大学院
HOME 大学院 データベース工学
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

データベース工学

データベース工学
「データ」は普遍的な対象であり、データベースとはその有機的統合体と言える。データモデルは、人類の社会活動の抽象的表出であり、IT化の核となる。本講義においては、データベースにおいて重要な技術に関して解説する。データには2つの根源的な操作が施される。検索と更新である。膨大な情報空間から必要なデータを抽出するための多様な技法が考案されてきた。索引(Index)はその代表的な手法と言える。更新は太古の昔から社会の契約を実現する為の手段として必要不可欠な技術と見做せ、古くは物理的な記録手法から始まり、近年はすべてIT空間上で実現されるに至っている。トランザクション処理と呼ばれる手法により更新処理が実現されている。該基盤技術により、一旦受け付けられた更新要求はいかなる障害からも回復可能となっており、社会を支える最も重要な技術の一つと言えよう。検索や更新以外にもデータの利用は広がり、最近はビッグデータとAIなど多様な利用がなされるに至っており、最新の動向についても触れるとともに、希望者には演習も提供する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
4840-1005
GIF-IC5a02L1
データベース工学
喜連川 優
S1 S2
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
工学部新2号館 工241号講義室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
情報理工学系研究科
授業計画
講義、クラウドを利用した演習を希望者には提供する(予定)
授業の方法
講義、クラウドを利用した演習を希望者には提供する(予定)
成績評価方法
演習課題、論文レポートのいずれかから選択をし回答を提出する(予定)
教科書
なし
参考書
Fundamentals of Database Systems by Ramez Elmasri (著), Shamkant B. Navathe (著), Addison Wesley
履修上の注意
なし
その他
詳細は、Slackにてお知らせしますので、関連ホームページ欄のリンクから、事前に登録を済ませてください。