大学院
HOME 大学院 コーポレイトファイナンスと公共政策
過去(2019年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

コーポレイトファイナンスと公共政策

企業と資本市場
企業活動と資本市場の接点にあるCorporate Financeについてその基本原理と関連事項について理解すること。そして、将来、投資銀行、商業銀行、財務コンサルティングや事業会社の財務部門などでCorporate Financeの仕事に従事することを希望する人、また、官庁や中央銀行などで民間企業の金融活動の規制監督業務に従事することを希望する人のために基本的知識を身につけるとともにケース討論等を通じて学習した知識を応用する能力を付けること。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
5123480
GPP-MP6E20L1
コーポレイトファイナンスと公共政策
新井 富雄
A1 A2
火曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
公共政策学教育部
授業計画
1. 財務分析の基礎 2. 資産価格評価の基本原理  3. 投資意思決定 4. 投資プロジェクトの評価:事例検討  5. 投資家の行動とCAPM 6. 資本コストの推定 7. 資本構成:MM理論 8. 負債と税金 9. エージェンシー問題と資金調達 10. 分配政策 11. 企業価値の評価 12. 買収合併 13. リスク管理
授業の方法
基礎的概念については講義。理解を深め応用力を付けるためいくつかのトピックスに関してはハーバード・ビジネススクール等のケースを使ってクラス討論する。
成績評価方法
試験(60%)、課題レポート(20%)および授業参加(20%)による。ただし、レポート提出は必須。
教科書
新井富雄/高橋文郎/芹田敏夫『コーポレート・ファイナンス:基礎と応用』中央経済社、2016年。
参考書
Berk/DeMarzo,"Corporate Finance(4th ed.)", Pearson,2017. McKinsey & Co.,"Valuation: Measuring and Managing the Value of Companies(6th ed.)",Wiley,2016.
履修上の注意
経済学、統計学、会計学、経済数学に関する基本的知識を習得済みであることが望ましい。