学部前期課程
HOME 学部前期課程 学術フロンティア講義 (医科学研究最前線)
過去(2022年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2023年3月15日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

学術フロンティア講義 (医科学研究最前線)

医科学研究最前線
がん・免疫/アレルギー疾患・感染症をはじめとする難治性疾患の病因・病態の解明と、これらの疾患に対する治療・予防法の開発を目指す医科学研究所の研究活動の実際を紹介する。さらに、関連する分野(老化、疾患ゲノム解析、難治性感染症、マウス発生工学、ワクチン療法)の動向について、集中講義形式で分かりやすく解説する。

※開講⽇時:令和2年12⽉10⽇(⼟)9:15〜16:40、および12⽉11⽇(⽇)9:30〜16:40

<12⽉10⽇>
9:15〜9:30 医科研紹介
9:30〜16:40 講義(1コマ90分、12:40〜13:30昼休み)

<12⽉11⽇>
9:30〜16:40 講義(1コマ90分、12:40〜13:30昼休み)

※開講はZOOMを利用したオンラインで行う。
※ガイダンスは本年度は行わない。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
51439
CAS-TC1100L1
学術フロンティア講義 (医科学研究最前線)
中西 真
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
その他(学内等) シラバス参照
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
医科学研究所を構成する6部門・施設(感染・免疫部門、癌・細胞増殖部門、基礎医科学部 門、ヒトゲノム解析センター、先端医療研究センター・システム疾患モデル研究センター) から選出された講師が、それぞれの専門分野の動向を8コマの講義形式で概説する。 ⽇時 令和2年12⽉10⽇(⼟)9:15〜16:40、および12⽉11⽇(⽇)9:30〜16:40 場所 東京大学医科学研究所(白金台キャンパス)講堂 令和2年12⽉10⽇(⼟) 9:15 「医科研紹介」 中西 真(癌・細胞増殖部門 癌防御シグナル分野) 9:30 「ゲノム研究の新次元」 井元 清哉(ヒトゲノム解析センター 健康医療インテリジェンス分野) 11:10 「新型コロナウイルスの膜融合機構の解析と治療薬探索」 山本 瑞生(アジア感染症研究拠点) 12:40-13:30 昼休み 13:30 「臨床から研究、そして臨床へ〜IgG4関連疾患」 山本 元久(附属病院 アレルギー免疫科) 15:10 「細胞接着とがん」 村上 善則(癌・細胞増殖部門 人癌病因遺伝子分野) (16:40終了) 令和2年12⽉11⽇(⽇) 9:30 「中国における医科研の国際共同研究プロジェクト」 林 光江(アジア感染症研究拠点) 11:10 「ゲノム研究による疾患の起源の解明」 南谷 泰仁(先端医療研究センター 造血病態制御分野) 12:40-13:30 昼休み 13:30 「ゲノム編集技術の基礎から応用まで」 吉見 一人(実験動物研究施設 先進動物ゲノム研究分野) 15:10 「細胞が環境ストレスに適切に応答する仕組み」 舘林 和夫(遺伝子解析施設 フロンティア研究領域) (16:40終了)
授業の方法
講義形式 <開講形式について> 12月10日、12月11日の講義は、医科学研究所講堂にて開講いたします。
成績評価方法
レポート <レポートについて> ・レポート内容︓8講義全てについて、⾃分が興味を持った内容をまとめる。 ・形式︓⼀つのPDFファイルで提出(講師1⼈につきA4⽤紙1ページ、計8ページ(表紙含 まず))・・・ファイル名は、学籍番号+⽒名とすること ・提出先︓以下のURLの受取フォルダにアップロードしてください。 https://webfs.adm.u-tokyo.ac.jp/***** ・提出期間:令和4年12月12日(月)~令和4年12月16日(金)(厳守) ・その他:A4用紙1ページごとに、氏名、所属科類もしくは学部・学科、学年、学生証番号を必ず明記すること。
履修上の注意
本講義では、未発表の最新の研究成果を教材として⽤いる場合があるため、講義内容の写真 撮影及び撮影画像については、参考資料として個⼈的な目的での使⽤は許可するが、イン ターネット等、「公の場」への公開および使⽤を禁⽌する。