大学院
HOME 大学院 健康社会学
過去(2023年度)の授業の情報です
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

健康社会学

健康社会学 [科目番号:41818214]
社会学を基本軸として、健康を社会的文脈で考察する知的基盤を提供する。社会疫学や健康の社会的決定要因などを社会・経済学理論と整合的に理解することを助ける。具体的には社会学理論を鳥瞰したうえで、健康科学との接点として医療・医師・社会的健康決定要因などを題材として取り扱う。
Will provide sociological theory basis to consider health in social context rather than in bio-medical frame, support to theoretically understand the basis of social epidemiology, or the concept such as social determinants of health. Specific focus will be put on themes such as social stratification and health, health impacts of built environment and social environment, medicalization and clinical gaze, and sociology of body/embodiment.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
41318214
GME-PH6214L2
健康社会学
橋本 英樹
A1
金曜1限、金曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語、英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
医学系研究科
授業計画
10/6 1) 1限 Perspective of sociology and health sociology(橋本) 2) 2限 Social stratification and socioeconomic status(橋本) 10/13 3) 1限 Social stratification and health (橋本) 4) 2限 Social relationship and health (杉澤) 10/20 5) 1限 Sociology of community applied to health(高木) 6) 2限 Social network analysis(高木) 10/27 7) 1限 Medicine as a social control institution (橋本) 8) 2限 Chronic illness and stigma (加藤) 11/3 holiday 11/10 9) 1限 Lay epidemiology and preventive paradox (橋本) 10) 2限 Open discussion (橋本) 11/17 11) 1限 World of medicine; archeological perspective (橋本) 12) 2限 World of chronically ills; phenomenological view (橋本) 11/24 13) 1限 Body sociology and embodiment(橋本) 14) 2限 open discussion
授業の方法
lecture and in-class discussion Strongly encourage to read materials beforehand to prepare for in-class discussion
成績評価方法
class attendance and in-class discussion/questions count 40% of score as in-class contribution. Report share 60% of score evaluation. 出席ならびに講義中発言(40%)・課題およびレポート(60%)
教科書
handouts and reading materials will be distributed beforehand, a week ahead. reading materials and handouts are distributed through LTC-IMS system a week ahead. Participating students are advised to read the materials beforehand to better join in-class discussion.
参考書
Lupton D. Medicine as culture; illness, disease, and the body. 2nd eds. SAGE, 2003 他、適宜配布
履修上の注意
In-class discussion/questions will be counted as contribution for score. The class can be provided in English and Japanese, depending on the students's linguistic needs.
その他
For further information, contact at ***** (Takagi) or ***** (Hashimoto)