大学院
HOME 大学院 科学英語特論
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

科学英語特論

科学英語特論
<S1・S2ターム開講>
In this module, we will focus on speaking, reading, writing and listening to Scientific English using diverse up-to-date material such as TED talks, JOVE and scientific literature. This class will be held entirely in English.

<A1・A2ターム開講>
科学者(化学者)にとって研究成果の発表や外国の研究者との意思疎通には実用レベルの英語能力が必須であるが、小学校でのローマ字教育や日常会話で英語的発音を用いると違和感が伴うことなどで、効率よく英語的発音を学習できないのが現状である。ここでは日本人が間違え易い英語発音などを矯正し、英語能力の向上を目指す。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
430009340
GPH-SH6301L3
科学英語特論
科学英語担当教員
S1 S2 A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
薬学系研究科
授業計画
<S1・S2ターム開講(全6回)> 講師:Daisu Rotzoll 7/18(火) 13:00-14:45, 14:55-16:40 7/19(水) 13:00-14:45, 14:55-16:40 7/20(木) 13:00-14:45, 14:55-16:40 <A1・A2ターム開講(全7回)>講師:福山 透(東京大学名誉教授) 11/13(月)13:30-15:15 11/14(火)14:55-16:40、16:50-18:35 11/15(水)14:55-16:40、16:50-18:35 11/16(木)14:55-16:40、16:50-18:35
授業の方法
<S1・S2ターム開講> Afer this module, you will have a methodological toolbox of your own to refer to when: -preparing a self-introduction for diverse audiences -preparing a presentation for seminars or conferences -preparing a scientific methods protocol -preparing questions for scientific discussions -preparing pros and cons for group discussions -leading a group discussion -listening to and understanding scientific speeches in diverse English accents (American English, British English, Scottish English, Indian English and more) <A1・A2ターム開講> 化学、特に有機化学や生化学でよく用いられる表現や言葉(術語など)を演習形式で反復学習することにより、基本的な英語能力を向上させる。外国の大学などで公開されているネット講義も教材にして、分かり易く解説することにより、英語的表現の理解を深めさせる。
成績評価方法
講義への出席状況及び授業態度
教科書
<S1・S2ターム開講> Preparation material (not obligatory, will be handed out in class): -Walters, DE, Walters GC. 2011. Scientists must speak. CRC Press, 2nd ed.. -Greenhalgh T. 2014. How to read a paper: the basics of evidence-based medicine. Wiley Blackwell, 5th ed.. -Lang TA. 2010. How to write, publish and present in the health sciences. A guide for clinicians and laboratory researchers. ACP Press. -Hall GM, Robinson N. 2012. How to present at meetings. Wiley Blackwell, 3rd ed.. -Stafford MD. 2012. Successful presentations: an interactive guide. Cencage Learning K.K. -Barron JP, Ashida R. 2010. Thinking critically about healthcare issues. Macmillan Languagehouse Ltd. <A1・A2ターム開講> 講義に用いるパワーポイントファイルのダウンロードを可能にし、自主学習を可能にする。
参考書
なし
履修上の注意
・修士課程2年間(薬学博士課程4年間)の間に開講される集中講義を11コマ以上受講すること。博士後期課程の学生も受講可。 ・年度をまたいで受講することも可。