学部前期課程
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

生態学

生態学
生態学は,身近な環境での生き物の生活史から,地球レベルでの生物圏の挙動や物質循環に至るまで,広いスケールを対象にする.同時に,個体レベルでの遺伝的多様性,個体群(集団)や生物群集の動態,そして物質循環とエネルギー流を示す生態系に至るまで,多段階の階層性を持つことになるため,生態学の理解は多岐に渡り,一筋縄ではいかない面がある.しかし,それが自然界で生活している生き物と生態系の実態であり,生態学を学ぶ面白さでもある.
本講義の初回は生態学とはどのような学問かを紹介した後,前半(担当,奥崎)には動物を対象として,個体群動態/種間相互作用/群集構造/進化のメカニズム/性にまつわる進化/種分化などを解説する.後半(担当,川北)には主に植物生態の視点から,日本と世界の植生/環境条件と植物群集/種多様性の地理的パターン/生態系における物質の流れ/共生/生物多様性の保全などを解説する.
講義を通して基礎科学としての生態学を学ぶだけに留まらず,人間社会との接点に位置する自然環境や生物多様性の保全,そして生態系への人為的負荷と地球環境への視点も養うことを目標とする.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
50285
CAS-GC1D13L1
生態学
奥崎 穣
A1 A2
火曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
第1回 生態学とは? ―ガイダンス ―前半担当― 第2回 個体群動態 第3回 種間相互作用 第4回 群集構造 第5回 進化のメカニズム 第6回 性にまつわる進化 第7回 種分化 ―後半担当― 第8回 日本と世界の植生 第9回 環境条件と植物群集 第10回 種多様性の地理的パターン 第11回 生態系における物質の流れ 第12回 共生 第13回 生物多様性の保全
授業の方法
Zoom上でスライドを映写し,それを資料として解説を行う.時々教員から質問を発することもある.授業時間は90分(10:25-11:55)とする.
成績評価方法
授業の最後20分で授業内容に関する小テストを実施し,第1回以外の12回分の点数で成績評価を行う.小テストへの回答は授業当日の13時までにITC-LMSに提出すること.スライドと小テストは授業前にITC-LMSにアップロードする.
履修上の注意
わからないことがあれば,第1~7回については奥崎(*****)に,第8~13回については川北(*****)に連絡してください.