大学院
HOME 大学院 事例研究(財政政策Ⅱ)
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

事例研究(財政政策Ⅱ)

財政政策、税制、財政運営に関係する事例研究をおこなう。問題の設定、基本的な事実に関してのリサーチをおこない、解決策を探る。

この授業では、新型コロナウイルス感染症対策が経済に与えた影響を定量的に評価する。対策による社会経済活動の制限は多大な費用をもたらしたが、実行時にはその費用が勘案されないままであった。今回の経験を踏まえて対策の費用を計測することは、今後の合理的な意思決定に資する重要な課題である。
産業、労働者、教育、財政等の特定のトピックについて、文献調査を行うとともに、自ら数量データを用いた評価を行う。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
5140310
GPP-MP6E40S1
事例研究(財政政策Ⅱ)
岩本 康志
A1 A2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
国際学術総合研究棟 演習室D
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
公共政策学教育部
授業計画
第1~2回 課題の説明 第3~6回 指定文献の発表 第7~8回 レポート中間報告と討議 第9~11回 指定文献の発表、レポートの改善点に関する討議 第12~13回 レポート最終報告と討議
授業の方法
1.受講生は指定された文献の発表をおこなう。 2.また、受講生は3名程度のグループを構成し、財政政策、税制、財政運営に内包される課題の解決に主体的に取り組み、レポートをまとめる。
成績評価方法
平常点と学期末に提出されたレポートによる。
教科書
指定しない。
参考書
指定しない。
履修上の注意
3名程度のグループによる共同作業が基本である。経済政策コース以外の学生も参加可能である。