大学院
HOME 大学院 健康危機管理学
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

健康危機管理学

健康危機管理学
新興・再興感染症等のアウトブレイクや大規模災害など様々な健康危機の対応に関して、公衆衛生の専門家として知っておくべき事柄や、リスクコミュニケーション、等について学習するとともに、事例を用いて健康危機管理に必要な疫学調査法の基本を習得する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
41318320
GME-PH6320L2
健康危機管理学
東 尚弘
S1
月曜1限、月曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
医学系研究科
授業計画
(学外講師の都合により日程変更の可能性があります。事前にU-TASあるいは授業時に連絡します。) 講師:(敬称略)     冨尾 淳 国立保健医療科学院 健康危機管理研究部     近藤 祐史 厚生労働省 健康危機管理・災害対策室     斎藤 智也 国立感染症研究所感染症危機管理研究センター     中島 一敏 大東文化大学 スポーツ・健康科学部      富永 隆子 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 スケジュール 4月10日  2限 10:25-12:10  序論、危機管理の考え方とその動き(冨尾淳)            (12時頃から保健行政・健康危機管理実習の説明を行います) 4月17日  1限 8:30-10:15   災害医療の体制・対応(近藤祐史)  2限 10:25-12:10   CBRNEへの対応(近藤祐史) 4月24日  1限 8:30-10:15   感染症―アウトブレイク対策(斎藤智也)  2限 10:25-12:10   感染症―FETP、一般 (中島一敏) 5月8日  1限 8:30-10:15   危機時のリスクコミュニケーション(冨尾淳)  2限 10:25-12:10   放射線危機管理(富永隆子) 15日 (予備日)    
授業の方法
各分野の専門家による講義・ディスカッション
成績評価方法
出席(約70%)及びレポート(約30%)に基づいて評価する。 毎回、レポートの課題を出します。
教科書
なし
参考書
「感染症予防必携 第3版」(日本公衆衛生協会、2015年)
履修上の注意
他学部聴講者については初回授業時に責任教員にその旨を伝えること。