大学院
HOME 大学院 国際保健政策学特論II

国際保健政策学特論II

国際保健政策学特論Ⅱ Global Health Policy II
本特論は、グローバルヘルスにおける主な課題と論点の理解と理論的背景を概説するとともに、政策課題の分析と解釈のための実践的演習を行う。グローバルヘルスの第一線で活躍する外部講師による特別講義も適宜実施し、理論と実践の双方を習得する。扱うテーマは、保健医療制度と皆保険(UHC)、慢性疾患(NCDs)、保健財政、保健サービス、保健制度パフォーマンス分析、保健ガバナンス等である。

This course introduces the principles and theories of major global health challenges and discusses current controversies in improving global population health, as well as practical applications of quantitative methods to analyze and interpret issues and challenges for policy. Topics will include: health systems and universal health coverage (UHC), non-communicable diseases (NCDs), population aging, health financing, health service quality, health system performance assessment, health governance, etc.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
41922112
GME-IH6112L3
国際保健政策学特論II
渋谷 健司
A2 W
火曜3限、火曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
医学部3号館 N507
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
医学系研究科
授業計画
11月19日から1月21日 (1-8) および 2月4日から3月3日 (9-12) まで。 November 19th -- January 21st (1-8) & February 4th -- March 3rd (9-12) 講義スケージュール(予定) Tentative course schedule is as the following: Lecture Topic 1 Global health governance 2 Health system performance assessment 3 Health service quality 4 Economic evaluation and cost-effective analysis 5 Global dimensions of mental health 6 Innovations in maternal and child health 7 Private sector contribution to global health 8 Disease outbreaks and international health regulations 9 Data innovations 10 Cancer epidemiology and prevention 11 NCD management (promotion, prevention and treatment) 12 Final exam
授業の方法
受講者は事前に課題文献を読みその内容を理解し、授業での議論に備えること。授業は双方向に行い、講義と演習、事例の議論から成る。特に、現代のグローバルヘルス上のテーマに関する解決策の分析、解釈と提言を行うことを重視する。講義や課題・試験は全て英語で行う。 Students are required to read and understand the contents of assigned readings prior to each lecture. Courses will be interactive, consisting of lectures, exercises and cases discussions. An emphasis will be placed on the capacity to analyze, interpret and propose solution to the current global health topics.
成績評価方法
宿題(30%)、授業への参加(20%)、筆記試験(50%) Problem sets (30%), class participation (20%), and final exam (50%)
教科書
課題図書(毎週6から10の英語文献)は各講義の1週間前に配布する。 Course packs (6-10 papers per week) will be distributed in class one week before each lecture.
参考書
課題図書(毎週6から10の英語文献)は各講義の1週間前に配布する。 Course packs (6-10 papers per week) will be distributed in class one week before each lecture.
履修上の注意
受講者は事前に課題文献を読みその内容を理解し、授業での議論に備えること。授業は双方向に行い、講義と演習、事例の議論から成る。特に、現代のグローバルヘルス上のテーマに関する解決策の分析、解釈と提言を行うことを重視する。講義や課題・試験は全て英語で行う。 Students are required to read and understand the contents of assigned readings prior to each lecture. Courses will be interactive, consisting of lectures, exercises and cases discussions. An emphasis will be placed on the capacity to analyze, interpret and propose solution to the current global health topics.
その他
特別講義や講義資料は国際保健政策学教室のHPを参照のこと。 Information on special lectures and course material will be available on the GHP website.