大学院
HOME 大学院 知能社会情報学特別講義Ⅲ(コンピュータシステム概論)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

知能社会情報学特別講義Ⅲ(コンピュータシステム概論)

コンピュータシステムを利用した情報サービスの知識はあらゆる分野で求められている。
本講義では、情報サービスの提供に必要な知識・スキルに加えてそれらの獲得方法を学ぶ。
具体的には、Web サービスの提供を想定し、その実現に必要な知識・技術を解説する。
併せて、具体的なサービス構築を通じ知識・技術の活用に加え、それらの獲得方法を実践的に体得する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4895-2003
GIF-CO5713L1
知能社会情報学特別講義Ⅲ(コンピュータシステム概論)
小林 克志
S2
月曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
情報理工学系研究科
授業計画
以下の内容を扱う予定であるが、順序、内容は変わることがある。 1. 導入、ソフトウェア構成管理 2. プログラミング - Python 3. プログラミング - 可視化 4. クラウドコンピューティング・サーバ管理 5. Web サービス (1) 通信方式 6. Web サービス(2) 7. 開発課題の検討・実装
授業の方法
講義と演習を組み合わせておこなう。
成績評価方法
講義への参加意欲・小テスト・課題の成績を総合して評価する。
教科書
資料をもとに講義をすすめ、とくに指定しない。
参考書
Downey, Allen. 2015. Think Python: how to think like a computer scientist.
履修上の注意
演習環境として、個人の持ち込み PC を想定している。利用予定の PC を初回の講義に持参することが望ましい。 また、演習では利用登録の必要な複数の外部サービスを活用する予定である。外部サービスの登録にあたって、それぞれの利用規約などに同意する必要がある。
その他
コンピュータシステム概論は後期教養科目に指定されているので他学部履修にあたって、講義担当の教員の承認は不要。 https://www.u-tokyo.ac.jp/***** また、大学の活動制限レベルが 0.5 であればオンラインで開講します。 https://www.u-tokyo.ac.jp/*****