大学院
HOME 大学院 農学国際特論Ⅲ E (Advanced Global Agricultural Science III (E))
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

農学国際特論Ⅲ E (Advanced Global Agricultural Science III (E))

農学国際特論III(アジアの食と農・環境)
アジアの食料、農業および環境問題の現状と解決策について、俯瞰的な視野を持つとともに、ローカルな現場のリアリティに立脚して検討できるような複眼的な視点を養う。
To acquire multiple viewpoints for tackling the problems of agriculture and environment against the reality at the local as well as global scales.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3910180
GAG-GA6X03L3
農学国際特論Ⅲ E (Advanced Global Agricultural Science III (E))
各教員
S1 S2 A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
農学部7号館B棟 7B-231/232
講義使用言語
英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
農学生命科学研究科
授業計画
(1) June 22, 2020: (Lecturer) Prof. Henrik Österblom (Sweden) (2) July 25, 2020: (Lecturer) Prof. Juan M. Pulhin (Philippines) (3) October (to be fixed), 2020: (Lecturer: to be fixed) (4) November (to be fixed), 2020: (Lecturer: to be fixed) (5) December 12, 2020: (Lecturer) Dr. Evonne Yiu (United Nations University) Coordinators: Nobuyuki Yagi(1,5), Satoshi Tsuyuki(2), to be fixed (3,4)
授業の方法
集中講義を英語で行う。 Intensive lectures will be given in English.
成績評価方法
修士課程の学生は年間5回の出席とレポート(or小テスト)の提出により評価する。修士課程の学生は年間4回以上が単位認定の最低条件。 Evaluation is based on five-time attendance and submission of reports within a year (Master course students). Minimum requirement of getting the credit of this lecture is four-time attendance and submission of reports within a year.
教科書
講義資料を配布する。Materials are distributed during the lectures.
参考書
講義資料を配布する。Materials are distributed during the lectures.
履修上の注意
講義中のノートパソコン、iPad、タブレット端末、iPhone等の使用は禁止。 You may not use notebook PC, iPad, tablet PC, iPhone, etc. during the lecture. Venue:Lecture room(7B-231/232) Bldg.7B
その他
幹事教員:荒木徹也・岡田謙介・八木信行・露木聡 Coordinators: Tetsuya Araki, Kensuke Okada, Nobuyuki Yagi, Satoshi Tsuyuki 本講義は、全学大学院共通科目「日本・アジア学プログラム」(by ASNET)における「自然環境論」の講義としても登録済み。 This lecture is registered as a part of lectures in the field of natural environment in Japan-Asian Studies Program managed by Network for Education and Research on Asia (ASNET).