大学院
HOME 大学院 生物統計情報学特論Ⅶ

生物統計情報学特論Ⅶ

生物統計情報学特論VII:因果推論
人を対象とした医学研究の大きな目的として、治療法や喫煙などの曝露の健康影響を適切に評価することが挙げられる。統計的因果推論はこのような原因・結果間の因果関係を把握するための考え方やデータ解析手法を提供する分野である。本講義では、医学研究における因果推論の基礎的事項から近年の発展までを講義し、因果効果の推定のために必要な考え方や方法論について理解することを目的とする。また、この分野の教科書や論文を読むための基礎能力を身に着けることも目指す。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4962470
GII-BS6307L1
生物統計情報学特論Ⅶ
松山 裕
S1
水曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
病院中央診療棟2 生物統計情報学講座ゼミ室(8F)
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
学際情報学府
授業計画
① 4月10日 交絡と層別解析(回帰・傾向スコア) ② 4月17日 統計モデルを用いた層別解析 ③ 4月24日 SAS演習 ④ 5月8日 因果モデル概論、因果ダイアグラムの基本 ⑤ 5月15日 操作変数法 ⑥ 5月22日 時間依存性交絡とその調整 ⑦ 5月29日 SAS演習
授業の方法
講義とSASによる演習(適宜、資料を配布する)
成績評価方法
演習・レポート(50%)、出席(50%)
教科書
・ 調査観察データの統計科学. 星野崇宏 著(岩波書店) ・ 多変量解析の展開;隠れた構造と因果を推理する.佐藤俊哉、松山 裕「疫学・臨床研究における因果推論」(岩波書店) ・ 岩波データサイエンス Vol.3. 岩波データサイエンス刊行委員会 編(岩波書店) ・ Hernán MA, Robins JM. Causal Inference. Chapman & Hall/CRC, forthcoming. ・ Pearl J, et al. Causal Inference in Statistics: A Primer. Wiley, 2016.
参考書
・ 調査観察データの統計科学. 星野崇宏 著(岩波書店) ・ 多変量解析の展開;隠れた構造と因果を推理する.佐藤俊哉、松山 裕「疫学・臨床研究における因果推論」(岩波書店) ・ 岩波データサイエンス Vol.3. 岩波データサイエンス刊行委員会 編(岩波書店) ・ Hernán MA, Robins JM. Causal Inference. Chapman & Hall/CRC, forthcoming. ・ Pearl J, et al. Causal Inference in Statistics: A Primer. Wiley, 2016.
履修上の注意
希望者は1回目の講義に必ず出席すること。
その他
生物統計家として習得しておくべき方法論であり、履修を推奨する。