学部後期課程
HOME 学部後期課程 計測通論A
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

計測通論A

計測はあらゆる科学技術の基礎であり,必要不可欠なものである.本講義の目的は,計測に関する基本的な事項を学び,自ら計測システムを組むことができる能力を獲得することである.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-CO2601L1
FEN-CO2601L1
計測通論A
並木 明夫
A1 A2
水曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
本講義の講義時間は105分です. 1.計測の基礎: 単位系,計測システムの基本構造 2.各種センサの原理と実装:力センサ,位置・速度・加速度センサ,温度センサ,流体センサ,光センサなど 3.センサ情報の信号処理:アナログ処理回路,デジタル処理 4.センサ情報の統計処理:計測誤差,最小二乗法
授業の方法
本講義の講義時間は105分です.
成績評価方法
レポートによる評価
教科書
はじめての計測工学(改訂第2版) ,南茂夫,木村一郎,荒木勉,講談社
履修上の注意
基礎を固める(工学部共通)
その他
前提となる知識と項目:前期課程における数理科学、力学、電磁気学、熱力学、情報
実務経験と授業科目の関連性
-