大学院
HOME 大学院 事例研究(コーポレートガバナンス)
過去(2018年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

事例研究(コーポレートガバナンス)

近年、コーポレートガバナンスが問題となる事例が数多く見られ、また、日本の制度に伴うバイアスについての研究も進んできている。そして、こうした事例に対応する形で、新たなガバナンスの方式が模索・提案されたりもしてきた。
この授業では、こうした事例を取り上げ、それはどのような原因・メカニズムで発生するのか、そしてそうした問題は今後どのようにすれば改善することができるのか、コーポレートガバナンス制度の評価という視点から検討を行っていく。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
5140715
GPP-MP6Z40S1
事例研究(コーポレートガバナンス)
林 良造
A1 A2
水曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
公共政策学教育部
授業計画
スケジュール(予定)  1. 9月26日 イントロダクション 林・佐藤  2.10月 3日 コーポレートガバナンスの基礎知識 林・佐藤  3.10月10日 コーポレートガバナンス制度の発達 中原・佐藤  4.10月17日 日本における制度の歴史 中原・佐藤  5.10月24日 各国の制度比較 林・佐藤  6.10月31日 制度の評価の視点 林・中原・佐藤  7.11月 7日 第一回発表 林・佐藤  8.11月14日 論点に応じたゲストスピーカ  9.11月21日 論点に応じたゲストスピーカ  10.11月28日 論点に応じたゲストスピーカ 11.12月 5日 論点に応じたゲストスピーカ 12.12月12日 第2回発表 13.12月19日 総括
授業の方法
演習形式 具体的には、参加者は割り当てられた事例について自ら調査し、発表を行う。その上で、当該事例におけるガバナンスの問題点や今後の方策について議論を進めていく。 最終的には、学期末にレポートの提出を求める。
成績評価方法
・授業への参加状況 (20%) ・授業における報告 (30%) ・期末レポート (50%)
教科書
特になし。
参考書
授業の中で適宜示す。
履修上の注意
前期の「コーポレートガバナンス」を受けていることが望ましいが、後期からの参加者も歓迎する。同授業を未履修の者については、コーポレートガバナンスに関する基礎的な文献等により適宜自習した上で履修することが望ましい。
その他
関連科目 コーポレートガバナンス