学部後期課程
HOME 学部後期課程 量子力学第二
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

量子力学第二

量子力学における対称性の議論や近似理論などを学ぶ。たとえばスピン角運動量は量子力学に特徴的な対称性と関わっており、摂動論やWKB近似は代表的な近似理論である。量子力学の本質を理解し、具体的な物理系に適用することを目標とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
FEN-AM3232L1
FEN-AM3232L1
量子力学第二
沙川 貴大
S1 S2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工6号館 工63号講義室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
工学部
授業計画
1.線形代数と量子力学 1-1.状態ベクトルと物理量(復習) 1-2.パウリ演算子 1-3.合成系の状態 2.対称性と保存則 2-1.並進対称性と運動量 2-2.回転対称性と軌道角運動量 2-3.対称性と群 3.角運動量とスピン 3-1.角運動量の代数 3-2.角運動量の合成 4.磁場中の荷電粒子(+α) 4-1.電磁場中の量子力学 4-2.アハラノフ・ボーム効果 4-3.断熱近似とベリー位相 5.摂動論 5-1.時間に依存しない摂動 5-2.具体例:一電子原子 5-3.相互作用表示 5-4.時間に依存する摂動 6.量子力学と古典力学の関係 6-1.古典解析力学(復習) 6-2.経路積分 6-3.WKB近似 7.多粒子系の量子力学 7-1.ボゾンとフェルミオン 7-2.ヘリウム原子
授業の方法
4月5日は休講です。次の4月19日は完全オンラインで行います: https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/***** その後、4月26日からは通常の対面講義を行います。
成績評価方法
主に試験によって評価する。
教科書
上、下』(吉岡書店)
履修上の注意
基礎を固める(分野別基礎)