学部前期課程
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

美術論

デザインを考える/デザインから考える
この授業では「デザイン」を単なる意匠や機能性としてではなく、近代における人間の生活様式の設計として考え直し、その視点から近代デザインの歴史を現在にいたるまで概観し、その上でデザインの観点から現代の諸問題について考察を試みる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
51461
CAS-GC1A34L1
美術論
桑田 光平
A1 A2
月曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
以下を予定している(変更の可能性あり)。 第1回:デザインとは何か(1) 第2回:デザインとは何か(2) 第3回:ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツ運動 第4回:アール・ヌーヴォーの冒険 第5回:DWBからバウハウスへ 第6回:イタリア未来派とデ・ステイル 第7回:ロシア・アヴァンギャルドとアール・デコ 第8回:消費社会と(それ以後の)広告デザイン 第9回:誰がデザインするのか?--都市と建築を中心に 第10回:日常をデザインする 第11回:「想定外」とスペキュラティヴ・デザイン 第12回:ポスト<人新世>のデザイン 第13回:まとめ
授業の方法
パワーポイントを用いた講義形式での授業
成績評価方法
授業後のレスポンスシートと学期末のレポートによる評価
履修上の注意
この授業はオンラインで行う。