学部前期課程
HOME 学部前期課程 古典語初級(ギリシア語)Ⅱ
過去(2022年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2023年3月15日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

古典語初級(ギリシア語)Ⅱ

古典ギリシア語の手ほどき(のつづき)
古典ギリシア語で綴られた平易な文章を読解するための力を培う。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
50692
CAS-GC1Lu2L1
古典語初級(ギリシア語)Ⅱ
上野 愼也
A1 A2
木曜1限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場1号館 152教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
教科書第18課あたりから始める。一回に二課ずつ進むことを目指すが、出席者の進度を見て塩梅する。 ※Sセメスタ、Aセメスタの二箇セメスタをかけて、初級文法を一通り学習する段取りである。注意されたい。Aセメスタから本講義に合流を希望する学生は、教科書該当箇所までの事項を事前に各自で習得しておくこと。
授業の方法
各章の文法事項を解説した後、章末の練習問題を出席者に解いて貰う。留意すべき点について、説明を補足する。
成績評価方法
平常点と期末試験による。平常点とは、授業時間中、教科書の問題演習をする際に、自己の予習結果を発表する事で積み上がる点の事を謂う。「出席点」なるものは存在しない。 遠隔授業においても履修者の平常点が積み上がるよう工夫するので、安心して受講されたい。
履修上の注意
古典語初級文法の伝授には二箇セメスタを要する。履修に志した者は、翌春まで待つこと。学年、セメスタともに早め早めの履修を検討すること(古典語の学力を涵養するには手間も暇もかかる。極力早めの学年のSセメスタから履修を開始することを強く推奨する)。 履修希望者は教員教務アドレス*****)宛に次の要領でメイルを送ること。今後、各種の連絡は発信アドレスに対して送付する。 件名:学籍番号氏名「古典語初級(ギリシア語)II」履修希望 本文:学籍番号氏名    希望するハンドルネイム(発音できるものに限る。遠隔授業時に用いる可能性がある)    なぜ古典ギリシア語を学ぶのかを説明する文章(字数制限なし) 注意:Sセメスタでこの授業に参加した学生は「なぜ古典ギリシア語を学ぶのかを説明する文章」を省き「継続」で済ませてもよい。新規に書き下ろしてもよい。 締切日 2022年10月3日 23時59分