大学院
HOME 大学院 画像情報圧縮
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

画像情報圧縮

画像符号化方式
インターネット映像,ケータイ画像、デジタルカメラ,デジタルTVなど様々なマルチメディア応用が社会に与える影響は大きい。それらを可能にする技術が画像符号化である。すでに,膨大な画像情報は,様々な標準方式で蓄積され、それらはネットワークを介してマルチメディア応用に供されている。画像符号化技術、標準方式の能力と限界を知ることが重要であり,このコースは、デジタル画像符号化の深い理解を与えることを目的とする。深層学習の進展により,学習型の圧縮技術も研究され始めた。その現状についてもまとめる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4990350
GII-WS6127L3
画像情報圧縮
相澤 清晴
A1 A2
月曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
学際情報学府
授業計画
1. デジタル画像符号化の概要 2. デジタル画像の基礎,表現 2. ロスレス符号化 3. 量子化と損失 4. 予測符号化 5. 直交変換と変換符号化 6. 離散コサイン変換 7.JPEG 8.ウェーブレット,サブバンド 9.JPEG2000 10. 動き補償とハイブリッド符号化 11.H.261,MPEG1 12. MPEG2 13.H.264, H.265, H.266 14, 深層学習に基づく学習型圧縮
授業の方法
講義の予定。
成績評価方法
講義出席と課題レポートの予定。
教科書
特になし。
参考書
資料は講義中に指示。
履修上の注意
講義の区切り目で、レポート提出有り。
その他
授業形態については、変更の可能性あり.