学部前期課程
HOME 学部前期課程 文理融合ゼミナール(認知と芸術)
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

文理融合ゼミナール(認知と芸術)

(2023.9.25 追記) 芸術創造性の実践演習 ー身体と心で向き合う創作と心理学的プロセスー Exploring cognitive process of artistic creation through hands-on art making
この授業では,芸術の実践的な演習を通して身体レベルと思考レベルの創造プロセスの方法を身につける。身体レベルの創造に関しては,外界とのインタラクションを中心としたワークを行い,自己の記録および他者と共有することでその可能性を探る。思考レベルの創造に関しては,既存の思考の枠を外して新しいアイデアを発想することの理解を,講義とワークの双方を通じて深めていく。身体レベルと思考レベルの双方の活動からアイデアを統合させ作品創作を行い、最後の授業で発表することが求められる。この二つのタイプの活動を通して,芸術の創作プロセスに関する体験的理解を深めると共に,身体と思考を融合した創造活動についての知見を得ることを目指す。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
51302
CAS-IC2410S1
文理融合ゼミナール(認知と芸術)
高木 紀久子
A1 A2
水曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
1. 講義:オリエンテーション(全体概要とフロッタージュなど身体を通じた表現の解説) 2. 演習:フロッタージュ演習 タクティクルラインの演習 3. 講義: 芸術創作に関する創造性研究 1 4. 演習:フロッタージュ演習(描画材の応用)タクティクルラインの演習 5. 講義:芸術創作に関する創造性研究 2 6. 講義:エキスパートの芸術創作   演習:フロッタージュの展開(多様な支持体に¬よる効果,空間への展開) 7. 講義:芸術創作のプロセス (現代美術家の作品創作のモデル)   演習:ポートフォリオへのまとめ 8. 美術館見学(この時期開かれている展覧会に行き、実際の作品の鑑賞体験を得る) 9. 講義:最終作品に向けての解説 (参考スライド: 諸領域との関係性)   演習:グループディスカッション、作品企画  10. 作品制作 (個別指導) 11. 作品制作 (個別指導) 12. 作品制作 (個別指導)プレゼンテーション計画 (個別指導) 13. 作品発表・講評 期間中ゲストを招いた講義を予定している。 なお、授業計画は履修者数、教室状況、コロナ感染状況などにより変更が生じることがある。
授業の方法
実際に身体を動かして作品を作るという演習形式で,アートの創造性について学ぶ。加えて,心理学論文のレビューとディスカッション、ワークを通じて理解を深める。受講生は毎回の授業と実際の制作活動への参加が求められる。
成績評価方法
最終発表ならびに通常授業の出席と授業への積極的な参加を重視して評価を付ける。
履修上の注意
履修希望者は必ず初回のオリエンテーションに出席すること。実技の授業なので,必ず出席して,授業に参加すること。なお,実践授業の性質上,受講希望者が多い場合は,何らかの形で人数制限をする可能性がある。