学部後期課程
HOME 学部後期課程 Workshop towards communicating engineers
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

Workshop towards communicating engineers

国際的に活躍できる工学者を育成するため, 英語でのコミュニケーション能力, 英語でやりとりすることへの自信, そして国際的視野の涵養を目指します。様々なコミュニケーションスキルについて学び, その後工学における課題をクラスメートと協力しながら議論・検討し, 学んだスキルを実践・演習します。講義や活動を英語で行うことで, 学生が英語でやりとりをすることの楽しさを実感し, その結果として英語での会話能力・自信の向上を目指します。講義が30%, 演習が70%の演習重視の授業です。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-CO3007S2
FEN-CO3007S2
Workshop towards communicating engineers
高鍋 和広
S1 S2
月曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語、英語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
工学や学術一般に関わる上で必要なコミュニケーションスキル(メールの書き方, 職業倫理, 異文化理解, プレゼンテーション, クリティカルシンキング, 時間管理, ワーク・ライフ・バランス, 履歴書の書き方, エレベーターピッチなど)について短く講義し, その後グループワークなどを通して, 工学分野での課題について議論しながら, それらのスキルを演習する。これらを全て英語で行うことに努める。
授業の方法
【履修上の注意事項】 ・授業は基本的に英語で行います。 ・毎授業時にノートPC・タブレットを持参すること。 ・シャドーイング課題を行うのに有線のイヤホン (マイク付き)が必要になります。持ち合わせていない学生には, 工学部8号館324号室にて貸し出します。
成績評価方法
出席 (20%) 授業内課題 (30%) AIスピーキング課題 (30%) エレベーターピッチ (20%) ------ 可 (100-60%), 不可 (59-0%)
履修上の注意
実践力をつける