大学院
HOME 大学院 生物統計情報学研究法Ⅲ

生物統計情報学研究法Ⅲ

生物統計情報学研究法III(生存時間解析)
理論の講義と実際の医学データを用いた解析演習 (統計解析プログラムパッケージ SAS及びRを使用)を通して、生存時間解析の基礎から応用までを学習する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4962230
GII-BS6203L1
生物統計情報学研究法Ⅲ
松山 裕
S2
木曜3限、木曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
病院中央診療棟2 生物統計情報学講座ゼミ室(8F)
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
学際情報学府
授業計画
① 6月6日(2コマ) 前半:生存時間解析の基本概念(ハザードと生存確率,打ち切り)(松山) 後半:生存関数の推定(Kaplan-Meier法,Greenwoodの公式)(松山) ② 6月13日(2コマ)  前半:生存関数の比較(各種の検定法,3群以上の場合の対比検定)(松山) 後半:SAS演習(LIFETESTプロシジャ)(上村) ③ 6月20日(2コマ) 前半:加速モデルとCox回帰モデル(松山) 後半:SAS演習(LIFETESTプロシジャ)(上村) ④ 6月27日(2コマ) 前半:SAS演習(GENMODプロシジャ,LIFEREGプロシジャ)(上村) 後半:SAS演習(PHREGプロシジャ)(上村) ⑤ 7月4日(2コマ) 前半:生存時間データにおけるサンプルサイズ設計(上村) 後半:SAS演習(POWERプロシジャ)(上村) ⑥ 7月11日(2コマ) 前半:競合リスク解析(累積発生関数,Fine and Grayモデル)(上村) 後半:SAS演習(LIFETESTプロシジャ, PHREGプロシジャ), R演習(R Package ’cmprsk’)(上村) ⑦ 7月18日(2コマ) 前半:予後予測モデルの構築(ベースラインハザードの推定,HarrelのC統計量)(上村) 後半:SAS演習(PHREGプロシジャ)(上村)
授業の方法
講義とSAS及び Rによる演習(適宜、資料を配布する)
成績評価方法
レポート・演習(50%),出席(50%)
教科書
パワーポイント資料とデータファイルを配布する。 ・ 生存時間解析 SASによる生物統計.大橋靖雄・浜田知久馬 著.東京大学出版会. ・ 生存時間解析[応用編] SASによる生物統計.大橋靖雄・浜田知久馬・魚住龍史 著.東京大学出版会.
参考書
・ The Statistical Analysis of Failure Time Data. Second Edition. John D. Kalbfleisch, Ross L. Prentice. A JOHN WILEY & SONS, INC., PUBLICATION. ・ R Package ’cmprsk’ マニュアル. https://cran.r-project.org/web/packages/cmprsk/cmprsk.pdf
履修上の注意
生物統計家として習得しておくべき方法論であり、履修を強く推奨する。