大学院
HOME 大学院 生物統計情報学特論Ⅴ
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

生物統計情報学特論Ⅴ

メディカルライティング
医学論文の基本的構造、CONSORT、STROBE、PRISMA などの各種ガイドラ
インを理解し、医学雑誌、生物統計学関連雑誌への投稿論文の書き方に必要な基礎知識を習得することを目的とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4962450
GII-BS6305L1
生物統計情報学特論Ⅴ
小出 大介
S1
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
病院中央診療棟2 生物統計情報学講座ゼミ室(8F)
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
学際情報学府
授業計画
①4月8日 医学論文の基本構造、Pubmedによる文献検索(PC演習)(麻生) ②4月15日 Reporting ガイドラインとクリティカルリーディング (麻生) ③4月22日 Title, Abstract,のルール(麻生) ④5月6日 Introductionのルール(麻生) ⑤5月13日 Method, Resultsのルール(麻生) ⑥5月20日 Discussion、Response to reviewersのルール(麻生) ⑦5月27日 課題発表(小出・麻生)
授業の方法
・講義(テーマごとに資料が配布される)とグループディスカッション ・毎回の講義に関連したミニレポートを毎週提出すること 状況に応じて変更することもあるので、適宜UTAS、ITC-LMSを確認すること。
成績評価方法
レポート(50%)、出席(50%)で評価する。
教科書
資料を配布する。
参考書
・東大医学部図書館Pubmedの使い方(http://www.lib.m.u-tokyo.ac.jp/*****) ・必ずアクセプトされる医学英語論文 完全攻略50の鉄則 康永秀生 (金原出版) ・Science Research Writing: A Guide for Non-Native Speakers of English. Hilary Glasman-deal(Imperial College Press)
履修上の注意
生物統計家として理解しておくべき分野であり、履修を推奨する 講義日程に変更がある場合があるため、適宜UTAS、ITC-LMSを確認すること。 出席については、ITC-LMS上で各自登録すること。 ・ 登録可能時間帯:規定の授業時間内とその前後10分 ・ 遅刻扱い:規定の授業開始時間の15分後以降の登録
その他
履修登録をせず、聴講のみを希望する場合は、聴講を希望する科目の担当教員から 事前に許可を得ること。ただし、以下のことに留意すること。 ・ 聴講希望者は、氏名、所属、メールアドレス、 聴講希望科目を ***** まで連絡すること。 ・ 希望者が多数の場合は、人数を制限することがある。 ・ 統計解析ソフトウェア SAS を用いた実習を行う科目を受講する際は、SAS がイン ストールされたノート PC を各自用意すること(PC の貸与はありません)。 ・ 聴講が認められた科目には、特段の理由がない限り、最終講義まで出席すること (欠席が多い場合は、他科目の聴講申請・聴講許可を取り消す場合がある)。