大学院
HOME 大学院 電力ネットワークの経済学
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

電力ネットワークの経済学

電力ネットワークの経済学/ Economics of Electricity Networks
電力システムの大改革が進行中であり、再生可能エネルギーの大量導入、供給安定性の確保、国民負担の低減の3つを同時に達成するための、電力システムの再設計が目指されている。非凸性等の複雑な技術的特性を反映して、電力市場の設計は経済学にとってチャレンジングな課題を多く提供している。この授業では電力システムの経済学的な側面をなるべくわかりやすく解説し、電力市場の設計に関する理解を深めることを目的とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
5123252
GPP-MP6E20L3
電力ネットワークの経済学
金本 良嗣
A1 A2
月曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
公共政策学教育部
授業計画
1.イントロダクション:授業の狙いと概要 2.電力システムの技術的特性 3.需要、給電、送電の最適化と市場均衡 4.電源キャパシティーの最適化と市場均衡 5.送電網投資の最適化と値差収入 6.信頼度評価:アデカシー、セキュリティー、レジリエンス 7.容量市場 8.容量市場とアデカシー便益 9.発電における非凸性と電力市場設計:米国ISO市場 10.発電における非凸性と電力市場設計:欧州市場 11.需給調整市場、インバランス料金、逼迫時プライシング 12.送電網投資 13.市場支配力対策
授業の方法
講義とディスカッション
成績評価方法
期末レポート,小課題,ディスカッション貢献度による。
教科書
特になし。
参考書
ミクロ経済学の教科書:  清野一治『ミクロ経済学入門』日本評論社,2006年  八田達夫『ミクロ経済学Expressway』東洋経済新報社,2013年 電力市場の教科書:  Stoft, S. , (2002), Power System Economics, Wiley-IEEE Press.  Darryl R. Biggar, Mohammad Reza Hesamzadeh, The Economics of Electricity Markets (Wiley - IEEE), 2014/9/22.  Allen J. Wood, Bruce F. Wollenberg, Gerald B. Sheblé, Power Generation, Operation, and Control, Wiley-Interscience, 2013/3/20.  Anna Cretì, Fulvio Fontini, Economics of Electricity: Markets, Competition and Rules, Cambridge University Press 2019/5/30. 世界の電力市場改革のレビュー:  Fereidoon P. Sioshansi, Competitive Electricity Markets: Design, Implementation, Performance, (Elsevier Global Energy Policy and Economics Series), 2008/3/25. Jean-Michel Glachant , Paul L. Joskow, Michael G. Pollitt, Handbook on Electricity Markets, Edward Elgar Publishing Limited, 2021.
履修上の注意
ミクロ経済学の初歩(上記参考書のレベル),最適化問題の初歩(ラグランジュ乗数,キューンタッカー条件等),確率統計の初歩(期待値,標準偏差,確率分布,正規分布等)の知識を前提とする.電気工学の知識は前提としない