学部後期課程
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

特許法

優れた発明を適切に保護するために特許権の取得・活用が有効な手段となる。しかしながら、特許権取得・活用のためには手続きを含め特許法に対する十分な理解がなければならない。
本講義は、将来発明を創出する立場となる理工系の学生に必要な、特許法に関する基本的知識の習得を目的とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-CO4400L1
FEN-CO4400L1
特許法
小池 堂夫
S1 S2
水曜6限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工学部新2号館 工212号講義室
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
YES
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
・特許制度とはいかなるものかについてわかりやすく説明する。 1 知的財産権制度の概要 2 特許制度の概要 3 発明とは 4 特許を受けられる者 5 出願書類と記載要件 6 特許要件 7 特許取得手続 8 審判と審決取消訴訟 9 国際出願・優先権 10 権利活用 など。
成績評価方法
出席点40点、レポート60点による。
教科書
テキストはなし。講義に使用するパワーポイントのスライドは事前にITC-LMSで配布する。なお、参考書については、講義内で紹介。
履修上の注意
基礎を固める(工学部共通)
その他
前提となる知識と項目:特になし
実務経験と授業科目の関連性
特許審査官の経験を有する講師が、その経験を活かして、特許法の基礎について解説する。