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-CO4432L1
FEN-CO4432L1
アントレプレナーシップII
長谷川 克也
S2
水曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工学部新2号館 工213号講義室
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
S2タームのアントレプレナーシップIIでは、将来起業することになった時に知っておく必要がある基礎知識や考え方を講義形式とゲスト講師から学びます。 第1回(6/6)「会社と資本政策」 第2回 (6/13) 「戦略とビジネスモデル」  (ゲスト講演)(株)東京⼤学エッジキャピタル ⽚⽥江 舞⼦ ⽒、宇佐美 篤 ⽒ 第3回 (6/20) 「顧客開発とデザイン思考」  (ゲスト講演) 学⽣起業家 第4回 (6/27) 「アイデアとプロダクト開発」  (ゲスト講演) エレファンテック(株) 杉本 雅明 ⽒ 第5回 (7/4) 「初期のマーケティングとセールス」  (ゲスト講演) (株)MUJIN 滝野 ⼀征 ⽒ 第6回 (7/11) 「事業成長と上場」  (ゲスト講演) (株)PKSHA Technology 上野⼭勝也⽒          (株)モルフォ 平賀督基⽒ 第7回 (7/18) 「ピッチと交渉」
授業の方法
・本科目は後期教養授業科目として登録されており、工学部以外からの履修も歓迎します。 ・本科目は大学院の科目としても登録されていますので、大学院生は科目コード3799-372の科目で履修登録して下さい。 ・単位取得が不要な場合は、アントレプレナー道場への登録だけで聴講も可能です。 ・本科目では、受講者とのコミュニケーションに email や Slack を多用します。受講者は UTAS 上の履修登録だけでなく、必ず下記「東京大学アントレプレナー道場」の申込フォームから web 登録をしてから出席してください。4月以降、申込フォームに登録したメールアドレスにslackの招待メールが届きますのでslackの登録をして下さい。 http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/activity/venture/education/dojo.html ・本講義では、講義中にwebコンテンツやwebツールにアクセスすることがあります。インターネット接続が可能なデバイス(望ましくはノートPC、なければスマートフォン等)を持参することを推奨します。 ・教室入場時に学生証の提示による身分確認を行います。学生証を忘れずにお持ちください。
成績評価方法
下記により評価します。  ・出席状況や授業中の小テスト  ・宿題の提出状況  ・レポート(1~2回)
その他
前提となる知識と項目:下記のような方を主な受講対象者と想定しています。 • 起業に興味のある人 • 新製品の開発に興味のある人 • 新規事業に携わることに興味のある人 • 将来のキャリアに悩む人 本講義の一つの目的は起業など別世界の出来事だと考えている皆さんに起業を身近に感じて頂き、キャリアの選択肢を広げてもらうことですので、やりたいことが見つからない人、起業のアイデアが無い人の参加も歓迎します。 何かを始めることできっとやりたいことも見つかるはずです。またアントレプレナーシップを学んでみて、やっぱり違った、という場合も自分の向き不向きを知るうえで重要なことです。この授業が皆さんのキャリアに新しい選択肢を提供できることを願っています。 事後履修:アントレプレナーシップIII 事前履修:アントレプレナーシップI(事前履修は必須ではありませんが、推奨します)